WiMAXでPS5はプレイできる?快適に楽しむコツから注意点まで徹底解説

WiMAXはPS5でプレイできる?

「PS5のネット環境が欲しいけど、WiMAXでも大丈夫・・?」

自宅の固定回線代わりにも使えるWiMAX、PS5も楽しめるのか気になるところです。

結論から言うと、WiMAXでもPS5のプレイは可能通信で速度も十分です。できれば、WiMAXで有線接続の通信環境も整えられると完璧です。

ただし、ラグが許されないFPSや格闘ゲームでは、 WiMAXだと向かないケースもあり。こだわりがあるなら、素直に光回線を選ぶべきでしょう。

この記事では、WiMAXでPS5をプレイするコツと注意点について詳しく解説していきます。

WiMAXでPS5はプレイできる?

WiMAXでもPS5のプレイは可能です。通信速度は問題ありません。

PS5は、FPSや格闘ゲームのようにシビアなゲームでなければ10Mbps以上の速度が出ていればOK。

WiMAXは最大通信速度が1.2Gbpsまで向上しており、通信環境が悪くなければ実効値で10Mbps以上が出ます。

容量が大きいゲームのダウンロード・アップデートにはやや時間がかかりますが、ゲームプレイには大きな支障はありません。

最安でWiMAXを契約できる窓口▼

WiMAXで快適にPS5を楽しむコツ

WiMAXでも十分PS5をプレイできますが、やはり無線接続だと安定感に欠けます。WiMAXは建物の構造や天候など、さまざまな要因で通信速度が変動します。

そのため、快適にゲームを楽しみたいなら有線接続がおすすめ。料金プランは、ギガ放題プラスを選ぶべきです。

WiMAXで快適にPS5を楽しむコツ
  • ホームルーターで契約する
  • クレードルを使って有線接続にする
  • ギガ放題プランを選ぶ

ホームルーターで契約する

WiMAXのルーターは大きく分けて、

  • モバイルルーター
  • ホームルーター

の2種類があります。WiMAXでPS5を快適にプレイしたいなら据え置き型のホームルーターがおすすめです。

モバイルルーターとホームルーターの違い

モバイルルーター ホームルーター
持ち運び ×
通信の安定性
同時接続台数
(端末の種類による)
10~16台 20~40台
有線接続 ×
(クレードルなら可)
電源 バッテリー ACアダプタ

ホームルーターは持ち運びができませんが、アンテナ性能が良くモバイルルーターと比べて安定性に優れています。さらに有線接続対応なので、PS5とLANケーブルで接続可能です。

有線接続なら無線接続よりも通信が安定します。

端末はSpeed Wi-Fi HOME 5G L12がおすすめ

おすすめのWiMAXホームルーターは、Speed Wi-Fi HOME 5G L12です。

HOME 5G L12のスペック

HOME-5G-L1

サイズ 約W101×H179×D99mm
重量 約446g
最大通信速度 2.7Gbps
有線LANポート あり
最大同時接続台数 20台

着目したいのは、5G対応の圧倒的な速度。前機種と比べて速度が約3倍にアップしました。

やや重いのですが、そもそもホームルーターは持ち運びをしないので気にすることはありません。

クレードルを使って有線接続にする

速度が安定する有線接続にしたいけど、外でもWiMAXを利用したい・・といった場合は、モバイルルーター+クレードルの組み合わせがおすすめです。

外ではモバイルルーターとして利用し、自宅では有線接続OK。

クレードルはスタンド型の充電器で、モバイルルーターを立て掛けるだけで充電できます。LANポートを備えているため、PS5との有線接続が可能です。

クレードル

クレードル

モバイルルーターもホームルーターと同じく5G通信に対応しています。注意点として、WiMAX端末(本体)に加えてクレードルを別途購入する必要があります。

最新のギガ放題プランを選ぶ

現在、WiMAXの最新プランはギガ放題プラスとなっています。こちらワンプランで、3日で15GBを超えない範囲ならデータ使い放題です。

注意点として、現行のWiMAX +5Gではなく、以前のWiMAX 2+ の場合はギガ放題と7GBにプランが分かれます。また、速度制限の条件は3日で10GBです。

これからWiMAXに契約する方は気にしなくて構いませんが、もし旧プランを利用中ならWiMAX +5Gのギガ放題プラスを選びましょう。

最安でWiMAXを契約できるのはGMOとくとくBB

WiMAXは、どのプロバイダを使っても通信速度・対応エリアは変わりません(本家のUQ WiMAXと同じ)。そのため、シンプルに料金の安さで選ぶのがベストです。

以下、WiMAXの主要プロバイダの実質料金(月額料金・初期費用・端末代の合計額にキャンペーンの割引を引いた金額)を比較してみました。

WiMAXの料金比較

プロバイダ名 実質月額
GMOとくとくBB 4,094円
カシモ WiMAX 4,462円
Broad WiMAX 4,449円
BIGLOBE WiMAX 5,114円
UQ WiMAX 5,145円

ご覧の通り、最安値はGMOとくとくBBです。プロバイダを経由しないWiMAX本家(UQ WiMAX)とは、実に1300円もの差(年間15000円以上)があります。

GMOとくとくBBのキャッシュバック特典

キャッシュバック特典あり

GMOとくとくBBでは月額割引とキャッシュバックのW特典を受け取れます。

キャッシュバックの受け取り条件は、専用ページから申し込むだけ。さらに、UQ WiMAXから申し込むと必要になる端末代金も、GMOとくとくBBならかかりません。

最安でWiMAXを契約できる窓口▼

注意:大容量データをダウンロード(アップデート)すると速度制限にかかる

WiMAXでPS5をプレイする際は、大容量データのダウンロードに注意してください。

ギガ放題プランはデータ無制限ですが、直近3日間で15GB以上のデータを消費すると一時的に速度制限がかかります。

容量の大きいゲームは、ダウンロードおよびアップデートで数GB~数十GBのデータ容量が消費されます。そのため、1回のダウンロードで速度制限にかかることも多いです。

また、PS5は本体のアップデートでもデータ容量を消費します。本体のアップデート容量は数百MBの場合が多いのですが、大型アップデートだと数GB単位になることも。

速度制限後でも1Mbpsの速度が出るので軽いゲームなら問題ありませんが、ゲームのダウンロード・アップデートには時間がかかります。

頻繁にゲームをダウンロード購入する、あるいはアップデートが多いオンラインゲームをプレイするなら、WiMAXではなく光回線の導入も検討しましょう。

ラグが許されないFPS・格闘ゲームには光回線がおすすめ

WiMAXでもPS5はプレイできます。しかし、FPSや格闘ゲームなどラグが許されないゲームは光回線がおすすめです。

安定感やping値、速度制限の条件などで光回線に分があります。

WiMAX・光回線のゲーム環境の違い

WiMAX 光回線
月額料金 4,000円前後 5,000円前後
最大通信速度 440Mbps~1Gbps 1~10Gbps
安定感 低い 高い
ping値 高い 低い
速度制限 直近3日間で15GB なし
オンライン(FPS/格ゲー以外)
オンライン(FPS/格ゲー)
ゲームの
ダウンロード/アップデート

月額料金はWiMAXに少しだけ分があります。最大通信速度は光回線が速いですが、これはあくまでも理論値。

電波の状況が良ければ、WiMAXと光回線(無線)の実行速度に大きな差はありません。

大きな差があるのは、

  • 安定感
  • ping値
  • 速度制限

の3つです。安定感は光ケーブルで接続する光回線が圧倒的、ping値もWiMAXと比べると光回線のほうがが低い傾向にあります。

軽いゲームならそこまで違いは感じませんが、人が多く集まるオンラインゲームや、ラグが発生しやすいFPS/格闘ゲームでは大きな差が生まれます。

さらに、光回線には速度制限がありません(厳密には極端すぎる通信に対して制限が設けられることもあるが、気にしなくていいレベル)。

速度制限を気にすることなく、大容量データのダウンロード・アップデートOK。工事が必要な光回線ですが、WiMAXとは比較にならないほど快適なゲーム環境が手に入ります。

ゲームにおすすめの光回線

  • NURO光:最速回線で最強のゲーム環境が手に入る
  • コミュファ光:東海地区限定だが抜群の安定感

まとめ

WiMAXでもPS5はプレイ可能です。ギガ放題プランならデータ無制限。

ホームルーターやクレードルを活用すれば有線接続もできます。ただし、安定感やping値は光回線に敵いません。

ダウンロード版のゲームを頻繁に買う人や、ラグが許されないFPSや格闘ゲームをプレイする人は光回線を検討しましょう。

逆に言えば軽いゲームが中心ならWiMAXでもPS5を十分に楽しめますよ。

最安でWiMAXを契約できる窓口▼