【2022年版】縛りなしWiFiの評判や口コミは悪い?メリット・デメリットを完全評価

縛りなしWiFi

「縛りなしWiFiが気になるけど、実際どうなの・・?」

一度聞いたら名前を忘れない「縛りなしWiFi」。契約縛り無し&格安料金が魅力のポケットWi-Fiです。

ただし、安さゆえのデメリットもあるため注意したいところ。やはり契約すべきサービスなのか、評判や口コミを調べておきたいですよね。

そこでこの記事では、縛りなしWiFiについて、メリット・デメリットを徹底解説。評判を十分に考慮した上で、最終的におすすめできる人・できない人をまとめています。

ぜひ、参考にして下さいね。

\違約金・契約期間なし/

縛りなしWiFiとは?

縛りなしWiFi

縛りなしWiFiは、株式会社LINKが提供するポケットWi-Fiサービスです。その名の通り契約縛り無しでポケットWi-Fiをレンタルできるのが最大の特徴となっています。

ポケットWi-Fiを利用する際にストレスとなる違約金はなしで契約OK。さらに、月額料金が最安水準です。

もちろん、安さを実現するためにいくつかのデメリットはあります。

利用する端末が選べない、ギガプランは速度制限ルールがあるといったことなど注意が必要です(デメリットについて詳しくは後述)。

その他、国内専用のサービスなので海外で利用できない点にも要注意。

縛りなしWiFiにはいくつかデメリットはありますが、許容できるのであれば利用価値があります。特に、短期で使うレンタルWi-Fiとしてなら使い勝手はバッチリです。

基本情報

サービス名 縛りなしWiFi
支払い方法 クレジットカード
口座振替
主なオプション 安心サポートプラン
モバイルバッテリー
データ容量 40~60GB
端末 選択不可
最大通信速度 端末による
同時接続台数 端末による
回線 ソフトバンク
海外利用 不可
運営会社 株式会社LINK
\違約金・契約期間なし/

縛りなしWiFiの料金プラン

縛りなしWiFiのプランを簡単に説明すると、

  • 契約縛りや違約金の無い「縛りなしプラン」
  • 契約期間内に解約すると違約金があるけど安い「縛っちゃうプラン」

に分かれます。詳しいプラン内容は以下の通りです。

料金プラン

縛りなしプラン 1年縛っちゃうプラン 3年縛っちゃうプラン
スタンダードプラン
(40GB)
3,366円 3,190円 2,926円
メガプラン
(50GB)
3,575円 3,278円 3,025円
ギガプラン
(60GB)
3,630円 3,300円 3,080円
事務手数料 3,300円 
契約期間 なし 1年 3年
違約金 なし 5,500円
※更新月は0円
 10,450円~33,000円
※更新月は0円

縛りなしWiFiで選べるデータ容量は40~60GBです。縛りなしプランなら契約期間が決まっていないので、旅行・入院・引っ越し時など一時的な利用に向いています。

1年縛っちゃうプランと3年縛っちゃうプランは契約期間が発生する代わりに、月額料金が安くなります。日常的にポケットWi-Fiを利用するなら、こちらの縛りありの方がお得です。

なお、縛りなしWiFiはどのプランもレンタル契約(端末を購入しない)となります。そのため、解約後に端末代金の残債を請求される心配はありません。

\違約金・契約期間なし/

評判・口コミから分かる縛りなしWiFiのデメリット

デメリット
  1. 違約金なしで解約できる
  2. 月額料金が安い
  3. 田舎でも回線が繋がる
  4. 発送スピードが速い

端末を選べない

縛りなしWiFiは、コスト削減の一環として端末の選択ができません。どの端末を利用できるかはランダムです。

すべて同じくらいの性能なら良かったのですが、縛りなしWiFiの端末はやや古い端末も含まれます。在庫状況によっては、新しい端末を使えないので注意して下さい。

どの端末でも最大速度はあまり変わらない

使い勝手はさておき、通信速度についてはどの端末でもあまり変わりません。縛りなしWiFiの実効速度は、およそ28Mbpsです。

縛りなしwifiの速度

縛りなしWiFiの実効速度

仮に最大1Gbpsの最新端末を使ったとしても、縛りなしWi-Fiで使用するソフトバンク回線の仕様上、理論値通りの速度が出ることはまずありません。

どの端末を使っても、速度はおよそ15~45Mbps程度に収まります。

ギガプランは1日2GBまでの制限がある

月間60GBを使用できるギガプランは、1日2GBを超えると速度制限にかかります。制限される期間は当日限りです。

1日2GBはなかなか使い切れるデータ容量ではありませんが、オンラインゲームのアップデートや大型動画ファイルのダウンロードを行えば、すぐに容量に達してしまいます。

また、月60GBを無駄なく使いきるなら1日2GB×30日を使用することになるため、やや厳しい速度制限ルールと言えるでしょう。

なお、スタンダードプラン(40GB/月)とメガプラン(50GB/月)は1日あたりの速度制限ルールはありません。

3日間の速度制限はなし

ポケットWi-Fiでは3日間で一定以上のデータ通信を使うと一時的に速度制限されるのが一般的です。

例えば月間のデータ容量が無制限のWiMAXでは直近3日間で15GB以上のデータ通信を使うと一時的に制限されます。

縛りなしWiFiにはこのような3日間の速度制限は設定されていません。基本データ容量を越えない限りは思う存分データ通信を使えますよ。

口座振替払いは月額330円の手数料が発生する

以前の縛りなしWiFiでは、クレジットカード払いしか選べませんでした。そのため、口座振替に対応したこと自体はメリットです。

しかしながら、縛りなしWiFiの口座振替は手数料が高いです。毎月、口座決済手数料として330円が請求されます。

仮に縛りなしプラン 40GBに契約したら3,366円に330円を加えて、毎月のコストは3,690円に。できれば手数料は200円以下に抑えてほしかったですね。

ちなみに、口座振替対応のポケットWi-Fi自体少数派なので、手数料がかかるとはいえ口座振替対応にこだわるなら契約はありだと思います。

サポートが追いついていない

縛りなしWiFiは、サポート対応に対する悪評がいくつか見られました。これは致命的なデメリットです。

サービス開始当初は、「縛りなし」の切り口が功を奏し多くのユーザーが殺到。その結果、サポートに手が回らなくなったようです。

運営側も反省しており、今後人員を増加するとの発表を行っています。

最近は改善傾向

現在の縛りなしWiFiは、以前と運営会社が代わりサポート体制は随分と安定してきています。ポケットWi-Fiサービスが乱立されてユーザーが分散したのも理由の一つでしょう。

過度な期待をしなければ縛りなしWiFiのサポート体制は必要十分なレベルに回復しています。

\違約金・契約期間なし/

評判・口コミから分かる縛りなしWiFiのメリット

メリット
  1. 端末を選べない
  2. ギガプランは1日2GBまでの制限がある
  3. 口座振替払いは月額330円の手数料が発生する
  4. サポートが追いついていない

違約金なしで解約できる

縛りなしWiFiの最大のメリットとなるのが違約金なしで契約できること。

例えば利用シーンとして、

  • 海外から一時帰国する
  • 光回線が開通するまでの間使いたい
  • 国内旅行のときに使いたい
  • ときどき外仕事したい
  • 入院中のネット環境が欲しい

といった用途に便利です。通常のポケットWi-Fiは2~3年の契約縛り&違約金が通例なので契約に躊躇します。

人気のポケットWi-Fiサービス「WiMAX」であれば、3年契約が基本です。一方、縛りなしWiFiなら好きな期間だけ自由にポケットWi-Fiをレンタルできます。

端末代金がかからない(レンタル契約)のも、手軽に申し込める利点と言えるでしょう。

月額料金が安い

縛りなしWiFiの魅力として外せないのが料金。縛りなしWiFiと比較されやすい他のポケットWi-Fiと月額料金を比較してみましょう。

主なポケットWi-Fiの料金比較

月額料金 データ容量 契約期間 違約金
縛りなしWiFi 3,366円 40GB なし なし
Mugen WiFi 3,438円 100GB 2年 最大9,900円
FUJI WiFi 3,410円 30GB なし なし
THE WiFi 3,828円 100GB 2年 10,780円
カシモWiMAX 4,455円 無制限※ 3年 最大20,900円
Broad WiMAX 4,708円 無制限※ 3年 最大20,900円

※1日15GBを超えると制限あり

ご覧の通り、縛りなしWiFiは最安級の安さです。しかしながら、公平に評価するなら100GBを3,438円で使えるMugen WiFiの方が割安と言えるでしょう。

とは言え、縛りなしWiFiは契約期間や違約金なしで申し込める手軽さが魅力です。

そう考えると、実質最安値ではないかもしれませんが、違約金を含めたトータルの費用ではお得感があります。

田舎でも回線が繋がる

縛りなしWiFiでは、ソフトバンク回線を利用しています。通信エリアはソフトバンクと同じなので、カバーエリアは非常に広いです。

人口エリア99%を誇るため、田舎・地方はもちろん、山間部でもほとんどの箇所で電波が届きます。

参考までに、WiMAX建物の回り込みにやや弱いです。過去にWiMAXが繋がりにくかった経験がある人は、縛りなしWiFiを試す価値があるでしょう。

発送スピードが速い

縛りなしWiFiは発送スピードが非常に早いです。今すぐネット環境が欲しい方には大助かりですね。

発送業者は佐川急便なので、多くの地域で2日以内に届きます。

縛りなしWiFiでは14時までに申し込めば、翌日発送に。最短で2日後には端末を受け取ることが可能です。

以下、発送完了から到着するまでの期間目安です。

到着日の目安

  • 翌日:関東・東北・中部・近畿
  • 2日後:中国・四国・九州・北海道・青森
  • 4日後:沖縄

沖縄はやや時間がかかりますが、他の地域は早いですね。九州や北海道でも離島を除けば2日後には到着します。

\違約金・契約期間なし/

【総合評価】縛りなしWiFiがおすすめな人・おすすめでない人

これまでの評判やメリット・デメリットから、縛りなしWiFiをおすすめできる人・できない人を以下にまとめました。

おすすめな人

  • 短期でポケットWi-Fiをレンタルしたい
  • 違約金なしのポケットWi-Fiを探している
  • 今すぐネット環境を整えたい
  • とにかく安さを求めたい

 

おすすめでない人

  • 好きな端末を選びたい
  • ポケットWi-Fiを長く使いたい
  • 多少高くても速度を重視する
  • しっかりとしたサポートを重視する

縛りなしWiFiは、短期でネットを使いたい人におすすめです。利用シーンとしては、光回線が開通するまでの繋ぎ・短期の単身赴任・国内旅行に出かけるといったときが最適です。

正直なところ、速度やサポートは普通レベルですし端末を選べないデメリットもあります。ですが、スペックにはこだわらないから今すぐネット環境が欲しい・・という人にはピッタリです。

違約金がないため、短期間だけど具体的にポケットWi-Fiを使う日数は分からない人にも向いています。

\違約金・契約期間なし/

長期的にWi-Fi環境を整えたいならWiMAX

縛りなしWiFiは契約縛りがないので短期間だけ利用したい人に向いています。一方、長期的にWi-Fi環境を整えたい場合はWiMAXがおすすめです。

WiMAXの多くは2~3年の契約縛りがあるため短期間だけ使いたい人には向きません。その代わりに通信速度は縛りなしWiFiよりも速く、月間のデータ容量も無制限です。

長期間に渡って安定したサービスを提供している実績もあるので、安心して利用できますよ。

キャッシュバックや月額料金割引をはじめとするお得なキャンペーンも頻繁に実施しており、プロバイダによっては縛りなしWiFiより安く利用することも可能です。

WiMAXを最安で申し込める契約窓口「GMOとくとくBB」

まとめ

縛りなしWiFiは、何といっても契約縛りがないことが一番の魅力。短期でポケットWi-Fiをレンタルするにはもってこいです。

また、月額料金が格安なので、とりあえず安くネット環境を整えたい方にもピッタリです。

ただし、端末が選べないなど安さゆえにいくつかデメリットがあることも覚えておきましょう。デメリットに許容できるのであれば、十分に利用価値のあるサービスですよ。

メリット
  1. 端末を選べない
  2. ギガプランは1日2GBまでの制限がある
  3. 口座振替払いは月額330円の手数料が発生する
  4. サポートが追いついていない
デメリット
  1. 違約金なしで解約できる
  2. 月額料金が安い
  3. 田舎でも回線が繋がる
  4. 発送スピードが速い
\違約金・契約期間なし/