BookLive!(ブックライブ)の口コミ・評判を紹介!メリット・デメリットも
この記事はPRを含みます
本記事にはアフィリエイトプログラムを利用しての商品のご紹介が含まれます。本記事を経由しサービスのお申し込みや商品のご購入をした場合、サービスや商品の提供元の企業様より報酬を受け取る場合がございます。

BookLive!では、多くの作品が配信されているため、飽きることなく楽しめます。また、本の購入でポイントが貯まるという点は長期的に利用する上でのメリットと言えるでしょう。

しかし、BookLive!を利用するにあたって、自分が本当に向いているか気になっている人は少なくありません。

そこで今回は、BookLive!の口コミ・評判を紹介していきます。また、メリット・デメリットや利用が向いている人の特徴も解説するため、ぜひ参考にしてみてください。

客観的に評価ができるよう、良い口コミ・イマイチな口コミをそれぞれ確認しておきましょう。

BookLive!の基本情報

ブックライブ BOOKLIVE

BookLive!は、株式会社BookLiveが運営する電子書籍サービスです。取扱いジャンルも漫画・雑誌など幅広く、688,175タイトル・1,408,433冊という多くの作品を取り扱っていることはメリットと言えます。

また、BookLive!ではお得に書籍を購入するための様々なサービスが実施されていることはメリットでしょう。例えば、「毎日引けるクーポンガチャ」はハズレ無しでクーポンが当たるチャンスがあります。

また、漫画を購入の際にはT-POINTカードを利用できるため、T-POINTユーザーはお得に作品を購入することが可能です。

さらに、書籍を購入した後はマイページや本棚で作品・購入履歴を整理できます。購入した電子書籍をキーワードやカテゴリなどで検索できるうえ、作品名などで並び替えられるため便利です。

電子書籍で購入後の作品を一括管理したい人は、BookLive!の利用を検討してみてくださいね。
運営会社株式会社BookLive
配信作品数
※2022年5月30日時点
688,175タイトル・1,408,433冊配信
購入方法作品ごとに都度購入(まとめ買い制度あり)
主な特徴
  • マイページや本棚機能により管理がしやすい
  • クーポンガチャなどでお得に作品を購入可能
  • T-POINTが貯まる・使える

出典:BookLive!公式

BookLive!の良い口コミ・評判

主な口コミ
  • 目当ての作品をBookLive!で安く買えた
  • 試し読みのおかげでお気に入りの作品を買えた
  • 半額クーポンのおかげで作品を気軽にお得に買える
  • 古い作品を取り扱っている場合がある

目当ての作品をBookLive!で安く買えた

BookLive!の良い口コミ・評判

欲しい作品が決まっている場合、割引のタイミングが狙い目です。そのため、同じ作品が好きな人と情報共有をしておくと、お得なクーポンを利用するチャンスが広がるでしょう。

なお、BookLive!クーポンサービスは日頃から更新される頻度が高いため、まめにチェックすることをおすすめします。さらに毎日のログインごとに1ポイントが加算されるため、よりお得に作品を購入できます。

試し読みのおかげでお気に入りの作品を買えた

BookLive!の良い口コミ・評判

BookLive!には試し読み機能が備わっており、うまく活用することで実際に作品を購入する機会に繋がります。また、試し読みした作品を紙媒体で購入したい人にも便利な機能と言えるでしょう。

そのため、気になっているが購入を渋っている作品がある人は、BookLive!の試し読み機能を活用してみてください。

半額クーポンのおかげで作品を気軽にお得に買える

BookLive!の良い口コミ・評判

BookLive!のクーポンには半額で本を購入できるものもあり、大幅な値下げとなることは嬉しいポイントです。

そのため、漫画の購入に抵抗がある方はクーポンを活用することで購入しやすくなるでしょう。また、半額クーポンを利用して、よりたくさんの作品を購入したい人にもBookLive!はおすすめです。

古い作品を取り扱っている場合がある

BookLive!の良い口コミ・評判

BookLive!は、紙媒体で作品を読みたい人にもメリットがあります。紙の本を購入する場合、最新作や人気作は在庫があっても、古い作品は取り扱いがないという書店は少なくありません。

また、紙媒体は在庫を取り寄せる時間や手間がかかってしまう可能性があり、最悪の場合は取扱い不可により読めないということも考えられるでしょう。

その点、BookLive!は古い作品の取り扱いも多いため、昔の作品を探している人でも見つけやすいです。普段は紙媒体派の人も、手に入れられない作品の補填としてBookLive!を利用できます。

BookLive!のイマイチな口コミ・評判

主な口コミ
  • ポイント還元率は高くない
  • 新規会員登録50%オフクーポンを使い忘れ使用期限が切れてしまった
  • 使用改修によってはサイトが見づらくなった
  • 端末によってページ遷移が異なり使いづらい

ポイント還元率は高くない

BookLive!のイマイチな口コミ・評判

BookLive!はポイントをプレゼントされる機会が多いというメリットがある一方、還元率はあまり高くないという口コミも目立ちました。

BookLive!で作品を購入した場合、ポイント還元率は0.5%~3.0%で設定されています。しかし、BookLive!のポイント還元率はランクによって異なり、購入ゼロの時点では0.5%です。

他の電子書籍サービスには会員登録をした時点で1%のポイントが付与されるものもあるため、還元率を重視する人にとってBookLive!は若干物足りないかもしれません。

新規会員登録50%オフクーポンを使い忘れ使用期限が切れてしまった

BookLive!のイマイチな口コミ・評判

新規会員登録でもらえる、50%オフクーポンを使い損ねてしまったという口コミもあります。50%オフクーポンの有効期限は24時間となるため、気づかない内に有効期限を切らしてしまうリスクも少なくありません。

また、50%オフクーポンは新規会員登録の1回しか付与されないことも注意したいポイントでしょう。

使用改修によってはサイトが見づらくなった

BookLive!のイマイチな口コミ・評判

BookLive!のサイトの見た目に関してもイマイチな口コミがあります。多くのサイトは時期や時代に合わせてビジュアルを変化させており、BookLive!のWEBサイトも同様です。

しかし、改修の仕方によっては色や配置が見づらくなってしまい、使い勝手が悪くなってしまいます。そのため、人によってはサイトの使い勝手が年々微妙になっていると感じているようです。

端末によってページ遷移が異なり使いづらい

BookLive!のイマイチな口コミ・評判

サイトの改修以外にも、端末によってページの見た目や遷移が異なる場合もあるようです。例えば、Androidではサムネイルをタップしたらショップへ移るのに対し、iPhoneはWEB検索結果に遷移します。

このように、利用する端末によって使い方が異なるとユーザーは戸惑ってしまうでしょう。実際にアプリの使い方に統一感が無く、使いにくいことも口コミの中に含まれていました。

口コミ・評判から見るBookLive!のメリット

目当ての作品をお得に購入できる

口コミ・評判から見るBookLive!のメリット

BookLive!は、様々なクーポンや割引サービスを実施しており、お得になる対象の作品も多いです。そのため、欲しい作品が決まっている場合は、BookLive!でお得になっていないかチェックすることをおすすめします。

また、まとめ買いや支払い方法などによってもお得に買えるチャンスがあるため、自分にとって一番メリットのある購入方法を探してみるといいでしょう。

試し読み機能や半額クーポンで初めての作品にもチャレンジしやすい

口コミ・評判から見るBookLive!のメリット

BookLive!の試し読み機能や半額クーポンなどを利用すれば、初めての作品にも気軽にチャレンジしやすいです。特に、流行の作品や前々から気になっていた作品などが、試し読み作品の対象になっていれば利用する価値はあるでしょう。

また、試し読みできるものから気になる作品を探すこともおすすめと言えます。BookLive!は取り扱っている作品・ジャンル数が多いため、今まで知らなかったものと出会える可能性は高いです。

書店では取り扱っていない作品でも見つかる可能性がある

口コミ・評判から見るBookLive!のメリット

BookLive!を使えば、目当ての作品があるかネットから検索できるため、作品を探す手間や時間もかかりません。また、様々な作品の取り扱いがあるため、書店で並んでいない作品を見つけられる可能性もあるでしょう。

古い作品・マイナーな作品は、書店に在庫が無い可能性が高いです。せっかく書店に行ったにも関わらず、目当ての本が置いていないという場合もゼロではないため、紙媒体で書籍を読みたい人も活用できます。

レビューを投稿することでポイントがもらえる

口コミ・評判から見るBookLive!のメリット

BookLive!にはレビューを投稿するとポイントが付与されるサービスがあり、購入した作品に対する50文字以上のレビューを書いて採用されれば10ポイントがもらえます。

レビューでのポイントは1ヶ月で最高500ポイントまでもらえるため、レビューを書くことが好きな人にとってはお得なシステムと言えるでしょう。

また、Twitterなどで作品を読んだ人たちのレビューが表示されるため、リアルな口コミとして参考にするのもおすすめです。

口コミ・評判から見るBookLive!のデメリット

ポイント還元率が高くない

口コミ・評判から見るBookLive!のデメリット

BookLive!のデメリットとして、ポイント還元率があまり高くないことはデメリットと言えるでしょう。

しかし、商品の購入以外でポイントが付与されるサービスを提供しているため、もらえるポイントはできる限り獲得することをおすすめします。

クーポンの使用期限が短い

口コミ・評判から見るBookLive!のデメリット

BookLive!はたくさんのクーポンが付与される一方で、使用期限はあまり長くないというデメリットもあります。例えば、新規会員がもらえる50%オフクーポンは24時間以内に使わなければ失効してしまうのです。

そのため、新規会員登録をする際は最初に購入する作品を決めておかなければ「後で購入しよう」と思っているうちにクーポンが使えなくなる可能性も考えられるでしょう。

また、BookLive!で貯まったポイントは6ヶ月以内という有効期限が決められています。有効期限が切れるリスクを避けるためにも、こまめに有効期限をチェックすることがおすすめです。

加えて、毎日引けるガチャで当たったクーポンも利用条件が限られているため、どのような作品に使えるのか把握しておくことも重要なポイントと言えます。

端末によっては不便に感じる場合がある

口コミ・評判から見るBookLive!のデメリット

BookLive!は、スマホやパソコンで利用可能です。しかし、Mac版のアプリが無いため、パソコンはWindowsからしか利用できません。

そのため、AppleユーザーはiPhoneまたはiPadの利用をおすすめします。なお、iPhoneでは専用アプリを使う必要があり、アプリ内でダウンロードした作品はiPhoneでしか閲覧できないことは注意したいポイントです。

また、iPhoneとAndroidでページの見方に違いが生じるケースがあります。もちろん慣れもありますが、どちらが自分にとって使いやすいかを把握しておきましょう。

BookLive!の利用が向いている人

漫画・雑誌などを幅広く楽しみたい人

BookLive!の利用が向いている人

BookLive!は、2022年5月30日時点で漫画・雑誌・ビジネス書などを合わせて1,408,433冊を取り扱っています。配信ジャンルも少年・少女漫画・ライトノベルなど幅広いです。

また、BookLive!は多くの作品を取り扱っているだけでなく、作品の検索が行いやすいことや購入した作品が管理しやすいこともメリットと言えるでしょう。

さらに、購入後の作品や関連情報はMy本棚や履歴で簡単にチェックできます。自分だけのオリジナル本棚を作りたい人や過去の検索情報を簡単に管理したい人にBookLive!はおすすめのサービスです。

無料作品が多いアプリを探している人

BookLive!の利用が向いている人

電子書籍サービスを利用するメリットに、無料作品が豊富な点が挙げられます。無料作品があれば、事前に試し読みをすることで、その作品が自分の好みに合うかを判断して購入することが可能です。

電子書籍サービスによっては無料作品が少ない、無料ページが少ししかないというものもあります。しかし、BookLive!は1冊丸ごと試し読みできる作品だけでも18,000冊以上取り扱っているため、十分な品揃えと言えるでしょう。

さまざまなジャンルの作品を読みたい人

BookLive!の利用が向いている人

BookLive!はジャンル数の多さも特徴の1つです。漫画だけでも少年・少女・大人向けなどがあり、その中でも恋愛・ホラー・スポーツなど幅広いジャンルに分類されています。

もちろん、それぞれのジャンルにおいてクーポンや試し読みが利用できるため、電子書籍はすべてBookLive!で一括購入すると管理も楽になるでしょう。

T-POINTを貯める・活用したい人

BookLive!の利用が向いている人

BookLive!では、作品の購入時にT-POINTを利用できます。T-POINTを1pt=1円に換算して利用できるため、日頃からT-POINTを貯める機会がある人は活用することがおすすめです。

作品を購入する際にT-POINTが貯まるため、BookLive!以外のサービスでも貯まったポイントを利用できます。また、BookLive!では一度T-POINTカードの情報を登録しておけば、都度カード情報を入力する必要がありません。

お得なクーポンが多いアプリを探している人

BookLive!の利用が向いている人

BookLive!のお得なクーポン・割引には、主に以下のものがあります。

主なクーポン・割引
  • 来店ポイント
  • クーポンガチャ

来店ポイントとは、BookLive!にアクセスすると1日1ptがもらえるサービスで、毎日ログインをすると1ヶ月で30ポイントほど貯まります。作品購入の有無に関係なくポイントを獲得できることはメリットです。

そして、クーポンガチャは1日1回ガチャを回すことで、ハズレ無しでお得なクーポンが当たるサービスです。今までBookLive!を利用したことがない新規会員は、最初のクーポンガチャで必ず50%オフクーポンが当たります。

そのため、新規会員の人は50%オフクーポンを利用すれば、気になる作品をお得に購入できるでしょう。

よくある質問

BookLive!は安全に使える?口コミ・評判は?
試し読みが豊富でお気に入りの漫画が見つけられた、クーポンを活用して漫画が安く買えたという声が多くありました。

古い作品の取り扱いも多いため、書店ではもう販売されていない昔の良い作品に出会うこともできます。

一方、イマイチな口コミには、ポイント還元率は高くない、サイトが見づらいという声がありました。

BookLive!はサービス終了の可能性はある?
10年以上の販売・運営実績がある老舗の漫画アプリであり、突然サービスが終了する可能性は低いでしょう。

大手企業の凸版印刷グループが運営しており、東芝の出資を受けるなど、安全な運営体制を取っています。

日本最大級の電子書籍配信サービスでありユーザーも多いなど、今後も問題なく利用できると言えます。

BookLive!の使い方は?
ログイン・会員登録が完了したら、トップページの絞り込み検索でジャンルやタグなどを指定して検索しましょう。

検索時に無料ありにチェックを入れると、無料試し読みはができる書籍が絞り込まれます。

月額料金やポイント購入の必要はなく、購入したい作品のみの料金で気軽に利用可能な点が魅力です。

Book Live!の支払い方法は?
支払い方法は豊富に用意されており、クレジットカードやキャリア決済、電子マネーやスマホ決済などが可能です。

その他、後払いやポイント、プリペイドカード、三省堂書店店頭決済サービスなども利用できます。

支払期限内にお支払い方法変更はできず、支払い期限がすぎると自動的にご注文が取り消されます。

Book Live!は会員登録なしでも利用できる?
はい。会員登録なしでもすぐに読める無料作品が豊富に用意されているので、気軽に利用してみましょう。

ただし、会員登録するとポイントが貯まる、クーポンがもらえるなどよりお得に漫画が読めるのでおすすめです。

特に新規無料会員限定で50%OFFクーポンがもらえるので、うまく活用して安く漫画を手に入れましょう。

Book Live!のデメリットは?
クーポンの使用期限が短いので、どの漫画を購入するか決めかねているうちに失効してしまう可能性があります。

貯まったポイントも有効期限が6ヶ月以内であるため、失効する前に使い切ってしまいましょう。

その他、ポイント還元率が高くない、端末によっては不便に感じる場合があるなどがあります。

Book Live!の月額料金はいくら?
会員登録は無料で、月額料金、年会費などは必要ありません。漫画を読まなかった月も、お金が無駄になる心配がありません。

会員は月額料金がかからないにも関わらず、割引クーポンやポイント還元があるのでお得です。

今後も利用する可能性が少しでもある方は、無料会員登録をしておく方が良いでしょう。

まとめ

この記事では、BookLive!の口コミ・評判について解説しました。

良い口コミ・イマイチな口コミの両方がありましたが、半額クーポンのおかげで作品を気軽にお得に買えることや書店で見つけられなかった作品を購入できることは嬉しいポイントでしょう。

一方で、ポイント還元率が高くないことやクーポンの使用期限が短いことは利用する上で注意したいポイントです。

これから電子書籍サービスを利用したい方は良い点とイマイチな点を確認して、BookLive!の利用を検討してみてくださいね。

関連記事|VOD・漫画アプリ

この記事も合わせて読む
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事