WiMAXは田舎で繋がるの?【ピンポイントでエリア判定ができる】

WiMAXは田舎で繋がるの?

「WiMAXを使いたいけど、田舎に住んでいるから繋がるか心配・・」

以前のWiMAXは対応エリアが狭く、田舎や山間部では確かに繋がりにくかったです。しかし最近では、対応エリアが拡大して田舎でもWiMAXを利用できる場所が増えてきました。

それでも都市部と比べると繋がりにくい場所が多いのも事実。田舎・地方に住んでいる方は、WiMAXを契約する前に対応エリアをチェックすることをおすすめします。

なお、契約から8日間は無料でキャンセルできるので、万が一繋がらなくても安心です。

この記事では田舎でもWiMAXが使えるのか徹底解説。WiMAXの対応エリアの調べ方についても説明していきます。

最安でWiMAXを契約できる窓口▼

WiMAXは田舎で繋がらない?

以前と比べて、田舎でもWiMAXエリアは随分と広がりました。お住いの地域(自宅)がエリア内かどうかは、エリア検索で確認できます。

ピンポイントでエリア検索できる

WiMAXが繋がるかどうかは検索で確認できます。まずはこちらのページにアクセスしてください。

都道府県からお住まいの地域を調べましょう。

WiMAXのエリア検索

WiMAXのエリア検索

地図の見方としては、

  • 赤色のエリア:5G(Sub6)
  • オレンジ色のエリア:5G(NR化)
  • 黄色のエリア:4G

の判定となります。自分の地域が最低でも4Gエリア内に入っているかどうかを確認してみましょう。

地図を拡大していき、色が付いていないエリアはWiMAX回線が入りません。

au回線の併用でカバー率は99%

WiMAXではWiAMX回線以外にau回線も利用可能です。WiMAX回線に加えてau回線を併用することをプラスエリアモードと言います。

au回線はWiMAXより対応エリアが広いことが特徴です。全国カバー率は99%にも及び、よほど山間部でなければ田舎でも利用できます。

ただし、au回線は月15GBの上限がある

プラスエリアモードは月15GBまでの上限が付いています。月間のデータ通信量が使い放題なのはあくまでもWiMAX回線のみ。

プラスエリアモードを月に15GB以上使うと、翌月まで速度制限がかかります。

なお、以前はプラスエリアモードで速度制限がかかれば、WiMAX回線も同時に制限対象となっていました。

しかし現在は、プラスエリアモードの速度制限はWiMAX回線には影響しないので安心して下さい。

なお、プラスエリアモードは月額1,100円のオプション料金がかかりますが、最安のWiMAXプロバイダであるGMOとくとくBBなら無料で利用できます。

最安でWiMAXを契約できる窓口▼

契約後にWiMAXが繋がらなければ無料キャンセルOK

万が一、WiMAXを契約したけど繋がらなかった場合は無料でキャンセルできます。WiMAXは通信サービスのクーリングオフとも言える初期契約解除の対象です。

契約から8日以内であれば無料でキャンセルOKです。違約金はかかりません。

WiMAXプロバイダは3年契約がメインで、更新月以外に解約すると数万円単位の違約金が発生します。

本来なら解約すると多大なコストがかかりますが、初期契約解除なら違約金がかからないので安心です。

ただし、初期契約解除を利用しても事務手数料3,300円はかかります。また、初期契約解除の申し込みは原則郵送で行うため送料がかかる可能性もあります。

初期契約解除を利用する際は、契約中のWiMAXプロバイダへ事前に問い合わせておきましょう。

最安でWiMAXを契約できる窓口▼

エリア確認の結果が不安ならTry WiMAXを試せる

WiMAXが本当に繋がるか心配なら、契約前にTry WiMAXを利用しましょう。Try WiMAXは15日間無料でWiMAXを試せるサービスで、本契約で使うWiMAX端末を借りられます。

ちゃんと電波が入るかはもちろん、通信速度や持ち運びに支障はないかなどもチェックできます。

レンタル料金は一切かかりません。エリア検索の結果が微妙だった人には、特におすすめのサービスです。

最安でWiMAXを契約できる窓口▼

プラスエリアモードが無料!田舎でも使いやすいWiMAXを選ぶならGMOとくとくBB

WiMAXは契約窓口(プロバイダ)によって受け取れる特典が異なります。結論から言うと、WiMAXの契約はGMOとくとくBBが最もおすすめです。

おすすめの理由
  • プラスエリアモードが無料
  • 全プロバイダで最安値
  • 最新端末が無料
  • 最短即日で発送
  • 運営会社が信頼できる

GMOとくとくBBならWiMAXを最安契約できる上に、プラスエリアモード(1,100円)が無料。WiMAX回線が繋がりにくいエリアに入っても、無料でau回線へ切り替えられます。

プラスエリアモードが無料

こちら通常は月額1,100円のオプションサービスなのですが、GMOとくとくBBなら36カ月もの間無料に。総額39600円分のオプション料金を浮かせることができます。

プラスエリアモードを無料で使えるので、田舎はもちろん山間部や離島に出かけるときでも安心。いつでもネットが繋がります。

全プロバイダで最安値

WiMAXは、どのプロバイダを使っても通信速度・対応エリアは変わりません(本家のUQ WiMAXと同じ)。そのため、シンプルに料金の安さで選ぶのがベストです。

以下、WiMAXの主要プロバイダの実質料金(月額料金・初期費用・端末代の合計額にキャンペーンの割引を引いた金額)を比較してみました。

WiMAXの料金比較

プロバイダ名 実質月額
GMOとくとくBB 4,094円
カシモ WiMAX 4,462円
Broad WiMAX 4,449円
BIGLOBE WiMAX 5,114円
UQ WiMAX 5,145円

ご覧の通り、最安値はGMOとくとくBBです。プロバイダを経由しないWiMAX本家(UQ WiMAX)とは、実に1300円もの差(年間15000円以上)があります。

キャッシュバックの受け取り条件は、専用ページから申し込むだけ。端末代金はかかりません。

GMOとくとくBBが安い理由はキャッシュバック&月額割引があるから

GMOとくとくBBがなぜここまで安いのかというと、キャッシュバックと月額割引の特典があるからです。


キャッシュバック特典あり

キャッシュバックは、全WiMAXプロバイダで最高の還元額です。

2022年7月現在のキャッシュバック金額

  • すべての人が対象:23,000円
  • 他社から乗り換える人:最大49,000円

さらに、GMOとくとくBBではキャッシュバックに加えて月額割引の特典も併用できます。

月額割引
  • 1か月~2カ月:5,302円→2,079円(3,233円✕2ヶ月割引)
  • 3カ月~36カ月:5,302円→4,389円(913円✕34ヶ月割引)

※総額で37,488円の月額料金

仮にキャッシュバックの受け取りを忘れてしまっても、月額割引の特典は自動適用されるので損することはありません。月額割引の適用だけでも、WiMAXを最安クラスで利用可能です。

先述した通り、WiMAXはどの契約窓口で申し込んでもサービス内容は同じです。そのため、料金の安さでGMOとくとくBBに決めてしまって問題ないありませんよ。

最新端末が無料

GMOとくとくBBでは端末代が0円です。古い機種ではなく、最新の5G対応端末を無料で手に入れることができます。

端末代0円

端末代0円

選べる機種は、モバイルルーターに加えて据え置き型のホームルーターも選択可。端末の市場価格は21780円なので、この特典だけで2万円以上も他社よりお得です。

月額料金は安く見せかけて実は端末代金がかかる・・といったWiMAXプロバイダは多数存在するので、いかにありがたい特典が分かりますね。

なお、端末の発送時は送料がかかりません。初期費用を抑えつつ、WiMAXの利用を開始できます。

最短即日で発送

GMOとくとくBBは申し込んでから最短即日で発送してくれます。早ければ申し込んだ翌日に受け取ることも可能。

WiMAXは工事不要なので、端末が到着したらすぐに使えます。テレワークなどで急いでインターネット回線が必要な人には嬉しいポイントです。

即日発送の条件
14:00までに申し込みを完了(土日祝でもOK)

端末を即日発送してもらうには14:00までに申し込みを完了させる必要があります。平日はもちろん、土日祝日でも即日発送対応です。

運営会社が信頼できる

GMOとくとくBBは東証一部に上場している「GMOインターネット株式会社」が運営しています。フレッツ光やドコモ光などのネット回線も取り扱っており、知名度も抜群です。

長年に渡ってさまざまなインターネットサービスを運営しており、信頼性はWiMAXプロバイダの中でもトップクラス。安心してサービスを利用できます。

MEMO
資金の乏しいマイナー会社にありがちな突然のサービス停止リスクが低い
最安でWiMAXを契約できる窓口▼

WiMAXがエリア外なら別のポケットWi-Fiを代用しよう

WiMAXがエリア外の場合は別のポケットWi-Fiで代用できます。おすすめは大手キャリア(ドコモ/au/ソフトバンク)の回線を利用するクラウドWi-Fi系のポケットWi-Fiサービスです。

WiMAXより少し速度が落ちますが、人口カバー率は99%を誇っており田舎でも快適に使用できます。中でもおすすめは大容量かつ格安の、

  • MUGEN WiFi
  • 縛りなしWiFi

です。

MUGEN WiFi

MUGEN WiFiのサービス内容

料金プラン

データ容量 100GB/月
月額料金 3,438円
事務手数料 3,300円
契約期間 2年(自動更新なし)
違約金 1年未満:9,900円
1~2年未満:5,500円
更新月以降:0円

MUGEN WiFiは格安料金で100GBのデータ容量を利用できます。月額料金は3,4380円の定額料金で、途中で高くなることはありません。

使用できるデータ容量は100GB/月です。

直近3日間の制限がないので、データ通信を思う存分使えます。また、最初の30日がお試し期間となっており、この期間の間は違約金なしで解約OK。

返却手数料1,100円+送料はかかりますが、お試し後に高額な違約金がかからないのはメリットです。

CHECK!

MUGEN WiFi公式サイトへ

縛りなしWiFi

縛りなしWiFi

料金プラン

縛りなしプラン 1年縛っちゃうプラン 3年縛っちゃうプラン
月額料金
(40GB)
3,366円 3,190円 2,926円
月額料金
(50GB)
3,575円 3,278円 3,025円
月額料金
(60GB)
3,630円 3,300円 3,080円
事務手数料 3,300円 
契約期間 なし 1年 3年
違約金 なし 5,500円
※更新月は0円
 10,450円~33,000円
※更新月は0円

契約縛りなしでポケットWi-Fiを使いたい人におすすめなのが縛りなしWiFiです。

最大の特徴は契約縛り・違約金が一切ない縛りなしプランです。最低1ヶ月利用すれば、以降は自由に解約できます。

月額料金も40GB/月で3,366円とリーズナブルです。

契約縛りを気にしないなら縛っちゃうプランも検討しましょう。1年または3年契約となりますが、月額料金は縛りなしプランよりさらに安くなります。

CHECK!

縛りなしWiFiの公式サイトへ

まとめ

WiMAXは以前よりも対応エリアが拡大しており、現在は田舎でも利用できます。ただし都市部よりはエリアが狭いため、契約前の対応エリアチェックは欠かせません。

WiMAXはエリア検索を利用することで、対応エリアを細かくチェックできます。田舎でWiMAXを利用する予定なら、事前に確認しておきましょう。

どうしても心配なら、Try WiMAXで実際の使い勝手を試してみるのもありですよ。あるいは、クラウドWiFi系のポケットWi-Fiも検討するといいでしょう。

最安でWiMAXを契約できる窓口▼