ウォーターサーバーでお湯が出る仕組み・からくりは?構造を解説
この記事はPRを含みます
本記事にはアフィリエイトプログラムを利用しての商品のご紹介が含まれます。本記事を経由しサービスのお申し込みや商品のご購入をした場合、サービスや商品の提供元の企業様より報酬を受け取る場合がございます。

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/xs769327/inest-inc.co.jp/public_html/life/wp-content/themes/diver_child_e-Kurashi_0928++/functions.php on line 496

最近はオフィスやご家庭など、さまざまな場所に導入されている「ウォーターサーバー」。

レバーを押せばすぐに冷水・熱湯が出てくるため利便性が高く、飲料だけでなく、氷嚢や料理などにも活用<している方も多いのではないでしょうか。

安全で美味しい水がすぐに飲めるのも、ウォーターサーバーの魅力の一つですよね。
では、そんなウォーターサーバーの内部構造はどのような仕組みになっているのでしょうか?今回は、ウォーターサーバーの仕組みから、おすすめのウォーターサーバーまでをご紹介します。

ウォーターサーバーの種類

一見、どれも同じに見えるウォーターサーバーですが、実は「ボトルタイプ」と「水道水ろ過タイプ」の2種類があります。

それぞれ、どのような特徴があるのか見てみましょう。

1. ボトルタイプ

ボトルタイプは、天然水やRO水(超微細孔フィルターでろ過した水)などの入ったボトルをセットするサーバーです。このボトルをガロンボトルといいます。

国内では、サーバー本体はレンタルまたは購入することが多く、ガロンボトルの多くは6〜12Lの大きさのため、宅配システムを採用しているところが多いです。

重い水を家まで届けてくれるのは助かりますね。

2. 水道水ろ過タイプ

水道水ろ過タイプは、大きく分けて「水道直結型(工事あり)」と「原水補充型工事なし)」の2種類があります。

それぞれメリット・デメリットがあるので、ご自身に合った方を検討してみてください。

 

水道直結型

 

 

工事あり

 

水の補充が面倒な方におすすめ

 

原水補充型

 

 

工事なし

 

  • 浄水の使用頻度が少ない方
  • キッチン以外にサーバーを設置したい方

ウォーターサーバーの内部構造を解説

ウォーターサーバーの内部はどのような構造になっているのでしょうか。「ウォーターサーバーの仕組みが分からない」という方へ向けて、基本構造について解説します。

ウォーターサーバーの内部構造

出典プレミアムウォーター

基本的なウォーターサーバーの構造を見てみましょう。ウォーターサーバーは、冷水用温水用の2種類のタンクが内蔵されています。内部で冷却・加熱された水が一定の温度で保たれています。

2種類のタンクで冷却・加熱され、その温度を保ったまま、それぞれの給水口から出てきます。多くの機種が、冷水用と温水用それぞれの給水口を備えますが、1つで兼用するものもあります。

サーバーに内蔵されている2種類のタンクが要となっています。

水道水ろ過タイプの内部構造

水道水ろ過タイプのサーバーでは、内部にフィルターが組み込まれており、水道水に含まれる不純物などを除去してから冷却・加熱のタンクへ運びます。

こうして安全な水が給水口から出てくるんですね。

不純物除去率の表示に関するルール

水道水ウォーターサーバーや浄水器を選ぶとき、気をつけたいのが「不純物除去率の表示ルール」についてです。ウォーターサーバーの多くは、不純物除去率80%と記載しています。

不純物除去率80%と書かれているものが多いのはどうして?

家庭用品品質表示法の定めにより、「80%以上除去できていれば除去率80%と表示」することとなっており、たとえ99%近く除去できていても同様の表示になります。

 近年は、他社との差別化を図るために「不純物除去率99%」と表示するケースも増加しています。表示ルールをしっかり把握した上で、ご自身のニーズにあったものを選ぶようにしましょう。
注釈・出典

ウォーターサーバーで熱湯(お湯)・冷水が出る仕組みとは?

ウォーターサーバーの内部構造を見てきましたが、2種類のタンクでは、どのようにして温度を調節しているのでしょうか。ここでは、なぜいつでもウォーターサーバーから熱湯や冷水が出るのかを解説します。

ウォーターサーバーから熱湯(お湯)が出る仕組み・からくり

ウォーターサーバーから熱湯が出る仕組みには、2通りあります。

1つは電気ポットと同じ仕組みで電気(金属)棒を使ったものです。もう1つはバンドヒーターを使ったものです。

それぞれの仕組みについて順番にご紹介します。

電気(金属)棒を使った仕組み

電気(金属)棒式は、温水タンクに内蔵されている金属製の棒を電気加熱して熱湯を作ります。ほとんどのウォーターサーバーは、こちらの電気(金属)棒を使ったシンプルな仕組みを採用しています。

この仕組みは電気ポットなどにも使われており、作れる温水は約90℃のものが多いです。コーヒーやインスタントラーメンも手軽に作ることができます。

難しい技術ではないので、多くのメーカーが電気(金属)棒式を採用しています。

バンドヒーターを使った仕組み

バンドヒーター式は、熱を発するバンド(バンドヒーター)を温水用タンクの周りに巻いて水を温めます。電気(金属)棒式と同様、水を約90℃まで温めることができます。

ヒーターは、筒状や箱型などさまざまに変形できる薄型のため、タンク表面の広範囲を加熱できる特長があります。

ウォーターサーバー1台で、浄水器と電気ポットの2役を担っているんですね!

ウォーターサーバーから冷水が出る仕組み・からくり

ウォーターサーバーから冷水が出る仕組みにも2通りあります。1つはコンプレッサー式と呼ばれるものです。もう1つは電子式と呼ばれるものです。

コンプレッサー式

コンプレッサー式とは、冷水用タンクの外側に金属管が巻き付けられており、その管を冷媒が通り、熱を循環させることで水の温度を下げるものです。

この仕組みは冷蔵庫やエアコンにも採用されており、冷却時間が短いのが特長です。ほとんどのウォーターサーバーは、このコンプレッサー式を取り入れています。

冷媒とは?
冷媒とは、熱を移動させるための流体のことを指します。冷媒は、空気中の熱だけを運ぶため、熱を逃がすことに長けています。

電子式

電子式とは、冷水用タンクの外側に半導体素子(ペルチェ素子)を設置し、それに電気を通すことで水を冷却するものです。作動音が静かで、小型のウォーターサーバーに使われていることが多いです。

ウォーターサーバーのメリット・デメリット

1台で様々な機能を搭載しているウォーターサーバーですが、どんな人に向いているのでしょうか。ウォーターサーバーのメリット・デメリットをご紹介します。

ウォーターサーバーのメリット

ウォーターサーバーのメリット
  • 冷水・温水がすぐに使える
  • 水分補給が習慣化する
  • 災害対策になる
  • ゴミの量が減らせる

それぞれのメリットについて詳しくみてみましょう。

冷水・温水がすぐに使える

ウォーターサーバーは、内蔵されている2つのタンクによりいつでも冷水・温水が使えます。温水は沸騰直前の90℃近くまで加熱されるため、調理の際にも便利です。

また、冷水は約5℃〜15℃まで冷却されます。ペットボトル飲料を冷蔵庫で冷やす必要がなく、冷蔵庫にスペースを持たせられ、いつでも冷たい水を飲むことができます。

お湯を沸かしたり冷水を作る時間の短縮にもなりますね。

水分補給が習慣化する

ウォーターサーバーの設置により、水分補給をこまめに行うことができます。夏には冷水が、冬には温水がすぐに用意できるため、手軽に水分を摂取できます。

水分補給をこまめに行うことで、ウイルス対策にもなります。特に肌寒く乾燥しやすい冬季は白湯を飲んで身体を温めることが望ましいとされています。

体内に水分を保つことで、人間が本来持つ防御機能がウイルスの排出を手助けしてくれます。

災害対策になる

ウォーターサーバーが注目を集めるようになった背景には、災害対策として備蓄水への意識が高まったことも挙げられます。

災害時には、水道水が使えなくなることが多くあります。しかし、私たちの生活に水は必要不可欠であり、水が使えないことは命にも関わる重要な問題です。

水は、飲むだけでなく衛生を保つためなど、生活と切り離せないものですね!
ウォーターサーバーや予備のボトルがあれば、非常事態で水道が止まっても安全な水を使用することができます。

ゴミの量が減らせる

500ml〜2Lのペットボトルタイプの水を購入する場合と比べると、ほとんどのウォーターサーバーのボトルは6〜12Lであり、プラスチックゴミが出る頻度が格段に下がります。

また、その都度店舗まで買いに行く必要がないうえ、空になったガロンボトルは専門の業者が回収してくれます。

 ガロンボトルの他に、ワンウェイボトルと呼ばれるものもあります。これは小さく潰して資源ゴミとして家庭で処分することのできるボトルです。

ウォーターサーバーのデメリット

ウォーターサーバーのデメリット
  • サーバー設置場所・ボトル保管場所が必要
  • ランニングコストがかかる
  • 衛生面や安全性の管理

それぞれのデメリットについて詳しくみてみましょう!

ランニングコストがかかる

ウォーターサーバーの導入を検討する際、費用の問題はどうしても気になりますよね。初期費用だけでなく維持にもお金がかかることは、家計にとって長期的な負担となります。

 ウォーターサーバーの使用には、サーバーのレンタイル代や電気代の他にメンテナンス代や水ボトル代などがかかります。
ランニングコストは、どのウォーターサーバーでも同じくらいなのかな?

ウォーターサーバーの種類により、水ボトル代やメンテナンス代にかかる費用は異なります。また、エコモード搭載のサーバーであれば月々の電気代を節約することも可能です。

サーバー設置場所・ボトル保管場所が必要

ウォーターサーバーの設置には、一定範囲以上の場所を確保する必要があります。場合によってはすでに設置している家具などを移動させたり、模様替えを行う必要があります。

また、ボトルの水が完全になくなる前に、新たなボトルが手元に届くため、それを一時的に保管しておく場所も必要です。

 ウォーターサーバーは家電のため、コンセントが必要です。コンセントとの接続を考慮した設置場所を検討しましょう。

衛生面や安全性の管理

ウォーターサーバーは、業者が定期的なメンテナンスを行う種類もありますが、届けられたガロンボトルサーバーの衛生管理はご家庭で行う必要があります。

また、安全性の管理についても注意が必要です。サーバーの転倒温水による火傷は、特に幼児が関わる事故として起こるものが多いです。

小さい子どもやご高齢の方がいるご家庭は、特に注意が必要です。

最近では、チャイルドロック機能が備えられたものや転倒防止機能がついたサーバーもあるため、ウォーターサーバー導入を検討する際は確認しましょう。

ウォーターサーバーおすすめ5選

ここでは、おすすめのウォーターサーバー5選をご紹介します。おすすめポイントと、前に挙げたデメリットへの対策も一緒にご紹介するので、導入を検討中の方はご参考にしてください。

プレミアムウォーター

Premium-Water

プレミアムウォーターのおすすめポイント
  • 非加熱処理でおいしさ際立つ天然水
  • 多様な6種類から選べるサーバー
  • 3年連続で顧客満足度No.1を獲得

モンドセレクションでの受賞履歴もある天然水は非加熱処理によって届けられるため、口当たりのよく、まろやかで新鮮な美味しさを味わうことができます。

ウォーターサーバーのラインナップは卓上型のものからデザイン性に優れたものまで、幅広く取り揃えられています。女性やご年配の方に優しい、水ボトル下置きタイプもあります。

ライフスタイルにあったサーバーを選ぶことができます
水の種類天然水
水代(税込)3,974円(12L×2本)
※ずっとPREMIUMプラン
サーバーレンタル料(税込)無料
※一部サーバーは有料
配送形式宅配便
配送料無料
※一部地域は有料
配送エリア全国
※離島を除く

エブリィフレシャス

エブリィフレシャス

エブリィフレシャスのおすすめポイント
  • 省エネ機能搭載で電気代が最大60%カット
  • コンパクトでおしゃれな卓上サーバー
  • 初期費用・フィルター交換費など無料

水道水補充型のウォーターサーバーで、月々にかかる費用は電気・水道代+3,300円(税込・サーバーレンタル代)だけで済みます。

卓上型のコンパクトなサーバーで、テーブルやカウンターに設置可能です。省エネ機能搭載諸費用無料でコスト削減にも適したウォーターサーバーです。

コンパクトかつ節電・節約にも適した優秀なウォーターサーバーです。
水の種類浄水
水代(税込)水道代のみ
サーバーレンタル料(税込)3,300円
配送形式宅配便
配送料無料
※6ヶ月に1回カートリッジ配送
配送エリア全国
※沖縄、離島を除く

フレシャス

フレシャス

フレシャスのおすすめポイント
  • メンテナンス料無料
  • グッドデザイン賞受賞のスタイリッシュなデザイン
  • クリーニング機能と無菌エアレスパックでサーバー内部・水ボトルの衛生が保たれる

フレシャスは、大自然が作る天然水にとことん拘った水が評判のウォーターサーバーです。採水地より直送される天然水は、好みに合わせて厳選された3種類から選べます。

サーバーはグッドデザイン賞を受賞しており、ご家庭のインテリアにも馴染みやすいスタイリッシュなデザインです。また、機能性にも優れており、フレシャスならではのウォーターサーバーです。

色のラインナップも豊富で、どれも魅力的なデザインです。
水の種類天然水
水代(税込)1,247円(7.2L)
サーバーレンタル料(税込)無料
配送形式佐川急便
配送料無料
配送エリア全国
※離島を除く
注釈・出典

アクアクララ

アクアクララ

アクアクララのおすすめポイント
  • 不純物を完全にろ過したRO水
  • 水ボトル注文ノルマなし
  • 専門業者による定期メンテナンスあり

アクアクララの水はモンドセレクションを10年連続受賞しており、水ボトルの注文ノルマなしで、好きな時に必要な分だけ注文できます。

自社で定期メンテナンスをしており、2年に1度申し込みを行うことで専門の業者による点検が行われます。また、水ボトルは環境に配慮したリーズナブルボトルを採用しています。

他者との様々な違いが、選ばれる理由なんですね。
水の種類RO水
水代(税込)
  • 1,080円(7L/1本)
    ※2年割プラン
  • 1,404円(12L×1本)
    ※2年割プラン
サーバーレンタル料(税込)無料
配送形式宅配便
配送料無料
配送エリア北海道・本州・四国・九州・沖縄
※離島、一部地域を除く
注釈・出典

うるのん

うるのん

うるのんのおすすめポイント
  • 国内外のコンテストで5冠を達成した富士の天然水を即日生産
  • 業界最細クラスのデザインで省スペース
  • 赤ちゃんのミルクにも使用可能な軟水

うるのんが提供する水は、富士の麓で採れた天然水で、赤ちゃんから大人まで安全に飲むことができます。口当たりが「さらり」としており、飲料としてだけでなく様々な用途に使いやすい水です。

サーバーの種類も多く、スタイリッシュなデザインのものから機能性に優れたもの、コンパクトな卓上型など選ぶことができます。

赤ちゃんのミルクにも使えるのは嬉しいですね
水の種類天然水
水代(税込)2,050円(12L/1本)
サーバーレンタル料(税込)

無料

※Grandeを除く

配送形式宅配便
配送料無料
配送エリア全国
※一部エリアを除く
注釈・出典

ウォーターサーバーの仕組みについてよくある質問

ウォーターサーバーが無料で使えるのは本当ですか?
無料はサーバーレンタル代だけの場合が多いです。実際には、水代・電気代などその他のコストが発生します。お試し期間を設けているウォーターサーバーなら、お試し期間のみ水代が無料で利用できます。
無料レンタルしたウォーターサーバーが壊れたらどうなりますか?
通常使用における故障・破損の場合は、メーカー負担で修理・交換をしてくれます。過失などユーザー責任がある場合は、実費負担となる場合が多いです。各メーカーで規定が違うので、契約前に確認しておきましょう。
下置きウォーターサーバーとは?
給水ボトルが下部に設計されているウォーターサーバーのことです。下置きウォーターサーバーは、スタンド型だけのタイプになり、卓上ウォーターサーバーにはありません。
ウォーターサーバーでミルク作りはだめ?
70℃以上の温水を使ってミルクを作ることが推奨されているため、70℃以上の温水であればウォーターサーバーでミルクを作ることはできます。
ウォーターサーバーの冷水でミルクを割っても平気?
ほとんどの場合推奨はされていません。

70℃以上の温水を使ってミルクを作ることが推奨されている世界保健機構(WHO)及び国連食糧農業機関(FAO)のガイドラインから外れてしまうため、安全な作り方とは言えません。

冷水で割りたい場合は、粉ミルクのメーカーによっては推奨されているものもあるので、確認してみる必要があります。

注釈・出典
ウォーターサーバーの置き場所で向いていない場所は?
直射日光が当たる場所や、熱を発する家電の近くは、水の品質を落としてしまうため向いていません。また、湿度が高い場所は機械の故障の原因になる場合があります。
サーバーの設置は自分で行いますか?
メーカーにより異なります。自分で設置するケースもあれば、設置してくれるメーカーもあります。設置してくれる場合は、無料サービスと有料オプションのどちらなのかは、事前に確認しておきましょう。

まとめ

今回はウォーターサーバーの冷水・熱湯が出る仕組みを解説しました。また、一口にウォーターサーバーといっても様々な種類があることもご紹介しました。

ウォーターサーバーは、便利なだけでなく災害時にも私たちのライフラインとして活躍してくれる、優秀な家電です。普段とは違った用途も想定して、ご家庭のウォーターサーバーの見直しを検討してみてはいかがでしょうか。

未導入の方は、ぜひこの機会に検討してみてください。

関連記事|ウォーターサーバー

この記事も合わせて読む
おすすめの記事