BIGLOBE(ビッグローブ)モバイルの速度は遅い?速い?気になる疑問と共に解説

BIGLOBEモバイルの速度は遅い?速い?

BIGLOBE(ビッグローブ)モバイルは新プランやお得なオプションサービスが登場し、乗り換えを検討されている方も多いはず。
しかしスマホを使う上で気になるのは、料金だけではなく「通信スピードは速いのか」という点ですよね。

今回は、BIGLOBE(ビッグローブ) モバイルの通信速度と、スピードが遅い時の対処法を合わせてご紹介していこうと思います。

BIGLOBEモバイル公式の速度について

まず、BIGLOBE(ビッグローブ) モバイル公式が公表している通信最大速度について見てみましょう。

最大通信速度タイプA(au回線)タイプD(docomo回線)
下り958Mbps程度1,288Mbps程度
上り112.5Mbps程度131.3Mbps程度

どちらの回線も1Gbpsほどと、光回線に匹敵するほどの通信速度がある・・・と判断するのは早計です。

というのも、以下の2つの要素が加わるためです。

  • ベストエフォートであり実測値ではない
  • 格安SIMの仕組み上平均速度は大手キャリアよりも遅い

最大値=平均速度ではない

ベストエフォートとは、規格上の最大速度のことを意味します。

基地局から近いところで、なんの障害もなく通信した場合の速度の最大値のため「そもそもその回線の平均速度」という訳ではありません。

さらに言うと、これは「大手キャリアの本回線の数字」です。
BIGLOBE(ビッグローブ) モバイルは格安キャリアなので、大手キャリアから回線・帯域を借りて我々ユーザーに提供しています。

その回線の帯域をどれだけ借りているかによっても速度は変わるので、格安キャリアが大手キャリアほど通信速度が出ることはほとんどありません

通信速度は他にも、

  • 時間帯
  • 場所(地理)
  • 基地局からの距離
  • 建物

によって大きく変わります。

ユーザー満足度も高い

BIGLOBE(ビッグローブ) モバイル公式のメディアで、タイプDの通信速度の実測値を計測した記事が公表されています。

それによると、時間帯に関わらずアベレージで10Mbps以上は出ていることが分かりました。
もちろん、利用環境によって速度は変化しますが、

  • メッセージの送受信
  • webサイト閲覧
  • SNS
  • 動画サイト視聴

といったスマホの日常的な利用方法は問題なく行えます。

オンラインゲームは種類によっては、もたつきを感じることもあるようですが基本的にはどの動作もスムーズに使えるようです。

回線によって速度は違う?

先ほどご紹介したように、利用する回線によって最大速度は異なります
BIGLOBE(ビッグローブ) モバイルのような格安SIMの場合は、「それぞれの回線をどれくらい借りているか」も通信速度に関係してきます。

また、お住まいの地域によっても、ドコモが繋がりやすい、auが繋がりやすいなどの差が生まれます。

BIGLOBE(ビッグローブ) モバイルの速度が遅い時の対処方法

BIGLOBE(ビッグローブ) モバイルの通信速度が遅いと感じる時は、どのような対処方法が有効なのでしょうか?

以下から3つの方法をご紹介していきます。

混雑時間帯を避ける

最もシンプルなのが、「回線が混雑する時間帯を避ける」という方法です。

一日の中で一番回線が混雑するのは、お昼12時~13時だと言われています。

多くの人がこの時間帯にお昼休憩を取るのでそれに伴いスマホを使う人が増えること、混雑しやすい時間帯にあらかじめキャリアが最適化していることが通信速度が遅く感じる理由です。

その他混雑する時間帯とされているのは、
通勤・通学ラッシュの7時30分~8時30分帰宅ラッシュの18時~19時です。

通信速度が気になる場合は、上記の時間に動画視聴や瞬時のレスポンスが必要なゲームなどは利用しない方がよいかもしれません。

配信サービスや動画サイトのアプリによっては、アプリや端末にデータを保存してオフライン環境で再生できる機能が搭載されているので、前もってダウンロードしておくと混雑する時間でも途切れず快適に視聴できます。

キャッシュを消してみる

キャッシュとは、サイトに訪問した時などの履歴データを保存する機能です。
このキャッシュデータがあることで私たちは、2回目以降にそのサイトにアクセスすると高速で読み込めるようになるのですが、定期的に消さないと通信や動作が遅くなることもあります。

そのような場合は、定期的にキャッシュデータをクリアにしておくとよいでしょう

再起動してみる

スマホは連絡を取るという特性からか、あまり意識的に電源を落とすことはないかもしれません。
しかし、通信をする電子機器は電源を入れなおすと通信品質が改善されることがあります

  • 蓄積していた通信履歴などがリセットされること
  • 長時間稼働していた時に発生していた本体の熱が下がること

この2点が理由として考えられます。

特に、充電しながらスマホを使っている場合は、コードなどを外した状態で電源を落とししばらくそのままにしてから入れなおすとこもった熱が解放されやすくなります。

オプションを使って快適に通信を楽しもう

BIGLOBE(ビッグローブ) モバイルは、他の格安キャリアのように使わない時は低速通信に切り替えることはできません
そのため、自分でパケットデータを使いすぎないように注意するか、以下でご紹介するような通信オプションを有効活用するか快適な通信環境を保つために有効です。

エンタメフリー・オプション 

エンタメフリー・オプション月額料金

エンタメフリーオプションは、月額280円(税込308円)~でYouTubeやSpotifyなど指定のサービスが使い放題になるオプションサービスです。
※音声通話SIMの場合の料金です。データSIMの場合は月額980円/月(税込1,078円)と高くなります。

以下のサービスの視聴・閲覧であれば、いくら利用してもデータ消費はされずギガ数は減りません。
また、通信制限中であっても対象サービスは制限されず利用できます。

ジャンルサービス名
動画サイト・配信・YouTube ・ABEMA ・U-NEXT ・YouTube kids
音楽・ラジオ・YouTube Music ・Apple Music ・Spotify ・AWA ・Amazon Music ・LINE MUSIC ・らじる★らじる ・dヒッツ ・RecMusic ・楽天ミュージック
電子書籍・dマガジン ・dブック ・楽天マガジン ・楽天kobo
その他・Facebook Messenger ・au PAY マーケット

とてもお得なオプションなのですが、以下のような注意点もあります。

  • エンタメフリーオプションは専用の帯域を利用している
  • 画質、音質が最適化される(遅くはないが最高速でもない速度に抑えられる)
  • 広告などエンタメフリーオプション対象外扱いになる通信がある(すべての通信がデータ消費なしになるわけではない)
  • データ消費なしになるのは公式アプリからのアクセス

特にYouTubeなどの動画サイトを、公式以外のアプリから見ている場合はエンタメフリーの対象外となりデータ消費量としてカウントされる可能性があるためご注意ください。

エンタメフリー・オプションについては別記事で詳しく解説しています。

BIGLOBE Wi-Fi

BIGLOBE Wi-Fi

BIGLOBE Wi-Fiは、全国10万か所にあるアクセススポットでWi-Fi環境でインターネットを利用できます

  • カフェ
  • ファストフードショップ
  • 空港
  • 商業施設

などで、「Wi-Fi スクエア Wi2 300」または「au Wi-Fiつかえます」というステッカーが貼られていればBIGLOBE Wi-Fiが使用できます。

BIGLOBE Wi-Fiの月額料金は1ライセンスあたり250円(税込275円)です。
BIGLOBE(ビッグローブ) モバイルで6GB以上のプランを契約している場合は1ライセンス無料で利用できます。

申し込みはオンラインのみで、電話・郵送での手続きは受け付けていません。
オートコネクト」という接続補助アプリをインストールしておけば、全国に設置されているアクセスポイントに接続しやすくなります。また、通信量の確認も可能です。
オートコネクトアプリは無料でiOS/Androidの両方で利用できます。

まとめ

BIGLOBE(ビッグローブ) モバイルは通信速度が速いというよりも、そこそこのスピードが安定して出るキャリアということが分かりました。
動画視聴やゲームプレイなど、日常的な使用の範囲では問題なく利用できるので格安SIMの中でもコスパのいい印象です。

より快適にネット通信を楽しむためには、本文でもご紹介した「エンタメフリー・オプション」「BIGLOBE Wi-Fi」といった通信に関わるオプションを有効活用するのもおすすめです。

速度が遅くなったな、と感じたらキャッシュデータの消去、充電をせずに再起動といった方法もぜひおためしください。

BIGLOBEモバイルを利用したくなった人はこちら

BIGLOBEモバイル

おすすめの関連記事
BIGLOBE(ビッグローブ)モバイルの新プラン解説BIGLOBEモバイルのエンタメフリー・オプション解説MNPの手順と得する携帯ショップの選び方

BIGLOBEモバイル

Posted by GW