ブライダルネット「ひどい」の評判・口コミは本当?特徴と料金プランも解説!
この記事はPRを含みます
本記事にはアフィリエイトプログラムを利用しての商品のご紹介が含まれます。本記事を経由しサービスのお申し込みや商品のご購入をした場合、サービスや商品の提供元の企業様より報酬を受け取る場合がございます。

ブライダルネットは婚活サービスの大手、株式会社IBJが運営するマッチングアプリです。IBJは日本結婚相談所連盟も運営しており、長年培ったノウハウと知識を活用し、安心・安全な出会いの場を提供しています。

そんなブライダルネットですが、「実際の評判は良いのかな?」「安全性に問題はないのかな?」と気になる方もいるでしょう。

そこで今回は、実際の利用者による口コミ・評判メリット・デメリット、利用が向いている人・向いていない人の特徴も解説します。

料金プランについても解説しているので、検討中の方はぜひ参考にしてみてください。

ブライダルネットの基本情報

ブライダルネット

おすすめポイント
  • 1年以内に結婚したい人が85%
  • 年間に20万組のカップルが成立 ※1
  • 専任のカウンセラーが婚活をサポートしてくれる

ブライダルネットは、婚活サービスの大手であるIBJが運営しているため、婚活のために利用する会員が多いことが特徴です。

会員のうち85%が、1年以内の結婚を希望しています。

 結婚への意識が高い会員が多いことから、年間に20万組のカップルが成立している実績があります。

一般的なマッチングアプリとは違って、サポートが受けられることも特徴です。専任のカウンセラー「婚シェル」が、プロフィール作成から意中のお相手とのメッセージ交換、デートまで丁寧にサポートしてくれます。

初デートは不安が大きいものですが、ブライダルネットなら、全国50ヶ所にある結婚相談所のお見合いスペースを無料で利用させてもらえるので安心です。

デートは30分、はじめだけスタッフが立ち会ってくれます。
月額料金(税込)
  • 月会員プラン:3,980円
  • 年会員プラン:2,000円/月(24,000円)
  • トライアルプラン:0円
会員数約30万人
利用目的婚活
主な年齢層30代~40代
運営会社株式会社IBJ

出典:ブライダルネット公式サイト(2023年2月時点)
※1 2020年実績

ブライダルネットのいい評判・口コミの傾向

ブライダルネットのいい評判・口コミ
  • 全体的に真面目の人が多い印象
  • 顔写真が加工されていないのでわかりやすい
  • 短期集中でより婚活に取り組みやすく実際に会える
  • 自分と相手の共通点からいい人を見つけてくれる

ブライダルネットに登録する会員は本気で結婚を考えている人が多く、真面目な人柄が多い傾向のようです。顔写真が加工されていないのでわかりやすい、といった口コミもあります。

会員の多くが1年以内の結婚を希望しているため、短期集中で婚活できることも評判がいいポイントです。

婚シェルがサポートしてくれるので、スムーズに婚活を進められます。

ブライダルネットには3種の出会い方があり、条件だけではなく人柄や価値観、趣味などから自分に合った人を見つけられるでしょう。

ブライダルネットのいまいちな評判・口コミの傾向

ブライダルネットのいまいちな評判・口コミ
  • 年齢が高い利用者が多い
  • 地方は会員数が少なくなり相手を探すのに苦労する
  • 理想に近い男性とマッチしたものの結局会えなかった

ブライダルネットに登録する会員は30代~40代が中心となっているため、20代の若い世代には不向きかもしれないとの声があります。

20代が少ないぶん、若い人はライバルが少なく異性に選ばれやすいメリットもあります。

また、居住地によっては会員数が少なく、出会いのチャンスにばらつきがあるようです。マッチングしても会うまでに至らなかった、という口コミも寄せられています。

そういった場合は、居住エリアが近いお相手が見つかるのを気長に待つしかないでしょう。年会費プランなら2年目以降は無料なので、期間を気にせず利用できておすすめです。

ブライダルネットのメリット

ブライダルネットのメリット
  • 信頼性と安全性が高い
  • 自分に合った方法でお相手を探せる
  • 効率よくお相手探せる
  • 期間を気にせずじっくり婚活できる

信頼性と安全性が高い

信頼性と安全性が高い

ブライダルネットを運営している株式会社IBJが運営は、プライム市場に上場している企業です。

上場企業なので倒産するリスクが低いですし、結婚相談所や婚活パーティーの情報サイトの運営の経験があるので信頼できます。

 婚活をサポートしてきた経験とノウハウを、ブライダルネットに活かしていることもメリットです。

ブライダルネットは公的証明書による本人確認を実施しており、本人確認を実施していない会員はメッセージ交換できません。

さらに、プロフィールでの実名は非公開で、悪質なユーザーの取り締まりも実施しているので、安全性も高いです。個人情報を適切に取り扱っている事業者に付与される、プライバシーマークも取得しています。

トラブルに巻き込まれたり個人情報が流出したりするリスクが低いです。

自分に合った方法でお相手を探せる

自分に合った方法でお相手を探せる

ブライダルネットでお相手を探す方法は3つあります。1つ目は検索です。年齢や身長、結婚の希望時期など27種類の項目から探せる機能と、趣味のコミュニティ、日記から理想のお相手を探します。

2つ目は婚シェルによる紹介です。条件や価値観がマッチする人、婚シェルがおすすめする人を毎月最大42人紹介してくれます。

双方のデータから合う人を見つけてくれるので、マッチングする可能性が高いです。

3つ目はパーティーです。ブライダルネットの会員限定価格で、IBJグループが開催するパーティーに参加できます。

検索、紹介、パーティーの3種類から自分に向いている方法を選べるので、婚活がストレスなくスムーズに進められるでしょう。

効率よくお相手探せる

効率よくお相手探せる

マッチングアプリでマッチングするには、手間と時間がかかります。

大勢の会員から自分の希望条件に合った人を探し、気になる人を見つけたら申し込み、お相手も承諾すればメッセージのやり取りがスタートです。

申し込んでもお相手が承諾しなければ、次のステップには進めません。

そこで、ブライダルネットの婚シェルによる紹介と条件マッチ、価値観マッチを利用すれば効率よく相性のいいお相手を見つけられます。

条件マッチはお互いの希望条件が合った人を、価値観マッチは20の質問から価値観が合う人を選び出す紹介方法です。それぞれ毎週3名ずつ紹介してくれるので、忙しい人も手間をかけずに恋活・婚活できます。

 

期間を気にせずじっくり婚活できる

期間を気にせずじっくり婚活できる

多くのマッチングアプリには年会費プランが用意されており、1ヶ月あたりの料金が割安になります。

ブライダルネットにも年会費プランがあり、料金が割安になるだけではなく結婚するまで使い放題というお得なプランです。※2

 年会費プランは、結婚相手が見つかるまで2年目以降はずっと無料でブライダルネットを利用できます。

結婚は人生を変える大きなことです。ブライダルネットなら、料金を気にせず時間をかけて理想の結婚相手を探せます。

焦って結婚すると後悔するかもしれないので、年会費プランでじっくりお相手を探してみてはいかがでしょうか?

※2 クレジットカード決済限定のプランです。2年目以降は2ヶ月間のアクセスがないと強制的にプランが終了します。

ブライダルネットのデメリット

ブライダルネットのデメリット
  • 年齢層が高め
  • 会員数が少ない可能性がある

年齢層が高め

年齢層が高め

ブライダルネットの会員は、男女ともに30代がもっとも多く、20代は少ないです。そのため、同年代との結婚を希望する20代は、希望する条件とのマッチングは難しいかもしれません。

 ブライダルネットは婚活がメインのサイトであるため、恋活や友活目的のサービスと比べて会員の年齢層が高い傾向です。

20代でも、年上と結婚したい、年齢はあまり気にならない、という人ならブライダルネットでも理想のお相手を見つけられるでしょう。

会員数が少ない可能性がある

会員数が少ない可能性がある

マッチングアプリ選びでは会員数が重要な指標です。会員が多いということは出会いの可能性も高まります。しかし、ブライダルネットの会員数は、公式サイトで公表されていません

2020年度には20万件以上のカップルが成立しているので、会員数はそれなりにいることが予想されますが、もしかしたら会員が多くない可能性もあります。

ちなみに男女比は男性会員が45%、女性会員が55%とバランスがいいです。

会員数に心配がある人は、無料のトライアルプランに登録してどのくらい会員がいるかチェックする、会員数が多いアプリと併用するなどするといいでしょう。

ブライダルネットが向いている人

ブライダルネットが向いている人
  • 信頼できるお相手と出会いたい人
  • 婚活に不安がある人
  • 1年以内の結婚を希望している人

信頼できるお相手と出会いたい人

信頼できるお相手と出会いたい人

ブライダルネットでは、メッセージ機能の利用開始前に本人確認を実施したり、悪質なユーザーを取り締まったりしています。

男性は有職者しか入会できないため、定職率は100%です。男性会員の年収については以下の通りとなっています。

男性会員の年収割合
~500万円46%
500万円~700万円36%
700万円~18%

年齢層が30代〜40代と働き盛りであることから、会員の年収は過半数が500万円以上です。ブライダルネットなら、信頼できるお相手と安全に出会えるでしょう。

※ 2021年5月実績

婚活に不安がある人

ブライダルネットでは、有料プランの会員一人ひとりに専任のカウンセラーが付き、婚活をサポートしてくれます。そのため、婚活に不安がある人も安心して利用できるでしょう。

ブライダルネットの具体的なサポート内容は以下の通りです。

主なサポート内容
  • プロフィールやメッセージ添削
  • デートのアドバイス
  • トラブル相談
  • 会員の紹介

一般的なマッチングアプリは自分1人で恋活・婚活するため、基本的に不安や悩みを相談できません。

しかし、ブライダルネットなら入会からデート後までサポートしてくれるので、スムーズに恋活・婚活を進められます。自分だけでは気づかないようなことについても、客観的なアドバイスをもらえるでしょう。

1年以内の結婚を希望している人

マッチングアプリの利用目的は、恋人や友達が欲しい、結婚相手を探したい、将来的な結婚も考えて恋人をつくりたい、など人によってさまざまです。

利用目的が違う人とマッチングすると、結果的にお互い時間を無駄にしてしまいます。

早く結婚したいならば、ミスマッチは避けたいところです。

その点、ブライダルネットの会員は85%が1年以内の結婚を希望しているので、ミスマッチが少ないでしょう。

真剣に婚活する会員が多いため、メッセージの返信率も75%と高く、スムーズな交際・結婚を期待できます。

※ 2020年9月実績

ブライダルネットが向いていない人

ブライダルネットが向いていない人

ブライダルネットが向いていない人
  • 手厚いサポートを受けたい人
  • 婚活へのサポートを求めていない人

手厚いサポートを受けたい人

ブライダルネットは、マッチングアプリと結婚相談所のいいところを掛け合わせたサービスです。しかし、あくまでもマッチングアプリなので、結婚相談所と比べるとサービスは手薄になります。

 ブライダルネットによる婚活サポートは、メールやメッセージなどオンラインで受けることになるため、十分なサポートを受けられないと感じてしまうかもしれません。

手厚いサポートを希望する人は、マッチングアプリではなくIBJが運営する結婚相談所を検討してみてください。

婚活へのサポートを求めていない人

婚活に取り組む際、自力でパートナーを探したい自分のペースで進めたい、という人もいるでしょう。

ブライダルネットの有料会員には専任のカウンセラーがつくシステムなので、なるべく人の手を借りず相手を見つけたい人には不向きかもしれません。

無料のトライアル会員ならサポートがないので、他のアプリと併用してみるのもいいでしょう。

ブライダルネットの料金プラン

ブライダルネットの料金プランはシンプルで、トライアププラン、月会員プラン、年会員プランの3種類です。

トライアププランは無料ですが、写真の閲覧ができず、メッセージの交換も3往復までと機能・回数に制限があります。

機能トライアルプラン月・年会費プラン
写真の閲覧ぼかして表示
申し込みする月100件まで保持月200件まで保持
いいねを送る
マッチング
メッセージ送信3往復まで

真面目に婚活するなら、月会員プランか年会員プランを利用した方がいいでしょう。マッチングアプリは女性のみ無料で利用できるケースが多いですが、ブライダルネットでは男女同額です。

そのため、男女ともに結婚への本気度が高い人が多く集まっています。月会員プラン、年会員プランの料金と特徴を詳しく説明します。

月会員プラン

月会員プラン

月会員プランの料金は以下の通りです。

ブラウザ版(クレジットカード決済)とアプリ版(アプリ内決済)で料金が異なるため、会員登録時には注意しましょう。

利用期間料金(税込)
1ヶ月プラン
  • ブラウザ版:3,980円
  • アプリ版:4,900円
3ヶ月プラン
  • ブラウザ版:9,600円
  • アプリ版:12,600円
6ヶ月プラン
  • ブラウザ版:15,600円
  • アプリ版:19,800円

月会員プランは1ヶ月3,980円(税込)で利用でき、契約期間が長いほど1ヶ月あたりの料金が割安となります。

3ヶ月プランだと1ヶ月あたりの料金は3,200円〜、6ヶ月プランだと1ヶ月あたりの料金は2,600円〜とかなりお得です。費用を抑えたいなら、長期のプランをブラウザ版からクレジットカードで決済しましょう。

出典:ブライダルネット公式サイト(2023年2月時点)

年会員プラン

年会員プラン

年会員プランの料金は、年間24,000円(税込)です。1ヶ月に換算すると2,000円(税込)で利用でき、6ヶ月プランの1ヶ月あたりの料金よりも安く利用できます。

2年使うとすると、1ヶ月あたりの料金はたったの1,000円とかなりお得なプランです。

 年会員プランは、2年目以降も結婚するまで無料で利用できます。写真閲覧やメッセージなどの機能も、1年目と変わりません。

ただし、年会員プランを利用する際には以下2つの注意点があります。

年会員プランの注意点
  • クレジットカード決済限定
  • 2年目以降2ヶ月間のアクセスがないと自動的に終了してしまう

年会員プランはクレジットカード決済限定なので、アプリからのApple ID決済とGoogle Play決済はできません。

2年目以降は、2ヶ月間アクセスしないと強制的にプランが終了し、無料会員になってしまいます。婚活が長期化するとモチベーションが低下してしまうかもしれませんが、婚シェルの手を借りつつ頑張りましょう。

出典:ブライダルネット公式サイト(2023年2月時点)

よくある質問

ブライダルネットは2chでの評判・口コミがひどい?
ブライダルネットは本気で結婚を考えている会員が多いので、真面目な人と出会えるという口コミが多くありました。

顔写真が加工されていないので分かりやすい、短期集中で出会えるという声も多く、評判は良いです。

一方、地方は会員数が少ないので相手を探すのに苦労する、という声も一部ありました。

ブライダルネットで危険人物に会わないためには?
プロフィール写真が登録されていない方や、何度も足跡を残す方は危険人物である可能性が高いです。

個人情報を聞き出そうとしてくる方も、安易に教えてしまうと個人情報を週出されてしまう恐れがあります。

ブライダルネットでは危険なユーザーがいないか24時間365日監視しているので、危険人物を見つけたら相談しましょう。

ブライダルネットとゼクシィ縁結びはどちらが良い?
どちらも婚活を目的としたマッチングアプリですが、ブライダルネットの方がおすすめです。

理由としては、月額料金がゼクシィ縁結びよりもリーズナブルで、負担が少ないという点が挙げられます。

その他、婚シェルや日記機能、コミュニティなど、サービスが充実している点も大きな魅力です。

ブライダルネットにいるヤリモクの特徴は?
すぐにLINEを聞き出そうとする、会う約束を切り出そうとしてくるような人は、ヤリモクの可能性が高いです。

その他、土日の休日は何故か会えない、やたらと飲ませたがる場合にも注意が必要です。

少しでも怪しいと感じたら、婚シェルに相談してみましょう。トラブルを未然に防ぐことができます。

ブライダルネットとIBJメンバーズの違いは?
ブライダルネットは婚活に特化したマッチングアプリですが、IBJメンバーズは結婚相談所です。

結婚相談所の費用は初期費用も合わせると10万円以上と、マッチングアプリよりも高額な点が大きな違いです。

その分受けられるサポートは充実していますが、気軽に出会いを求めるならブライダルネットの方が良いでしょう。

ブライダルネットの女性・男性別の料金は?
会員登録は無料ですが、有料プランは男女とも同額です。6ヶ月以上プランの方が、1ヶ月当たりの割引率が高くなる特徴があります。

有料会員になると、メッセージ交換や日記に写真を投稿できるなどの便利な機能が使えるようになります。

無事に相手に出会えた後、成功報酬のようなお金はかからないので安心してください。

ブライダルネットはマッチングしないって本当?
せっかくマッチングアプリに登録しても、うまく使いこなせなければマッチングすることは難しいです。

読みやすく人柄が伝わりやすいプロフィール文を書く、写真に力を入れるなどの方法がおすすめです。

本人証明などの証明書を全て提出すれば、周りの異性と差が付きマッチングしやすくなる可能性があります。

まとめ

この記事では、ブライダルネットの口コミ・評判やメリット・デメリット、そして利用が向いている人・向いていない人の特徴なども解説しました。

ブライダルネットは上場企業で、婚活サービスの大手であるIBJが運営しているので、信頼性が高いマッチングアプリです。

安全な運営を実施しており、利用料金は男女同額としていることから、真剣な会員が多く集まっています。

1年以内の結婚を希望する会員が多いので、真面目に婚活したい人だけではなく早く結婚したい人にもおすすめです。

マッチングアプリとしては珍しく、専任のカウンセラーによる手厚いサポート受けられるので、初めて婚活する人、婚活に不安がある人にも向いています。

無料のトライアル会員でもいいねやメッセージ機能を使えるので、試しに利用してみてください。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事