美容液を使うタイミングは朝?つける順番・使い方・化粧水との違い
この記事はPRを含みます
本記事にはアフィリエイトプログラムを利用しての商品のご紹介が含まれます。本記事を経由しサービスのお申し込みや商品のご購入をした場合、サービスや商品の提供元の企業様より報酬を受け取る場合がございます。

「美容液を買ってみたけど、どのタイミングでつけたらいいの?」「自分の美容液の使い方が、本当に正しいかわからない」と、スキンケアにお悩みではありませんか?

特に美容液は、商品によって推奨しているタイミングが朝・夜と異なる場合があり、美容液をいつ使用するのが効果的なのか、わかりにくいですよね。

また、スキンケアで使用するものには、美容液の他に化粧水や乳液、クリームなど様々なアイテムがあり、正しいつける順序が気になる人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、美容液を使うタイミングや使い方、期待できる効果を解説します。

おすすめの美容液も紹介しているので、どの美容液を購入しようか迷っている人も、ぜひ参考にしてくださいね!

美容液をつけるタイミング

スキンケア商品の一つである美容液は、基本的に化粧水のあとに塗るのが最も効果的であると言われています。

 朝と夜つける美容液もありますが、が一番肌に浸透しやすく、効果が得られやすいと言われています。

朝は化粧下地として機能する美容液や紫外線防止効果があるものを使うと効果的ですが、商品によって異なるので、確認して使いましょう。

スキンケアの基本的な流れ、そして正しい使い方から見ていきましょう。

美容液の使い方

美容液の使い方
  • スキンケアの基本的な流れ
  • 美容液の正しい使い方
  • 避けるべき美容液のNGな使い方

スキンケアの基本的な順番

洗顔後の基本的な流れを写真付きで紹介していきます。

スキンケアの基本的な順番
  1. 洗顔
  2. 化粧水
  3. 美容液
  4. 乳液・クリーム

①洗顔

まずはきちんと洗顔をして肌に残った古い角質や皮脂を洗い流しましょう。

 実は夜も寝ている間に皮脂が分泌されているので、朝も水洗いではなく、洗顔料を使い、ぬるま湯でしっかりと洗顔することが大切です。

女性の方は洗顔前にお化粧をしっかりと落としましょう。

洗顔は肌の状態をリセットさせるために重要な手順です。

②化粧水

次に化粧水をたっぷりと、こすらずに優しく塗り、肌にうるおいを与えます。

 肌の表面を整え、肌のバリア機能を向上させ、次に使用する美容液や乳液を肌に浸透しやすくし、効果を高めてくれます。

洗顔は肌をリセットしてくれますが、同時に肌の水分を奪ってしまうので、化粧水でしっかりと補いましょう。

化粧水は洗顔のすぐあとに塗るのが効果的ですよ。

③美容液

化粧水のあとが美容液です。

 美容液は肌の美容成分がたっぷりと含まれている商品なので、基礎化粧品では足りない部分をケアすることができます。

水分を補う役割をもつ化粧水とは違い、美容液には様々な効果のものがあります。

美容液は乳液の前に塗りましょう。

④乳液・クリーム

美容液のあとは乳液・クリームです。

 最後につける理由としては、油分が多く含まれるため、肌の保湿成分を閉じ込める効果があるからです。

最後にしっかりと乳液・クリームを塗ることで肌の乾燥を防いでくれます。

スキンケア商品は水分が多いもの→油分が多いものの順に使いましょう。

美容液の正しい使い方

美容液を正しく、効果的に使うためには以下の手順に沿って使いましょう。

美容液を使用する手順
  1. 適量の美容液を手のひらにとる
  2. 手のひらで温める
  3. 手全体を使って優しく肌に馴染ませる
  4. 乾燥が気になる箇所には多めに塗る

適量の美容液を手のひらにとる

まずは使う美容液に記載されている適量の量よりも少し多めを手のひらにとります。

 「もったいない」と思い、少量を使用しても効果が出なくなってしまうので、多めに使うことを心掛けましょう。

多すぎても肌の負担になってしまうので、注意しましょう。

適量は商品により異なりますが、直径2cm程度が基本と言われています。

手のひらで温める

適量の美容液を出したら、使用する前にしっかりと手のひらで温めましょう

 美容液が肌に浸透しやすくなり、より効果が発揮されます。

手のひらから指先まで手全体を使うことが大切です。

このひと手間で効果が変わってくるので、忘れないようにしましょう。

手全体を使って優しく肌に馴染ませる

手のひらで温めたら、次はこすらずに優しく、マッサージするイメージで顔全体に塗っていきます。一度に塗らずに数か所ずつ分けて塗ってもよいでしょう。

 最後に両手を使い、顔全体に馴染ませるように軽く押さえていきます。全体に行き渡ったことが確認できたら終わりです。

時間に余裕がない方も、全体に行き渡ったことが確認できるまで、優しく塗っていきましょう。

塗る際に皮膚が動かないくらいの力加減がよいと言われています。

乾燥が気になる箇所には多めに塗る

顔全体に塗り終わってから特に乾燥が気になる箇所があれば、重ねて多めに塗っていきましょう。

 人にもよりますが、目元口元は乾燥しやすい箇所と言われています。

この理由としては、目元や口元は皮膚が薄いため、肌が敏感だからです。

自分の肌の状態に応じて使う量を調節しましょう。

避けるべき美容液のNGな使い方

美容液の正しい使い方を紹介してきましたが、ここからは避けるべき美容液のNGな使い方を紹介していきます。

避けるべき美容液のNGな使い方
  • 美容液をこするように強く塗る
  • 複数の美容液を一緒に使う
  • 日中美容液を塗る
  • 古い美容液を使い続ける

美容液をこするように強く塗る

美容液をこするように塗ったり、叩き込むように塗るのは肌にとって負担になるので避けましょう。

 強く叩いたり、こすったりすることで肌の毛細血管が切れてしまう危険性があります。

美容液の正しい使い方でもあったように、優しく塗ることが大切です。

美容液は使い方次第で効果が薄れてしまうので、注意しましょう。

複数の美容液を一緒に使う

美容液はそれぞれ効果が異なるので、複数の美容液を同時に使い、一気にケアしようと思う方もいらっしゃるかもしれません。

 しかし、複数の美容液が混ざり合うと、それぞれの成分が反応し合い、分離してしまいます。

せっかく使っている美容液の効果が発揮されず、逆効果になってしまいます。

思い通りの効果を得られない場合があるので、使う美容液は一つに決めましょう。

日中美容液を塗る

美容液には「日中用」と「夜用」の2種類が存在します。「日中用」には紫外線ダメージを防ぐような日焼け止めの効果が含まれますが、「夜用」には含まれていません。

 日中に「夜用」美容液を塗ってしまうと、肌が紫外線ダメージを受けやすくなってしまうので、注意が必要です。

日焼け止めを塗れば問題ありませんが、ひと手間増えてしまうため、美容液の種類を確認して使いましょう。

夜に美容液を塗り、肌を回復させる方が効果的かもしれません。

古い美容液を使い続ける

美容液は食品のように消費期限の記載がない場合も多いですが、実は使用期限が薬機法で定められています。それは未開封の状態で3年です。

 開封後は適切に保管されていたとしても半年が期限と言われることが多いです。

一度開封してしまうと、空気に触れることにより酸化してしまい、徐々に劣化してくるからです。美容液の中の成分が変わってしまうこともあるそうです。

開封後は直射日光を避けて保存し、長期間保管されていたものの使用は避けましょう。

美容液をつける頻度

美容液は効果的であると聞いても、1日何回塗ればいいの?毎日塗る必要あるの?と疑問に感じる方も多いでしょう。ここでは気になる頻度について説明していきます。

 美容液は他のスキンケア商品と同じく、毎日塗る方が効果が得られやすくなっています。毎日使い続けることで美容液の効果を実感できるでしょう。

1日につける回数としては、基本的に日1回のものが多いですが、商品によって異なるので確認して使用しましょう。つけすぎても肌トラブルを起こす可能性があるので、つけすぎも厳禁です。

美容液をつけるタイミングとしては夜が一番肌に浸透しやすく、効果が得られやすいと言われています。

美容液と化粧水・乳液の違い

美容液と化粧水・乳液の違い
  • 美容液と化粧水・乳液の違い
  • 美容液とは
  • 化粧水・乳液の役割

美容液と化粧水・乳液の違い

美容液は個人の悩みに応じて、集中的にケアを行う化粧品です。

 美容液は集中ケア、化粧水は水分補給、乳液は成分を閉じ込める効果があります。

化粧水は洗顔後の肌に水分を与え、乳液は化粧水や美容液で肌に与えた成分を逃さないために閉じ込める効果があるようです。

それぞれの役割を理解して使う様にしましょう。

美容液とは

美容液とは美容成分が多く含まれているスキンケア商品です。

 自分の目的に合わせて特に集中してケアしたい部分に使われることが多いため、基礎化粧品と区別されることもあります。

主な成分としては、以下の通りです。

保湿成分美白成分抗炎症成分

・コラーゲン

・ヒアルロン酸

・セラミド

・プロテオグリカン

・ビタミンC誘導体

・トラネキサム酸

・アルブチン

・酵母エキス

・植物エキス

 

化粧水や乳液だけでは不十分という方はぜひ自分にあった美容液を探してみましょう。

化粧水・乳液の役割

化粧水・乳液の役割
  • 化粧水の役割
  • 乳液の役割
  • 各スキンケア商品を使う理由

化粧水の役割

化粧水の主な役割は肌に水分を与えることです。

洗顔後の肌はとても敏感なので、化粧水をたっぷりつけて保湿をしてあげることが大切です。

肌のバリア機能が正常に働くためには化粧水が必須です。

乳液の役割

乳液の役割は化粧水や美容液で肌に行き渡った水分や美容成分を閉じ込めることです。

 肌を油分の膜で覆うことで肌に必要な成分を肌全体に届け、閉じ込め、肌のハリやツヤを保ってくれます。

硬くなってしまった角質を柔らかくするという働きもあります。

乳液は油分が多いため、「ベタベタするからやめておこう」と思う方も肌の健康な状態を維持するために、使うようにしましょう。

各スキンケア商品を使う理由

各スキンケア商品には肌を健康的に保つためにそれぞれ重要な役割があります。

 どれかを除いてしまうとせっかく使用しているスキンケア商品の効果も発揮されなくなります。

例えば、乳液を使用しなければ化粧水や美容液で肌に与えた水分や美容成分が肌に行き渡らず、乾燥を招いてしまいます。

各スキンケア商品の役割を理解し、正しく使用するようにしましょう。

美容液の効果

美容液は集中的なケアを行うスキンケア商品のため、様々な効果のものがあります。

美容液の効果
  • 保湿効果
  • 美白効果
  • 皮脂を抑制する効果
  • エイジングケア

保湿効果

保湿効果は化粧水や乳液にもありますが、それでも肌の乾燥が気になる方は、保湿効果のある美容液を使うのがよいでしょう。

 セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸などの成分は保湿力に優れているので、これらが含まれている美容液を使うのが効果的です。

例えば、セラミドは肌内部の水分を保持する機能があるため、化粧水や乳液では改善されない肌の保水力を向上させてくれます。

保湿効果がある美容液でも、様々な種類があるので、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

美白効果

美白効果は化粧水や乳液ではなかなか得られないものです。シミくすみが気になる方、また予防したい方は使ってみるのがよいでしょう。

 ビタミンC誘導体、ピクノジェノール、トラネキサム酸などの成分は特に美白効果があるといわれています。

美白美容液は紫外線から肌を守り、メラニンの生成を抑制したりと、必ずしも肌を白くする効果はないので、注意しましょう。

美白を目指したい人は、並行して日焼け止めや日傘を利用し、徹底した紫外線対策も行うようにしましょう。

皮脂を抑制する効果

オイリー肌が気になる人はオイルコントロール成分が含まれている美容液を使ってみるのがよいでしょう。

 オイルコントロール成分には皮脂の過剰な分泌を抑制し、肌の水分と油分のバランスを整える機能があります。

しかし、自分でオイリー肌だと思っている人の中にも、肌が乾燥していることが原因の場合もあります。そのような人はまず保湿対策を心掛け、改善がみられないか試してみましょう。

自分の肌の状態を理解することが大切ということですね。

エイジングケア

シワが気になる人はうるおいをたっぷり与え、エイジングケア効果のある美容液を使ってみるのがよいでしょう。

 ビタミンA、ヒト幹細胞培養液、フコキサンチンはシワ改善に効果的な成分だと言われています。

肌のターンオーバーを早め、肌の弾力を高めてくれる効果もあります。

シワやたるみは早めに対策をとることで大きなシワなどができることを防ぐことができます。

美容液のおすすめ6選

BIMORA HSC CB美容液

HSCLP画像

BIMORA HSC CB美容液 のおすすめポイント
  • ヒト幹細胞培養液原液100%※1※2
  • 定期購入なら初回60%オフ&2回目以降も10%オフ
  • 角質層にうるおいを与えて土台を整える

BIMORA HSC CB美容液は、ヒト幹細胞培養液原液100%配合※1※2の美容液です。ヒト幹細胞とは、医療分野でも注目を集めている成分。培養に約半年かかりますが、細胞を活性化し、元気にする効果が期待されています。

 成分を角質層まで浸透させるリボソーム技術が用いられており、肌を保湿。肌を土台から整えて、ハリ・ツヤ・弾力のある肌へと導きます。

パラベン・シリコン・防腐剤を含む9つの添加物フリー※3なのも、BIMORA HSC CB美容液の魅力のひとつ。肌が弱い人にも配慮されたやさしい処方です。

定期購入がお得で、初回購入時は60%オフの2,950円(税込)で試せます。2回目以降も10%オフで購入でき、お届け回数に縛りもないので、いつでも解約可能です。

テクスチャーはさらっとしていて、ベタつきにくい使用感!肌馴染みもよいでしょう。※4
ブランド名BIMORA
価格(税込)

7,400円
定期購入初回:2,950円

容量30ml

※出典:BIMORA HSC CB美容液

※1 ヒト臍帯血幹細胞順化培養液(コンディショニング)
※2 化粧品原料として、ヒト臍帯血幹細胞順化培養液(コンディショニング)の原液を使用
※3 9つの添加物フリー:パラベン・シリコン・防腐剤・グルテン・エタノール・鉱物油・合成香料・合成着色料・合成界面活性剤
※4 個人の感想であり、製品の効果・効能を保証するものではありません

BIMORA VC美容液

VC美容液 LP画像

BIMORA VC美容液 のおすすめポイント
  • 次世代ビタミンC誘導体配合※1
  • ベタつかないからオールシーズン使える
  • 9つの添加物フリー※2

BIMORA VC美容液は、次世代ビタミンC誘導体「3-グリセリルアスコルビン酸」が、保湿成分として配合されている美容液です。肌へよく浸透するため、乾燥による赤みやくすみにも効果が見込めます。

 グリセリルアスコルビン酸には、シミ・そばかすの生成を抑え、抗酸化作用があると期待されており、BIMORA VC美容液なら年齢に応じた肌ケアができるでしょう。※3

当サイトから定期購入に申し込むと、初回30%オフの4,760円(税込)で購入できます。2回目以降も10%オフでお得に購入できるので、定期購入の申し込みがおすすめです。

定期購入ではありますが、契約回数や期間に縛りがなく、いつでも解約できます。送料・決済手数料も無料なので、商品にしかお金がかからないのもメリットといえるでしょう。

オイルのように滑らかな使用感で、肌にスッと馴染むのもBIMORA VC美容液の魅力!オールシーズン使えますよ。
ブランド名BIMORA
価格(税込)

6,800円
定期購入初回:4,760円

容量30ml

※出典:BIMORA VC美容液

※1 3-グリセリルアスコルビン酸(保湿)
※2 9つの添加物フリー:パラベン・シリコン・グルテン・エタノール・合成香料・合成界面活性・合成着色料・防腐剤・動物由来の原料
※4 グリセリルアスコルビン酸の効果として報告されているものの記載であり、商品の効果・効能ではありません

アスタリフト ジェリー アクアリスタ:富士フィルム

おすすめ美容液

アスタリフト ジェリー アクアリスタのおすすめポイント
  • 保湿力の高いセラミド成分のナノ化
  • うるおい成分の「アセンヤクエキス」を配合
  • 新感触のジェリー形状

富士フィルムの「アスタリフト ジェリー アクアリスタ」は、保湿力に優れているセラミド成分を独自の技術で最小化して、配合しています。

 肌にうるおいを与える機能があるセラミドは加齢とともに減少していきます。肌にもともと含まれるものと同じ型のセラミドを2種類配合しています。

セラミド成分に加え、東南アジアにある常緑低木ガンビールノキから採れる「アセンヤクエキス」も含まれるため、高いうるおい効果があります。

新感触のジェリー状にすることで、うるおうのにべたつかなく、肌に浸透しやすくなっています。
ブランド名ASTALIFT
価格(税込)4,510円~
容量

20g/40g/60g

出典:アスタリフト ジェリー アクアリスタ:富士フィルム

ホワイトショット:PORA

おすすめ美容液

ホワイトショット I PORAのおすすめポイント
  • オリジナルの美白成分を配合
  • SXSショットデリバリー処方
  • しっとり、濃厚な感触

PORAの「ホワイトショット」は、美白効果に優れているビタミンC誘導体とルシノールの2種類に加え、肌に透明感を与える5種類の成分を配合していまうす。

 SXSショットデリバリー処方と言い、沢山たまってしまうとシミの原因となるメラニンを生み出すメラノサイトに美白美容成分を届ける仕組みになっています。

普通のクリームとは異なり、しっとり、濃厚な感触であるため、肌馴染みが良、気になる部分に密着します。

スキンケアやメイクの邪魔にならない感触となっています。
ブランド名PORA
価格(税込)13,200円
容量20g

出典:ホワイトショット:PORA

dプログラム ACリセット:資生堂

おすすめ美容液

dプログラム ACリセットのおすすめポイント
  • ニキビ予防しながら保湿
  • 敏感肌の方も使いやすい
  • 無香料無着色

資生堂の「dプログラム ACリセット」は、透明ジェル状であるため、肌を保湿しながらしっかりとニキビ予防もしてくれる優秀なアイテムで、乾燥が気になる方にもおすすめです。

 dプログラムは50年以上かけて敏感肌研究を行ってきた資生堂を代表するブランドです。敏感肌の方によるパッチテスト済みなので、デリケートな肌の方も使いやすくなっています。

ACリセットは無香料無着色であるため、香りに敏感な方も非常に使いやすい商品となっています。

べたつきにくいため、夏場でも使いやすい商品となっています。
ブランド名資生堂
価格(税込)2,750円
容量10g

出典:dプログラム ACリセット:資生堂

ヒト幹細胞培養エキス原液 LP:fracora

おすすめ美容液

ヒト幹細胞培養エキス原液 LPのおすすめポイント
  • 独自の技術でエイジングケアに有効な成分を配合
  • 浸透力、安全性が高い
  • 買い求めやすい値段

fracoraのヒト幹細胞培養エキス原液 LPは、エイジングケアに有効とされているヒト幹細胞の培養エキスを3種類使用し、各々異なる培養条件のエキスを使うことでバランスをとっています。

 fracora独自のリポソーム技術により、肌質膜カプセルにエイジングケア成分を入れることで、肌の隅々まで届けます。

3次元ローリングボトル方式といい、11年間かけて開発したオリジナルな培養技術により、前よりも多く成分を抽出することができるため、買い求めやすい値段となっています。

ヒト幹細胞はエイジングケア成分の中でも、注目度が高い成分です。
ブランド名fracora
価格(税込)1980円~
容量15ml/30ml

出典:ヒト幹細胞培養エキス原液 LP:fracora

美容液についてよくある質問

美容液はどのタイミングで使えばいいの?
基本的に洗顔後、化粧水のあとに使うことが最も効果的と言われています。
美容液はどれくらいの頻度で使えばいいの?
ほとんどの場合1日1回使うことで効果が得られます。ただし、商品により異なるので記載されている使用方法に沿って使うようにしましょう。
美容液は多めに使い、塗る回数を増やせばより効果が得られるの?
美容液は適量を使うことが最も効果的で、塗りすぎは逆に肌トラブルを起こしてしまう可能性があります。使う美容液の使用方法を確認した上で、使うようにしましょう。
美容液と化粧水・乳液との違いは何?
美容液は集中的なケア、化粧水は水分補給、乳液は肌に与えた成分を閉じ込める効果があります。
美容液はどれくらい持つの?
美容液は薬機法で、使用期限を未開封の状態で3年と定められています。ただし、美容液は空気に触れると酸化し、劣化しやすくなるので開封後は早めに使いましょう。
美容液は開封後、どう保管すればいいの?
直射日光を避けた場所で保管し、温度があまり変化しない状態で保管することが望ましいです。商品によって保管方法が異なるため、必ず確認するようにしましょう。
美容液は使わないといけないの?
美容液は基本のスキンケアアイテムではありませんが、肌にお悩みを感じている方は美容液を使用することをおすすめします。

まとめ

今回は美容液を使うタイミングに加え、美容液の正しい使い方や効果、そしておすすめ4選を紹介してきました。

スキンケア商品の種類が豊富にある中、それぞれの役割を正しく理解し、使い分けることがとても大切です。

特に肌にお悩みをお持ちの方は自分にあった美容液を探して、使ってみましょう。

美容液は肌のお悩みを集中的にケアするためにはとても効果的ですよ。

関連記事|美容

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事