使い放題・定額ウォーターサーバーはどれ?浄水型・水道直結型の選び方
この記事はPRを含みます
本記事にはアフィリエイトプログラムを利用しての商品のご紹介が含まれます。本記事を経由しサービスのお申し込みや商品のご購入をした場合、サービスや商品の提供元の企業様より報酬を受け取る場合がございます。

ウォーターサーバーを設置したいけど、ノルマが気になる」「水代を気にせず美味しいお水が飲みたい」と、コスト面でウォーターサーバーの契約を悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

水道水を使用するウォーターサーバーなら、水の使用量に関係なく定額での利用が可能です。そこで本記事では、使い放題・定額のウォーターサーバーを紹介します。

種類や選び方も解説!本記事を読めば、自分にあったウォーターサーバーを選べるようになるでしょう。
\ 迷ったら/
エブリフレシャスがおすすめ

エブリィフレシャス

  • お水代は水道代だけ!浄水型のウォーターサーバー
  • 月額3,300円(税込)〜の定額で利用できる
  • デザイン賞受賞モデルをアップデートした、使いやすくおしゃれなデザイン
  • tall+cafeなら、美味しいお水で淹れたコーヒーがすぐに飲める
  • 他社から乗り換えで最大16,500円キャッシュバック
    ※2024年2月19日〜2月25日まで

使い放題や定額ウォーターサーバーの種類

使い放題ウォーターサーバーは、水道水を専用のカートリッジで浄化し、美味しい水を作ってくれるタイプです。

水道水を利用するウォーターサーバーには大きく分けて2種類あるので、どちらが自分のライフスタイルに適しているか確認しましょう。

タイプ
  • 水道直結型
  • タンク補充型

水道直結型

水道型直結

画像出典:ウォータースタンド

水道直結型は、水道管とサーバー本体を直接繋いで使うタイプで、キッチンに置いて飲み水や料理用の水として使用することが主な使い方です。

 タンク内には水が常に注がれるため、いつでも水やお湯を使うことができます。また、水道水を使うので、補充が必要ないことも便利でしょう。

取り付け工事は必要ですが、簡単に取り付けられるタイプが多いです。中には業者に依頼せずに、自分で取り付け可能なサーバーもあります。

タンク補充型

タンク補充型

画像出典:エブリィフレシャス公式サイト

タンク補充型は、サーバー内部にあるタンクに自分で直接水を注いで使うタイプです。

 水道の近くに置かなければならないと言ったことがないので、置き場所の選択肢は広くなります。

サーバー内の水が減るたびに水を注ぐ必要あるので、面倒だと感じることがあるかもしれません。しかし、設置工事が必要ないこと、好きな場所に置けることは大きなメリットでしょう。

水道直結型とタンク補充型で迷ったときは?

それぞれのウォーターサーバーのメリットとデメリットを比較しやすいように表にまとめているので、迷ったときの参考にしてください。

水道直結型

【メリット】

  • 給水が楽
  • 定期的にメンテナスをしてくれる
  • 浄水能力が高いフィルターを使える

【デメリット】

  • 水道の近くなど設置場所が限定される
  • 取り付け後の本体の移動が難しい
タンク補充型

【メリット】

  • 比較的コストを抑えられる
  • 設置場所は自由
  • 設置や撤去するときも工事不要

【デメリット】

  • 給水が面倒だと感じる
  • タンクの清掃やメンテナスを定期的にしなければならない

一度設置してしまえば後は楽に使えるのが「水道直結型」導入しやすく置き場所を選ばないのが「タンク補充型」となります。

使い放題や定額ウォーターサーバーの選び方

フィルターの種類

水道水をきれいにするために数種類のフィルターが用意されていますが、性能は様々です。例えば、水道水をろ過するだけのフィルターやミネラル分を補充してくれるフィルターがあります。

さらには、水道水を水素水にしてくれるフィルターまであるので、使い方に適したフィルターを選んでみてください。

各メーカーがどのようなフィルターを使っているのは要チェックですよ。

機能性

冷たい水だけでなく、熱いお湯も出るウォーターサーバーがあるため、安全機能にも着目しましょう。

 特に小さいお子様がいる家庭では、「チャイルドロック機能」は必須です。

また、機械に不慣れな高齢者が間違って操作しないためにも、ロック機能があるタイプを選んでください。

次に、細かい温度調整ができるサーバーもおすすめです。冷たい水の他に常温水が出るタイプにすれば、お米を研ぐときや野菜を洗うときにも役立ちます。

ウォーターサーバー使用時に、子供がやけどをした事故もあるので注意が必要ですね。

料金

飲み放題ウォーターサーバーの1カ月あたりの料金を平均すると4,000円〜5,000円ほどです。機能性や安全性を重視すれば高くなりますが、コスパ重視で安いものであれば3,000円代もあります。

そのため、宅配水型のウォーターサーバーよりも料金が低く抑えられる場合も多いので、リーズナブルにウォーターサーバーを利用したい方にもおすすめと言えるでしょう。

あまりにも安いタイプは、フィルターやスペックなど不安があるので利用を避けてくださいね。

【使い放題】水道水直結型おすすめウォーターサーバー

ウォータースタンド

ウォータースタンド

ウォータースタンドのおすすめポイント
  1. 複数のサーバーから選べる
  2. 高性能フィルターを備えたサーバー
  3. オンラインで相談できる

特徴1.複数のサーバー

ウォータースタンドには「ナノシリーズ」があり、予算に応じて複数のサーバーを用意しています。

例えば、ナノシリーズのネオは月額3,850円(税込)で、コンセント不要・常温水タイプのメイトは2,200円(税込)です。

特徴2.高性能フィルター

ウォータースタンドには、フィルターが「RO(逆浸透膜)」タイプの「プレミアムシリーズ」もあります。水分子のみを通す高性能フィルターで、不純物を99.9%除去可能できることが魅力です。

また、水道管・屋内の配管から混ざる不純物対策としても活躍するでしょう。

特徴3.オンライン相談

工事や設置について不安なことがあっても事前にオンラインで説明をしてくれます。複数のサーバーの中から何を選べば良いのか、月々にかかる費用の確認もできるので、利用前の不安がなくなるでしょう。

また、オンラインで説明をしてくれるため、近くにショールームが無くても手軽に相談できることは嬉しいポイントです。

※参照:ウォータースタンド

基本情報

月額料金例

【ナノシリーズ】

  • ネオ:3,850円(税込)
  • ガーディアン:4,400円(税込)

【プレミアムシリーズ】

  • S3:5,280円(税込)
  • ROスタンド:8,250円(税込)
初期費用9,900円(税込)
フィルター交換頻度6ヶ月に1回
浄水の種類冷水・温水・常温水※サーバーにより違いあり
メーカーウォータースタンド株式会社

楽水(らくみず)

楽水

楽水のおすすめポイント
  1. 自分自身でサーバーの設置ができる
  2. ROフィルタープランもある
  3. 長期利用でお得になる

特徴1.自分自身でサーバーの設置も可能

楽水には6種類の料金プランがあり、特に「DIYプラン」なら自分で設置工事ができるため、初期費用を5,500円(税込)に抑えられます。

また「ライトプラン」なら、初期費用13,200円(税込)で工事の依頼もできるので、シチュエーションに応じて契約内容を変更できることは魅力と言えるでしょう。

特徴2.ROフィルタープラン

逆浸透膜フィルターによって、水道水が純水に変わる「ROプラン」もおすすめで、赤ちゃんがいる家庭・料理にお水を使うことが多ければ便利に使えるでしょう。

なお、RO水を利用する場合は月額料金に加えて、別途1,100円(税込)が必要となるため、4,378円(税込)でウォーターサーバーをレンタルできます。

特徴3.長期利用割

楽水では、6年・10年以上使い続ければ長期割が適用されます。ライトプランは月額3,278円(税込)が通常の料金ですが、6年目以降は2,750円(税込)、10年目以降は2,200円(税込)になるため経済的です。

なお、ライトプラン以外のROプラン・DIYプランなどでも長期割が適用できることは、魅力の1つと言えるでしょう。

基本情報

月額料金例
  • ライトプラン:3,278円(税込)
  • ROプラン:4,378円(税込)
  • 大容量プラン:5,478円(税込)
初期費用
  • ライトプラン:13,200円(税込)
  • DIYプラン:5,500円(税込)
フィルター交換頻度
  • セディメントカーボンフィルター:6ヶ月に1回
  • ウルトラフィルターUF:12ヶ月に1回
  • ポストカーボンフィルター:18ヶ月に1回
浄水の種類冷温水
メーカー有限会社プラス1・コミュニケーションズ

出典:楽水公式サイト

【使い放題】タンク補充型おすすめウォーターサーバー

エブリィフレシャス

エブリィフレシャス

エブリィフレシャスのおすすめポイント
  1. 3種類のサーバー
  2. 温度設定は6段階
  3. お手入れが楽

特徴1.サーバー

エブリィフレシャスのサーバーには床置き型の「tall(トール)」と卓上型の「mini(ミニ)」、カフェ機能付きの「tall+cafe」があります。カラーは、マットホワイトとマットブラックの2つです。

また、ボタンが上部に設置されているため小さなお子様の事故防止を防げること、miniはキッチンカウンターにも置けるサイズで1人暮らしにも適していることはメリットと言えるでしょう。

特徴2.温度設定

tallサーバーだけの機能ですが、温度設定は6段階あります。冷たい水や高温水の他に、常温水やミルク作りに適したECO温水まで細かい調整が可能です。

また、熱々のお湯が欲しいときのための「再加熱機能」も備わっているので、コーヒーなども手軽に作れるでしょう。

特徴3.お手入れ

エブリィフレシャスで利用できるウォーターサーバーは、上部にあるタンクが取り外し可能なことは特徴の1つでしょう。

そのため、ちょっとした汚れが気になったときにも、こまめに洗うことができます。

基本情報

月額料金(税込)3,300円
※tall+cafeは3,850円
初期費用無料
フィルター交換頻度6カ月に1回
浄水の種類冷水・常温水・温水
メーカー富士山の銘水株式会社

出典:エブリィフレシャス公式サイト

Locca(ロッカ)

locca

Loccaのおすすめポイント
  1. 月額2,680円(税込)の定額で安い
  2. サーバーのデザインがスタイリッシュ
  3. 月額料金に引っ越しサポートが含まれている

特徴1.月額2,680円(税込)の定額

Loccaは、月額2,680円(税込)の定額使い放題のウォーターサーバーです。他社の給水浄水型・水道直結型と比較しても、安い月額料金で利用できます。

支払い方法はクレジットカードだけでなく、後払いドットコム(口座振替)にも対応。クレジットカードを持っていない人も契約できるのも、Loccaの強みといえるでしょう。

月額料金には、サーバーレンタル料だけでなく、配送料やカードリッジ代も含まれているので、低価格で美味しいお水を飲みたい人に向いています。

特徴2.サーバーのデザインがスタイリッシュ

Loccaのウォーターサーバーは、シンプルでスタイリッシュなデザインが魅力です。

カラーはホワイトとブラックの2種類あり、床置き型と卓上型から選べます。

高級感のあるデザインなので、キッチンだけでなく、リビングや寝室にお部屋の雰囲気を邪魔しません。

特徴3.月額料金に引っ越しサポートが含まれている

Loccaは、月額料金に「引っ越しサポート」が含まれているのが特徴です。

「引っ越しサポート」とは、利用中のウォーターサーバーと同一か、同等の機種に無償交換をおこなうサービス。年に1回まで利用できます。

追加料金不要で新しいサーバーに交換してくれるので、引っ越し時のサーバー運搬に悩む心配がありません。

基本情報

月額料金2,680円(税込)
→新規お申込み特典で初月0円
初期費用3,300円(税込)
→新規お申込み特典で0円
フィルター交換頻度6カ月に1回
浄水の種類冷水・温水
メーカープレミアムウォーター株式会社

※出典:Locca

ハミングウォーター

ハミングウォーター

ハミングウォーターのおすすめポイント
  1. コンパクトサイズのサーバー
  2. 浄水フィルターの性能が良い
  3. エコモードでコストを抑えられる

特徴1.コンパクトなサーバー

ハミングウォーターのサーバーは業界最小サイズで、ボックスティッシュ1個分の幅があれば設置可能です。

そのため、「置き場所がない」と困っている人でも、定額制ウォーターサーバーを導入するチャンスがあるでしょう。

特徴2.浄水フィルターの性能

浄水フィルターは、マイクロフィルターとウルトラフィルターの2段階式で、安心して水を飲めることは見逃せないポイントでしょう。

なお、フィルターでは「遊離残留塩素」「トリハロメタン」などJIS規格除去物質の他に、溶解性鉄やカドミウムなども取り除いてくれます。

特徴3.エコモード

エコモードを使えば温水機能を一時停止にできます。温水が必要ないときにエコモードにすることで電気代を抑えられるので、家計にもやさしいです。

そのため、ウォーターサーバー利用時の電気代が気になる方は、ハミングウォーターを検討してみてください。

基本情報

月額料金3,300円(税込)
初期費用0円
フィルター交換頻度6カ月に1回
浄水の種類冷水・温水・常温水
メーカー株式会社コスモライフ

出典:ハミングウォーター公式サイト

使い放題・定額ウォーターサーバーのメリット

水の代金を気にしなくていい

ウォーターサーバーを利用する際に、一番お金がかかるのが水の代金です。なお、月々にかかる主な費用は、サーバーのレンタル料金・水道水代・電気代だけ済みます。

 使い放題・定額ウォーターサーバーを利用した場合は、水の追加注文の費用がかかるからと、抑え気味に使う必要がなくなるでしょう。

宅配水型にすれば12Lで、1,000円〜2,000円ほどの料金が発生します。また、月に何本以上注文が必要と言ったノルマがある会社もあり、余計な料金がかかる場合も少なくありません。

使い放題だからと言っても必要以上に水を使えば、水道代が余計に高くなることは注意したいポイントですね。

ボトルの交換の手間を省ける

宅配水型のウォーターサーバーで大変だと感じるのは、水ボトルの交換だと言う人は少ないでしょう。特に水の消費量が多ければ交換頻度も高く、ボトルの交換に手間がかかります。

 一般的に水ボトルは、12Lサイズが採用されており、力に自信がない人にとっては使い続けるのが難しい可能性があります。

しかし、水道水を利用するウォーターサーバーでは、水ボトルの交換が必要ありません。また、ボトルの注文・配送頻度を心配する必要がないことも嬉しいポイントです。

女性の方・高齢者の方には、ボトルの交換がないことが、特にメリットと言えますね。

水ボトルの置き場所を考えてなくてよい

宅配水型では、水ボトルはまとめて届けられることが多いです。しかし、すぐに届いた水を使うわけではないため、サーバーに設置しているボトルの水がなくなるまで、どこかに保管する必要があります。

もし、12Lサイズのボトルが2本まとめてきたら置き場所に困ることもあるでしょう。しかし、使い放題であれば確保する場所はサーバーのスペースだけです。

ワンルームの部屋に住んでいる人にも使い放題のサーバーは便利ですね。

使い放題・定額ウォーターサーバーのデメリット

災害時には使えない可能性がある

台風・地震など日本には思わぬ災害が多いです。このようなとき一番必要なものは飲み水と言っても過言ではありませんが、使い放題のウォーターサーバーは、災害により水道が止まってしまったら利用できません

水道水を使うため仕方ないことですが、災害に備えてペットボトルなど飲み水を別に準備する必要があります。対して宅配水型の水は保存もできるので、備蓄水としても利用可能です。

使用を止めるのが難しい

長期で家を空けるときはウォーターサーバーを使う機会が無くなりますが、サーバーのレンタル代を払い続けなければいけないことは、使い放題のウォーターサーバーで注意したいポイントの1つでしょう。

 水の消費量が少ない場合に、利用料金が変わらないことも確認しておきたい項目です。

そのため、一定額を支払い続けるメリットがあるのか、よく考慮して導入を決めるようにしてください。

解約金がかかるケースもある

契約するときは取り付け費用、解約するときは違約金を請求される場合もあります。メーカーや契約の種類によっても違いはありますが、1万円前後となることが多いです。

実際にウォーターサーバーを契約して、気軽にやめることは難しいので、契約前の確認は必須と言えるでしょう。

使い放題ウォーターサーバーがおすすめの人

使い放題ウォーターサーバーはこんな人におすすめ
  • 水をたくさん使う
  • 炊飯にも使いたい
  • コンパクトなウォーターサーバーがほしい
  • ボトルを設置する自信がない
  • 水ボトルの保管場所がない

水をたくさん使うことができるので、お米を研ぐ際野菜を洗う際にもウォーターサーバーを利用できます。宅配水でこのような使い方をするのはもったいないと感じられますが、使い放題では活用範囲が広いです。

また、ボトル・サーバーを設置することを重労働だと思う人水ボトルの保管場所がない人にも、使い放題ウォーターサーバーが便利に使えるでしょう。

よくある質問

使い放題ウォーターサーバーのおすすめは?
水道直結型とタンク補充型がありますが、水道水直結型ならウォータースタンドがおすすめです。

予算に応じて複数のサーバーが選べて、不安や疑問点も事前にオンラインで説明してくれます。

タンク補充型なら、温度設定が6段階でお手入れが楽なエブリィフレシャスが良いでしょう。

風呂場にウォーターサーバーを置くならどれがおすすめ?
タンク補充型のウォーターサーバーがおすすめです。水道が近くになくてもお水が飲みたい場所に設置できます。

設置や撤去するときも工事不要で比較的コストを抑えられるので、場所を変えたくなった時も簡単に変更できます。

ただし、毎回水道水をタンクに給水する手間がかかる、メンテナンスが必要などのデメリットもあります。

宅配型の天然水飲み放題ウォーターサーバーはある?
ほとんどの宅配型ウォーターサーバーは、お水のボトル1本ごとに料金がかかるため、飲み放題にはなりません。

なぜなら、宅配型ウォーターサーバーはサーバー代を無料にする代わりに、お水で利益を得ているからです。

好きなだけお水が飲みたい方は、水道直結型とタンク補充型のウォーターサーバーを選びましょう。

ウォーターサーバーを使いすぎるとどうなるの?
ウォーターサーバーは家電なので、使えば使うほど電気代は高くなります。特に温水を多く使うほど電気代は高いです。

その他、サーバーの劣化が早まる、フィルターの劣化で交換頻度が増えるなどがあります。

量を気にせずたくさんお水を使いたい方は、水道直結型のウォーターサーバーが向いているでしょう。

定額制・使い放題のウォーターサーバーの選び方は?
小さい子供がいる家庭は安全機能が付いているか、細かい温度調整ができるかなど機能面を重視して選びましょう。

省スペースで使用するなら、コンパクトモデルや卓上タイプのサーバーがおすすめです。

その他、月額料金だけではなく、メンテナンス代や初期費用などを全て含めたトータルの料金で比較してください。

一人暮らしはウォーターサーバーと浄水器どちらが良い?
一人暮らしの方には、定額制で飲み放題・使い放題の浄水器一体型ウォーターサーバーもおすすめです。

サーバーのサイズもコンパクトなので、狭い部屋でも気にせず使用できます。重いボトル交換も不要です。

水道に直接つなぐ道直結ウォーターサーバーも、水を注ぐ手間がないので快適に使用できます。

飲み放題ウォーターサーバーの設置費用は?
タンク補充型ウォーターサーバーはコンセントでつなぐだけで使用できるため、工事は不要です。

水道直結型ウォーターサーバーは水道につなぐ工事が必要で、数千円から1万円ほど発生します。

時期によっては工事費が無料になるキャンペーンが開催されていることもあるので、活用しましょう。

まとめ

使い放題は導入の手間がかかりますが、いったん設置してしまえば後は楽になります。使い続けるために必要なことは、浄水カートリッジの交換だけです。

ボトルを注文して受け取ったり、交換したりする必要もありません。タンク補充型でも片手簡単に注げるタイプが多いので、水の補充は大きな負担にはならないでしょう。

使い放題のウォーターサーバーで、快適な生活を送るようにしてくださいね。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事