WiMAXは地下鉄だと繋がらない?【繋がりにくいときの対処法あり】

WiMAXは地下鉄でも繋がるの?

「地下鉄をよく利用するけど、WiMAXは使えるの・・?」

WiMAXを利用する際に心配なのが地下鉄でも使えるのかどうか。地下鉄のホームにいる間や、走行中の電車に乗っている間は電波が届かず使えないイメージがあるかもしれません。

地下鉄のホームについてはWiMAX回線の整備が進んでおり、地上で使うのとほぼ同じ感覚でWiMAXを利用できます。走行中も使えますが、ホームと比べると繋がりにくいです。

地下鉄での利用が多い場合はプラスエリアモードの利用で対処することができます。また、WiMAXではなく大手キャリアの回線を利用するクラウドWiFiを検討するのもいいでしょう。

この記事では地下鉄でWiMAXを利用したい方に向けて、注意点や繋がらないときの対策について詳しく解説していきます。

最安でWiMAXを契約できる窓口▼

WiMAXは地下鉄でも利用できる

結論から言うと、WiMAXは地下鉄でも使えます。以前は地下鉄だとWiMAXの電波が入らず使えませんでした。

現在はWiMAX回線が整備され、全国各地の地下鉄でWiMAXを使えるようになっています。WiMAXが利用できる地下鉄は以下の通りです。

WiMAX対応の地下鉄(路線)
札幌市営地下鉄・仙台市地下鉄・小田急電鉄・京王電鉄・京成電鉄・京浜急行電鉄・埼玉高速鉄道・相模鉄道・新京成電鉄・西武鉄道・つくばエクスプレス・東急電鉄・東京メトロ・東京モノレール・東京臨海高速鉄道・東武鉄道・東葉高速鉄道・都営地下鉄・北総鉄道・横浜市営地下鉄・横浜高速鉄道・名古屋市営地下鉄・名古屋鉄道・大阪メトロ・北大阪急行・京都市営地下鉄・神戸市営地下鉄・京阪電気鉄道・近畿日本鉄道・山陽電気鉄道・泉北高速鉄道・阪神電車・阪急電鉄・福岡市地下鉄

首都圏や関西圏など、都市部については多くの鉄道でWiMAXが使えます。これなら、鉄道で通勤・通学をしている最中でもゲームの利用や動画視聴ができそうですね。

最安でWiMAXを契約できる窓口▼

電車の走行中は繋がりにくいので注意

WiMAXは地下鉄でも利用できますが、走行中の電車内ではやや繋がりにくいです。

地下鉄のホームでは地上にいるときと変わらないくらい繋がります。通信速度も速いので、高画質な動画の再生や3Dゲームもなんなく利用可能です。

しかし、ホームを離れて走行中になると電波が入りにくくなります。電波が完全に遮断されて、圏外になることも多いです。

動画や音楽サービスを利用する場合はホームにいる間にダウンロードしておくとよいでしょう。

最安でWiMAXを契約できる窓口▼

WiMAX回線が繋がらないときはau回線で繋がる

もし地下鉄でWiMAX回線が繋がらなくても、LTE回線を利用して通信することが可能です。WiMAXでは「プラスエリアモード」というオプション機能が使えます。

プラスエリアモードをオンにすると、WiMAX回線に加えてauの4GLTE/5G回線を利用した通信が可能です。

au回線は地下でも安定して受信できるため、走行中の地下鉄の中でも快適にインターネットが利用できます。

ただし、プラスエリアモードには、

  • 別途オプション料(1,100円)が必要
  • 1ヶ月に15GB以上利用すると翌月まで制限がかかる

の2点が必要です。以前は、上限7GBだったので15GBまで増えてゆとりができました。

また、プラスエリアモードで速度制限にかかったらWiMAX回線も制限されるというルールがあったのですが、こちらも撤廃されています。

そのため、プラスエリアモードを使うときの注意点はオプション料金のみ気にしておけばOKです。

最安でWiMAXを契約できる窓口▼

プラスエリアモードが無料!地下鉄向きのWiMAXを選ぶならGMOとくとくBB

WiMAXは契約窓口(プロバイダ)によって受け取れる特典が異なります。結論から言うと、WiMAXの契約はGMOとくとくBBが最もおすすめです。

おすすめの理由
  • プラスエリアモードが無料
  • 全プロバイダで最安値
  • 最新端末が無料
  • 最短即日で発送
  • 運営会社が信頼できる

GMOとくとくBBならWiMAXを最安契約できる上に、プラスエリアモード(1,100円)が無料。地下鉄でWiMAX回線が繋がりにくいときでも、無料でau回線へ切り替えられます。

プラスエリアモードが無料

こちら通常は月額1,100円のオプションサービスなのですが、GMOとくとくBBなら36カ月もの間無料に。総額39600円分のオプション料金を浮かせることができます。

プラスエリアモードを無料で使えるので、地下鉄はもちろん山間部や離島に出かけるときでも安心。いつでもネットが繋がります。

全プロバイダで最安値

WiMAXは、どのプロバイダを使っても通信速度・対応エリアは変わりません(本家のUQ WiMAXと同じ)。そのため、シンプルに料金の安さで選ぶのがベストです。

以下、WiMAXの主要プロバイダの実質料金(月額料金・初期費用・端末代の合計額にキャンペーンの割引を引いた金額)を比較してみました。

WiMAXの料金比較

プロバイダ名 実質月額
GMOとくとくBB 4,033円
カシモ WiMAX 4,462円
Broad WiMAX 4,449円
BIGLOBE WiMAX 5,114円
UQ WiMAX 5,145円

ご覧の通り、最安値はGMOとくとくBBです。プロバイダを経由しないWiMAX本家(UQ WiMAX)とは、実に1300円もの差(年間15000円以上)があります。

キャッシュバックの受け取り条件は、専用ページから申し込むだけ。端末代金はかかりません。

GMOとくとくBBが安い理由はキャッシュバック&月額割引があるから

GMOとくとくBBがなぜここまで安いのかというと、キャッシュバックと月額割引の特典があるからです。


キャッシュバック特典あり

キャッシュバックは、全WiMAXプロバイダで最高の還元額です。

2022年5月現在のキャッシュバック金額

  • すべての人が対象:14,000円
  • 他社から乗り換える人:23,000円

さらに、GMOとくとくBBではキャッシュバックに加えて月額割引の特典も併用できます。

月額割引
  • 1か月~2カ月:5,302円→2,079円(3,233円✕2ヶ月割引)
  • 3カ月~36カ月:5,302円→4,389円(913円✕34ヶ月割引)

※総額で37,488円の月額料金

仮にキャッシュバックの受け取りを忘れてしまっても、月額割引の特典は自動適用されるので損することはありません。月額割引の適用だけでも、WiMAXを最安クラスで利用可能です。

先述した通り、WiMAXはどの契約窓口で申し込んでもサービス内容は同じです。そのため、料金の安さでGMOとくとくBBに決めてしまって問題ないありませんよ。

最新端末が無料

GMOとくとくBBでは端末代が0円です。古い機種ではなく、最新の5G対応端末を無料で手に入れることができます。

端末代0円

端末代0円

選べる機種は、モバイルルーターに加えて据え置き型のホームルーターも選択可。端末の市場価格は21780円なので、この特典だけで2万円以上も他社よりお得です。

月額料金は安く見せかけて実は端末代金がかかる・・といったWiMAXプロバイダは多数存在するので、いかにありがたい特典が分かりますね。

なお、端末の発送時は送料がかかりません。初期費用を抑えつつ、WiMAXの利用を開始できます。

最短即日で発送

GMOとくとくBBは申し込んでから最短即日で発送してくれます。早ければ申し込んだ翌日に受け取ることも可能。

WiMAXは工事不要なので、端末が到着したらすぐに使えます。テレワークなどで急いでインターネット回線が必要な人には嬉しいポイントです。

即日発送の条件
14:00までに申し込みを完了(土日祝でもOK)

端末を即日発送してもらうには14:00までに申し込みを完了させる必要があります。平日はもちろん、土日祝日でも即日発送対応です。

運営会社が信頼できる

GMOとくとくBBは東証一部に上場している「GMOインターネット株式会社」が運営しています。フレッツ光やドコモ光などのネット回線も取り扱っており、知名度も抜群です。

長年に渡ってさまざまなインターネットサービスを運営しており、信頼性はWiMAXプロバイダの中でもトップクラス。安心してサービスを利用できます。

MEMO
資金の乏しいマイナー会社にありがちな突然のサービス停止リスクが低い
最安でWiMAXを契約できる窓口▼

地下鉄でさらに繋がりやすさを求めるならクラウドWiFiも検討しよう

地下鉄でさらに繋がりやすさを求めるなら、WiMAXだけでなくクラウドWiFiも検討した方がいいでしょう。

クラウドWiFiとは?

 

ドコモ・au・ソフトバンクの大手3キャリアの回線(主にソフトバンク)を借りて運用するポケットWi-Fiサービス。WiMAXより速度は劣るが、対応エリアが広く地下鉄(走行中も含め)でも繋がりやすい。

クラウドWiFiは種類がたくさんありますが、とくにおすすめなのが以下の2つです。

おすすめサービス
  • MUGEN WiFi
  • 縛りなしWiFi

※おすすめ理由:大容量かつ利用料金が安い

MUGEN WiFi

MUGEN WiFiのサービス内容

料金プラン

データ容量 100GB/月
月額料金 3,438円
事務手数料 3,300円
契約期間 2年(自動更新なし)
違約金 1年未満:9,900円
1~2年未満:5,500円
更新月以降:0円

MUGEN WiFiは格安料金で100GBのデータ容量を利用できます。月額料金は3,4380円の定額料金で、途中で高くなることはありません。

使用できるデータ容量は100GB/月です。

直近3日間の制限がないので、データ通信を思う存分使えます。また、最初の30日がお試し期間となっており、この期間の間は違約金なしで解約OK。

返却手数料1,100円+送料はかかりますが、お試し後に高額な違約金がかからないのはメリットです。

CHECK!

MUGEN WiFi公式サイトへ

縛りなしWiFi

縛りなしWiFi

料金プラン

縛りなしプラン 1年縛っちゃうプラン 3年縛っちゃうプラン
月額料金
(40GB)
3,366円 3,190円 2,926円
月額料金
(50GB)
3,575円 3,278円 3,025円
月額料金
(60GB)
3,630円 3,300円 3,080円
事務手数料 3,300円 
契約期間 なし 1年 3年
違約金 なし 5,500円
※更新月は0円
 10,450円~33,000円
※更新月は0円

契約縛りなしでポケットWi-Fiを使いたい人におすすめなのが縛りなしWiFiです。

最大の特徴は契約縛り・違約金が一切ない縛りなしプランです。最低1ヶ月利用すれば、以降は自由に解約できます。

月額料金も40GB/月で3,366円とリーズナブルです。

契約縛りを気にしないなら縛っちゃうプランも検討しましょう。1年または3年契約となりますが、月額料金は縛りなしプランよりさらに安くなります。

CHECK!

縛りなしWiFiの公式サイトへ

まとめ

WiMAXは地下鉄でも使えます。国内の主要な地下鉄の駅ではWiMAX回線の整備が進んでおり、ホームにいる間の使い勝手は地上とほとんど変わりません。

ただし、走行中の電車内だと繋がりにくいです。トンネル走行中は圏外になることもあります。

地下鉄で繋がらなくなった時はプラスエリアモードを使いましょう。au回線を利用するので地下鉄でも繋がりやすいです。

また、地下鉄でネットを使うことが多い人はクラウドWiFiも検討するといいでしょう。

WiMAXより速度は劣りますが、ホームにいる間も電車に乗っている間も快適にインターネットを使えますよ。

最安でWiMAXを契約できる窓口▼