楽天モバイルの損をしない機種変更方法とおすすめ端末5選

楽天モバイルの機種変更方法 おすすめ機種5選

なにかと話題の尽きない「楽天モバイル」。
2021年4月30日には、ついに念願のiPhoneの取扱いが開始され、今まで最後の一歩が踏み出せずにいた人も「いよいよ楽天モバイルに機種変更を検討しようか」という段階に入ったのではないでしょうか。
本記事では、そんな楽天モバイルへの機種変更を検討している方へ、機種変更の方法とおすすめ端末5選を紹介していきます。

楽天モバイルで使用するスマホを用意する方法

いざ、楽天モバイルに機種変更することを決めた後に、まず最初に悩むことは「楽天モバイルでどのスマホを使うのか」ということでしょう。
ここでは、楽天モバイルに機種変更する際、新しく端末を買い換えようと考えている方へ向けて、楽天モバイルで使用するスマートフォンを用意する方法を解説します。

楽天モバイルでスマホを購入する

楽天モバイルで使用するスマートフォンを用意する方法は大きく分けて2つあります。

その1つが、機種変更の際に「楽天モバイルでスマートフォンを購入する」という方法です。
2021年6月現在、機種変更の際に「楽天モバイルでスマートフォンを購入する」と、キャンペーンで楽天ポイントの還元を受けられます
例えば、MNPの場合であれば「最大25,000ポイント」の楽天ポイント還元を受けることができ、非常にお得です。

ポイント還元を受けられないケース

基本的にポイント還元は、端末の購入と一緒に楽天アンリミットVIに加入した場合で適用されるため、現在楽天アンリミットを利用している人が機種変更のみした場合には、上記のポイント還元特典は付かない点は注意しましょう。
また、ポイント還元の対象となる販売店も定められており、楽天モバイルショップや楽天モバイルオンライン以外での購入では対象外となる点にも注意しましょう。

他社で購入したスマホをそのまま利用する

「楽天モバイルで使用するスマートフォンを用意する方法」2つ目は「他社で購入したスマートフォンをそのまま楽天モバイルで利用する」という方法です。
この方法を使う場面としては、自分の好みの端末が楽天モバイルで販売されていない場合です。
注意点としては、楽天モバイル以外で端末を用意する場合「ご利用製品の対応状況確認」からその端末が楽天モバイルで利用できるのかを必ず確認すること、です。
せっかく新しく用意した端末が、楽天モバイルでは利用できない!なんてことにならないように、必ず事前にチェックしましょう。

楽天モバイルで購入できるAndroid端末18種

製品(iPhone、Android / スマートフォン)

ここでは、2021年6月現在楽天モバイルで購入できるAndroid端末18種類をまとめました。
特に、楽天モバイルの端末である「Rakuten Hand」「Rakuten Mini」の2端末は、端末価格以上の楽天ポイント還元を受けることができます。
つまり「実質0円で端末を購入することが可能」となり、非常にお得となっています。
(ただの機種変更や対象店舗以外での機種購入といったポイント還元特典の適用外になってしまうものもある点は注意しましょう。)

※2021年6月時点

端末端末価格キャンペーン適用時の
楽天ポイント還元
Rakuten BIG49,800円25,000P
OPPO Reno3A39,800円25,000P
OPPO A73
30,800円25,000P
AQUOS sense3 plus37,980円25,000P
Rakuten Hand
20,000円24,999P
AQUOS R5G128,800円20,000P
Xperia Ace29,800円20,000P
Galaxy Note10+
76,980円20,000P
Galaxy S1071,980円20,000P
AQUOS sense4 lite
32,800円15,000P
OPPO A5 202022,020円10,000P
OPPO Reno A 128GB
38,880円10,000P
AQUOS sense3 lite25,980円10,000P
arrows RX
20,000円10,000P
Galaxy A18,700円10,000P
Rakuten Mini1円5,000P
HUAWEI nova 5T59,800円5,000P
AQUOS sense4 plus43,800円5,000P

楽天モバイルで購入できるおすすめ端末5選

楽天モバイルで購入できるAndroid端末は18種もあり、いざ購入の際にはどれを選べばいいか迷ってしまいますよね。
ここでは、18種の中から厳選した5機種の端末を解説していきます。

1)Rakuten Hand

Rakuten Hand

メリット

  • 実質0円で購入可能(端末価格:20,000円<楽天ポイント還元:24,999ポイント)
  • 顔認証、指紋認証機能
  • 4,8000万画素の高画質カメラ
  • FeliCa搭載

デメリット

  • 防水機能なし

おすすめする人

  • 安くてそこそこ良い端末が欲しい
  • カメラでテザリング専用として使いたい

2)AQUOS sense3 lite

AQUOS sense3 lite

メリット

  • 楽天ポイントが5,000ポイントもらえる
  • 防水機能、おサイフケータイ機能搭載

デメリット

  • 上位端末である「sense4 lite」が発売済み

おすすめする人

  • 防水機能は欠かせない
  • 普段あまりスマホを使わない

3)OPPO Reno3 A

OPPO Reno3 A

メリット

  • 楽天ポイントが最大25,000ポイントもらえる
  • 端末料金が安い
  • ハイスペックなスマホに見劣りしない
  • 防水機能搭載

デメリット

  • 価格が高め

おすすめする人

  • コスパを重視したい

4)AQUOS sense4 plus

AQUOS sense4 plus

メリット

  • 大画面で動画などが見やすい(約6.7インチ)
  • スペックが充実している

デメリット

  • 価格が高め

おすすめする人

  • 大画面のスマホを使いたい
  • 動画を楽しみたい

5)AQUOS R5G

AQUOS R5G

メリット

  • OSに高性能CPU「Snapdragon 865 」を搭載
  • 動画を8K解析度で撮影可能

デメリット

  • 価格が高め

おすすめする人

  • 最もハイスペックなスマートフォンを使いたい
  • カメラの画質にこだわりたい

楽天モバイルでiPhoneに機種変更する

「楽天モバイルでついにiPhoneデビュー」という方も多いのではないでしょうか。
ここでは、楽天モバイルでiPhoneに機種変更する際の対応端末や、注意事項などを解説していきます。

1)楽天モバイルがiPhoneに正式対応

2021年4月27日、楽天モバイルはiPhoneに正式対応を発表しました。
3日後の2021年4月30日、楽天モバイルでiPhone12シリーズなどの取り扱いを開始しました。

2)対応iPhone一覧

楽天モバイルに対応するiPhoneは、楽天モバイルで販売されている「iPhone12シリーズ」「iPhone SE(第2世代)」だけではありません。
2021年6月現在、楽天モバイルに対応しているiPhoneは以下の通りです。

対応iPhone一覧

  • iPhone 12シリーズ
  • iPhone 11シリーズ
  • iPhone SE(第2世代)
  • iPhone XS
  • iPhone XR
  • iPhone X
  • iPhone 8/8 plus
  • iPhone 7/7 plus
  • iPhone SE(第1世代)
  • iPhone6s/6s plus

3)注意事項

楽天モバイルでiPhoneに機種変更する時には、以下4点に注意が必要です。

  • iPhone 12シリーズ以外は多少なりとも機能制限がある
  • iOS 14.4以降にシステムアップデートする必要がある
  • iPhone12シリーズ、iPhone SE(第2世代)以外のiPhoneについては、SIMロック解除が必要となる(SIMロック解除の際は、手数料無料のWeb手続きがおすすめ)
  • Rakuten LinkアプリiOS版における「音声通話の着信」と「SMS送受信」について仕様が変更となる(2021年6月15日より順次予定)

楽天モバイルに機種変更するおすすめタイミング

いざ楽天モバイルに機種変更するという時、損はしたくないですよね。ここでは、楽天モバイルに機種変更するおすすめのタイミングを解説していきます。

現在Rakuten UN-LIMITを利用している場合の機種変更

現在、Rakuten UN-LIMITを利用している人が機種変更をする場合のおすすめのタイミングは、特に決まったタイミングというものはありません。

現在Rakuten UN-LIMIT以外のプランや楽天モバイル以外の携帯会社利用している場合の機種変更

現在、ほかの携帯会社やRakuten UN-LIMIT以外のプランを利用している人の場合、端末購入とRakuten UN-LIMIT VIのプラン同時申込で特典が付いたりするので、おすすめのタイミングが発生します。

1)Rakuten UN-LIMIT Ⅵプランの申し込みキャンペーン

2021年6月現在、楽天モバイルでは「Rakuten UN-LIMIT Ⅵプランの申し込みキャンペーン」実施中。
月額基本料金(3,278円)が3ヶ月無料となっています。

2)大手キャリアの「締め日」を把握する

大手キャリアからの機種変更(MNP)の場合、大手キャリアの「締め日」を把握し、月額の利用料金を追加で払うことなく、楽天モバイルに移行することが重要です。
ここでは、大手3大キャリアである「docomo」「au」「SoftBank」の締め日と機種変更(MNP)のおすすめタイミングを解説します。

docomo・au
  • 締め日月末日
  • 月初に利用開始できるように、前の月の末日までに機種変更する
SoftBank
  • 締め日支払日によって異なる
    1. 支払日が翌月6日の場合:締め日は毎月10日
    2. 支払日が翌月16日の場合:締め日は毎月20日
    3. 支払日が翌月26日の場合:締め日は毎月末日
  • 事前に締め日を確認してそれより前に機種変更する

まとめ

2021年4月、iPhoneという最大の武器を手に入れた楽天モバイルはさらに魅力的な携帯キャリアとなりました。
楽天モバイルのもう一つの魅力である「キャンペーン」「楽天ポイント還元」は今も健在で、iPhoneへの機種変更にも適用されています。
端末重視の方、イニシャルコスト重視の方、ランニングコスト重視の方。
iPhoneを手に入れた楽天モバイルは、ユーザーのあらゆるニーズに対応することが可能となりました。
本記事を読んでいただきデメリットをメリットが追い越した方は、今が待ちに待った「最後の一歩」を踏み出す時なのかもしれません。

楽天モバイルを利用したくなった人はこちら

楽天モバイル

おすすめの関連記事
Rakuten UN-LIMIT VI(楽天アンリミットシックス)徹底解説MNPの手順と得する携帯ショップの探し方