後悔する前に!GMOとくとくBB WiMAXの評判やデメリットを徹底解説【2022年版】

GMOとくとくBB  評判やデメリットはどう?

「GMOとくとくBB WiMAXの評判が気になるけど、どうなの・・?」

GMOとくとくBB WiMAXはさまざまなインターネット事業を手掛けるGMOグループのWiMAXプロバイダです。

高額なキャッシュバックをもらえるのが最大の特徴。実質月額料金は、数あるWiMAXプロバイダの中でも最安を誇ります。

しかしながら、気になるのがやはりデメリット。何か罠となる契約条件がないのか勘ぐりますよね。

そこで今回は、GMOとくとくBBの評判を徹底考察。デメリットを中心に詳しく調査してみました。

GMOとくとくBBの評判・口コミやデメリットが気になる方は、ぜひ参考にしてくださいね。

GMOとくとくBB 公式サイトへ 

GMOとくとくBB WiMAXとは?

GMOとくとくBB WiMAXとは、GMOが提供するWiMAXプロバイダです。全WiMAXプロバイダの中で屈指の人気を誇っており、最もお得な契約窓口として有名です。

通信回線は最新のWiMAX+5Gに対応しており、下り最高速度は2.7Gbpsとなっています。データ容量は、無制限で使い放題です。

通信速度は、本家のUQ WiMAXと同等のスピードが出るため安心してください。

GMOとくとくBBの基本情報

月額料金 1~2ヶ月目:2,079円
3〜36ヶ月目:4,389円
37ヶ月目~:4,444円
実質月額料金 4,094円
端末代金 無料
特典 ・キャッシュバック
・月額割引
契約期間 3年
違約金 0~20,900円
初月の日割り あり
契約事務手数料 3,300円
回線 WiMAX
発送スピード 最短当日
支払い方法 クレジットカード
データ容量 無制限
プラスエリアモード 対応(無料)
運営元 GMOインターネット株式会社

評判・口コミから分かるGMOとくとくBB WiMAXのデメリット

デメリット
  1. キャッシュバック受け取りを忘れやすい
  2. 解約時に違約金がかかる
  3. 3日間で15GBを超えれば速度制限
  4. 支払方法がクレジットカード払いのみ

キャッシュバック受け取りを忘れやすい

GMOとくとくBBの悪評のほとんどを占めるのがこちらのデメリット。GMOとくとくBBはキャッシュバック特典があるのですが、

  • 申し込みから11カ月後に申請メールが届く
  • GMOのメールアドレス宛に案内が届く

の2点が受け取りを難しくしています。GMO側のキャッシュバックの受け取り忘れを狙ったかのような悪条件です。

2点目のGMOのメールアドレスについては、GMOとくとくBB WiMAXに申し込んだあと付与される新規のメールアドレスのことです。

普段お使いのメールアドレスではなく、GMOのメールアドレスに案内メールが届くため受け取り忘れする人が続出しています。

キャッシュバックを受け取る手順

  1. 申し込みから11ヶ月目にキャッシュバック案内メールが届く
  2. 振込先の口座情報を登録する
  3. 翌月末日にキャッシュバックが振り込まれる

確実にキャッシュバックを受け取る方法

GMOとくとくBBから確実にキャッシュバックを受け取るには、メール転送&スマホのリマインダー機能を活用すべきです。

メール転送の手順

  1. BB navi(マイページ)にアクセス
  2. 「メールの転送設定」をタップ
  3. 転送先のメールを入力

上記の手順で、GMOとくとくBBのマイページ(BB navi)から普段お使いのGmailやYahoo!メールなどに転送をかけることができます。

リマインダーは、

  • AndroidはGoogleカレンダー
  • iPhoneは標準リマインダー

がおすすめです。Googleカレンダーは、未来の日付に予定を入力してリマインダーをタップすればOK。

Googleカレンダーのリマインド

Googloeカレンダー

iPhoneは標準搭載のリマインダーを立ち上げて、予定日を入力するだけです。

iPhoneのリマインド

iPhoneのリマインダー

これでキャッシュバックの受け取り忘れは99%防げます。

最悪キャッシュバックを受け取れなくても月額割引で最安値

GMOとくとくBBは、キャッシュバックの他にもう一つの特典である月額割引が申請無しで自動適用されます。

こちらの特典により、不覚にもキャッシュバックを受け取り忘れた場合でも、GMOとくとくBBは全WiMAXプロバイダの中で最安値です。

キャッシュバック受け取り忘れでも最安

プロバイダ名 実質月額
GMOとくとくBB
※キャッシュバック受け取り忘れ
4,433円
カシモ WiMAX 4,462円
Broad WiMAX 4,449円
BIGLOBE WiMAX 5,114円
UQ WiMAX 5,145円

もちろん受け取り忘れしないことが一番ですが、仮に忘れても大損することはないので安心して下さい。

GMOとくとくBBの最新キャンペーンを見る

解約時に違約金がかかる

GMOとくとくBBでは、3年以内に解約すると以下の違約金が発生します。

違約金
  • 12カ月以内に解約:20900円
  • 13~24カ月以内に解約:15400円
  • 25ヶ月目以降に解約:10450円

契約期間は、自動更新ありの3年間です。いわゆる3年縛りですが、この条件は他のWiMAXプロバイダにも当てはまります。

なお、GMOとくとくBBでは13000円のキャッシュバックを受け取れるので、25カ月以降に解約するなら違約金は相殺できます。

契約更新月のタイミングなら違約金無し

GMOとくとくBBでは、3年目のタイミングで契約更新月を迎えます。

GMOとくとくBBの違約金ルール

違約金ルール

このタイミングで解約するなら、違約金はかかりません。

3日間で15GBを超えれば速度制限

【追記】

2022年2月より「3日で15GBを超えれば速度制限」の条件は撤廃されました

GMOとくとくBBでは3日間で15GB以上のデータ通信を利用すると、一時的に速度制限がかかります。

こちらもGMOとくとくBB特有ではなく、すべてのWiMAXプロバイダに共通のデメリットです。

具体的には、直近3日間で15GB以上利用すると「3日で10GBを超えた翌日の18時頃~翌2時頃」まで速度制限されます。

制限後の速度ですが約1Mbpsなので、そこまで遅くはありません(動画も再生可)。

3日で15GBの基準ですが、大容量ファイルを大量ダウンロードするなど極端な使い方をしなければまず超えません。

ちなみに、2020年以前は3日で10GBまでだったので、速度制限のルールは緩和されています。

支払方法がクレジットカード払いのみ

GMOとくとくBBの支払い方法はクレジットカード払いのみです。口座振替が利用できないので、クレジットカードを持っていない人は申し込めません。

デビットカードも原則利用不可なので注意して下さい。

口座振替を希望するなら別のWiMAXを選ぼう

現在、口座振替を利用できるおすすめWiMAXは、以下の2つです。

口座振替対応

短期間(1〜2年)の利用なら、BIGLOBE WiMAXが最安です。3年以上の長期契約なら、Broad WiMAXが最安となります。

評判・口コミから分かるGMOとくとくBB WiMAXのメリット

GMOとくとくBBのメリットは以下の通りです。

メリット
  1. 全プロバイダで最安値
  2. 最新端末が無料
  3. 最短即日で発送
  4. プラスエリアモードが無料
  5. 運営会社が信頼できる

それぞれ詳しく見ていきましょう。

全プロバイダで最安値

WiMAXは、どのプロバイダを使っても通信速度・対応エリアは変わりません(本家のUQ WiMAXと同じ)。そのため、シンプルに料金の安さで選ぶのがベストです。

以下、WiMAXの主要プロバイダの実質料金(月額料金・初期費用・端末代の合計額にキャンペーンの割引を引いた3年総額から1ヶ月分の月額料金を算出)を比較してみました。

WiMAXの料金比較

プロバイダ名 実質月額
GMOとくとくBB 4,033円
カシモ WiMAX 4,462円
Broad WiMAX 4,449円
BIGLOBE WiMAX 5,114円
UQ WiMAX 5,145円

ご覧の通り、最安値はGMOとくとくBBです。プロバイダを経由しないWiMAX本家(UQ WiMAX)とは、実に1,000円以上もの差があります。

キャッシュバックの受け取り条件は、専用ページから申し込むだけ。端末代金はかかりません。

GMOとくとくBBが安い理由はキャッシュバック&月額割引があるから

GMOとくとくBBがなぜここまで安いのかというと、キャッシュバックと月額割引の特典があるからです。

キャッシュバック特典の詳細へ▼

キャッシュバックは、全WiMAXプロバイダで最高の還元額です。

2022年5月現在のキャッシュバック金額

  • すべての人が対象:14,000円
  • 他社から乗り換える人:23,000円

さらに、GMOとくとくBBではキャッシュバックに加えて月額割引の特典も併用できます。

月額割引
  • 1か月~2カ月:5,302円→2,079円(3,233円✕2ヶ月割引)
  • 3カ月~36カ月:5,302円→4,389円(913円✕34ヶ月割引)

※総額で37,488円の月額料金

仮にキャッシュバックの受け取りを忘れてしまっても、月額割引の特典は自動適用されるので損することはありません。月額割引の適用だけでも、WiMAXを最安クラスで利用可能です。

先述した通り、WiMAXはどの契約窓口で申し込んでもサービス内容は同じです。そのため、料金の安さでGMOとくとくBBに決めてしまって問題ないありませんよ。

最新端末が無料

GMOとくとくBBでは端末代が0円です。古い機種ではなく、最新の5G対応端末を無料で手に入れることができます。

端末代0円

端末代0円

選べる機種は、モバイルルーターに加えて据え置き型のホームルーターも選択可。端末の市場価格は21,780円なので、この特典だけで2万円以上も他社よりお得です。

月額料金は安く見せかけて実は端末代金がかかる・・といったWiMAXプロバイダは多数存在するので、いかにありがたい特典が分かりますね。

なお、端末の発送時は送料がかかりません。初期費用を抑えつつ、WiMAXの利用を開始できます。

最短即日で発送

GMOとくとくBBは申し込んでから最短即日で発送してくれます。早ければ申し込んだ翌日に受け取ることも可能。

WiMAXは工事不要なので、端末が到着したらすぐに使えます。テレワークなどで急いでインターネット回線が必要な人には嬉しいポイントです。

即日発送の条件
14:00までに申し込みを完了(土日祝でもOK)

端末を即日発送してもらうには14:00までに申し込みを完了させる必要があります。平日はもちろん、土日祝日でも即日発送対応です。

プラスエリアモードが無料

WiMAXを使う上で心配となるのがエリアですよね。WiMAX回線は稀に通信環境の影響で突然繋がりにくくなることがあります。

そんなとき役立つのがプラスエリアモード。プラスエリアモードとは、au回線(4G/5G)で接続できるサービスのことで、WiMAX回線が繋がらないときに重宝します。

こちら通常は月額1,100円のオプションサービスなのですが、GMOとくとくBBなら36カ月もの間無料に。総額39,600円分のオプション料金を浮かせることができます。

プラスエリアモードを無料で使えるので、山間部や離島に出かけるときでも安心。いつでもネットが繋がります。

運営会社が信頼できる

GMOとくとくBBは東証一部に上場している「GMOインターネット株式会社」が運営しています。フレッツ光やドコモ光などのネット回線も取り扱っており、知名度も抜群です。

長年に渡ってさまざまなインターネットサービスを運営しており、信頼性はWiMAXプロバイダの中でもトップクラス。安心してサービスを利用できます。

MEMO
資金の乏しいマイナー会社にありがちな突然のサービス停止リスクが低い
限定キャッシュバック・月額割引・端末代0円の最安プロバイダ▼

【総合評価】GMOとくとくBBは一番お得なWiMAXプロバイダ

GMOとくとくBBは、全WiMAXプロバイダで最高クラスにおすすめです。その理由は以下の通り。

おすすめの理由

  • 最安値でWiMAXを利用できる
  • 発送スピードが早い
  • 通信速度が速い

何と言って最安でWiMAXを使えるのが魅力です。WiMAXはどのプロバイダを選んでも通信品質やエリアは変わらないので、安さだけで選んでしまって問題ありません。

GMOとくとくBBなら端末代金も0円なので、基本料金は安くても総支払額は高かった・・といった罠もありません。

また、14:00までに申し込めば土日祝日も即日発送してくれます。すぐにネット回線を欲しいなら重宝しますよ。

当然ながら、本家のWiMAX回線なのでGMOとくとくBBだけが他のWiMAXプロバイダより遅いといった事例はありません。

限定キャッシュバック・月額割引・端末代0円の最安プロバイダ▼

GMOとくとくBB WiMAXの申し込み手順

GMOとくとくBBは、以下の手順で申し込めます。

申し込み手順

  1. 公式サイトにアクセスする
  2. 対応エリアを確認する
  3. 希望の端末を選ぶ
  4. 郵送で端末を受け取る
  5. 電源を入れて利用開始

WiMAXの対応エリアですが、GMOとくとくBBの公式サイトから確認できます。

申し込みは、端末・プラン・オプションを選び、契約者情報(氏名や住所など)と支払情報を入力するだけ。あとは端末の到着を待つのみです。

端末が届いたら、電源を入れてWiMAXの利用を開始しましょう。なお、公式以外だとキャッシュバック特典の対象外となるため注意してください。

まとめ

GMOとくとくBB WiMAXは高額なキャッシュバックが魅力です。しかしながら、デメリットとして受け取り忘れしやすい点には注意して下さい。

仮にキャッシュバックを受け取れなくても、月額割引キャンペーンにより3年間の実質負担額では全WiMAXプロバイダの中で最安。

WiMAXはどのプロバイダでも速度・対応エリアが同じなので、安ければ安いほどお得です。現時点で、GMOとくとくBBは最強のWiMAXプロバイダと言えるでしょう。

メリット
  1. 全プロバイダで最安値
  2. 最新端末が無料
  3. 最短即日で発送
  4. プラスエリアモードが無料
  5. 運営会社が信頼できる
デメリット
  1. キャッシュバック受け取りを忘れやすい
  2. 解約時に違約金がかかる
  3. 3日間で15GBを超えれば速度制限
  4. 支払方法がクレジットカード払いのみ
限定キャッシュバック・月額割引・端末代0円の最安プロバイダ