IPv6対応プロバイダの選び方を解説!選ぶときの注意点は?

IPv6対応プロバイダの選び方を解説 選ぶときの注意点は?

光回線を選ぶときは高いスペックを十分に発揮するため「IPv6に対応したプロバイダ」を選ぶことが重要です。

しかし、「IPv6対応プロバイダってどうやって選ぶの?」など疑問が浮かんだ人も多いはずです。

そこで今回はIPv6対応プロバイダの選び方や選ぶときの注意点を解説していき、IPv6対応のおすすめ光回線・プロバイダを紹介していきます。

IPv6とは?

IPv6とは、インターネットの接続方式の1つで、これまで使用されてきたIPv4の次に誕生したものです。

従来のIPv4が使われていたときは、インターネットに接続する際に付与されるIPアドレスの不足が問題化しており、回線が混雑することで通信速度の低下が生じていました。

IPv6が誕生したことでほぼ無限とも言えるIPアドレスの割り当てが可能になったため、時間帯や利用人数に関係なく、高速通信を安定して利用することができます。

IPv6対応プロバイダの選び方

IPv6対応プロバイダは以下のポイントで選んでみてください。

  • 対応ルーターが無料でレンタルできる
  • 月額料金が安い
  • 「v6プラス」に対応しているサービスがおすすめ

それでは1つずつ詳しく見ていきましょう。

対応ルーターが無料でレンタルできる

IPv6接続でインターネットを利用するには、光回線・プロバイダがIPv6に対応しているだけでなく、使用するルーター機器も対応していなければなりません。

いくらネット回線がIPv6に対応していても、無線ルーターがIPv4にしか対応していなければ、優れたポテンシャルを発揮することができません。

そのため、IPv6対応のルーターを用意しなければならないのですが、費用をあまりかけたくないのであれば、光回線やプロバイダから無料でルーターがレンタルできるサービスを選ぶのがおすすめです。

月額料金が安い

IPv4でもIPv6でも基本的に光回線の月額料金は変わらないので、費用をかけたくない人は月額料金の安いサービスを選ぶのがおすすめです。

割引なども計算しながら一定期間に支払う合計金額を見ると、より効果的な比較ができます。

「v6プラス」に対応しているサービスがおすすめ

v6プラスとは「IPv6とIPv4の両方に対応したサービス」の名称です。

実は一部のオンラインゲームなどでは、IPv6に非対応でIPv4で接続しなければなりません。

そのため、IPv6だけに対応した光回線・プロバイダだと、通信速度には優れるのですが不便に感じるかもしれません。

IPv6はもちろん便利なのですが、新しいサービスでもあるためネットを使う上ではIPv4にも対応した「v6プラス」がおすすめです。

IPv6対応プロバイダを選ぶときの注意点

IPv6対応プロバイダを選ぶときの注意は以下の3つです。

  • IPv6″だけ"しか使えないプロバイダは選ばない
  • IPv6とIPv4の両方に対応したプロバイダがおすすめ
  • IPv6対応のルーターを用意しよう

上記の注意点を把握した上でプロバイダを選んでみてください。

IPv6″だけ"しか使えないプロバイダは選ばない

IPv6対応プロバイダの中には「IPv6だけしか使えない」サービスがあるので注意が必要です。

先ほども説明したようにIPv6は比較的新しい接続方式でもあり、一部のサービスでは従来のIPv4による接続にしか対応していないケースがあります。

こういった場合にIPv6にしか対応していないと、サイトにアクセスしても表示されません。

「IPv6対応」と書かれてあるのを見たときは、IPv6だけしか使えないのかどうかを確認してみましょう。

IPv6とIPv4の両方に対応したプロバイダがおすすめ

IPv6だけにしか対応していないと何かと不便なので、IPv4にも対応したプロバイダがおすすめです。

IPv6とIPv4の両方に対応して、利用するサイトに応じて自動的に切り替えができる「v6プラス」というサービスであれば、手間もかけずに対応できます。

プロバイダを選ぶときは「v6プラス」や「IPv6+IPv4」「IPv6 over IPv4」といった言葉を探して選んでみましょう。

IPv6対応のルーターを用意しよう

IPv6を利用するためには対応するルーターを用意しなければなりません。

市販のルーターを購入するか、光回線やプロバイダからレンタルして対応しましょう。

IPv6対応のおすすめのプロバイダ・光回線

サービス月額料金通信速度ルーター
NURO光5,200円下り:499.86Mbps
上り:441.92Mbps
無料
ドコモ光×GMOとくとくBB戸建て:5,720円
マンション:4,400円
下り:269.19Mbps
上り:208.66Mbps
無料
ビッグローブ光戸建て:5,478円
マンション:4,378円
下り:278.73Mbps
上り:209.19Mbps
1年無料
@nifty光戸建て:5,720円
マンション:4,378円
下り:208.79Mbps
上り:214.8Mbps
25ヶ月無料
※通信速度は「みんなのネット回線速度」(https://minsoku.net)を参照
※2022年4月調査時点

ここでは、IPv6対応のおすすめのプロバイダ・光回線を紹介していきます。

IPv6に対応したプロバイダは数多くあるので、料金や通信速度などさまざまな項目から自分に合うサービスを選んでみてください。

NURO光

月額料金が1年間ずーっと980円
出典:NURO光(https://www.nuro.jp/hikari/campaign/)

NURO光は、圧倒的な通信速度が魅力の光回線で回線とプロバイダが1本化されています。

IPv6・IPv4の両方に対応しており、ルーターも無料でレンタルできるので余計なコストをかけることなく、快適なネット環境が手に入れられます。

平均通信速度も500Mbpsに迫るほどのスペックの高さがあり、月額料金もお得なので非常におすすめです。

NURO光を利用したくなった人はこちら

NURO光

ドコモ光×GMOとくとくBB

家のインターネットをドコモ光にしよう
出典:GMOとくとくBB×ドコモ光(https://gmobb.jp/service/docomohikari/index_b.html)

ドコモ光に加入するならプロバイダはGMOとくとくBBを選ぶのがおすすめです。

開通工事費が無料最大20,000円のキャッシュバックがあるなど、料金的な魅力があるのはもちろん、IPv6とIPv4の両方に対応した「v6プラス」で提供されています。

高性能のIPv6対応ルーターも無料でレンタルできますし、ドコモのスマホとのセット割も魅力的です。

GMOとくとくBBを利用したくなった人はこちら

GMOとくとくBB

ビッグローブ光

ビッグローブ光 特典総額 最大66400円
出典:ビッグローブ光(https://join.biglobe.ne.jp/ftth/hikari/campaign.html)

ビッグローブ光は、豪華なキャッシュバックと豊富なスマホセット割が特徴となっている光回線です。

40,000円のキャッシュバックはとても豪華ですし、新規工事費は実質無料、IPv6対応の無線ルーターも1年間無料でレンタルできます。

auやBIGLOBEモバイル、donedone、UQモバイルとのスマホセット割に対応しているので、お使いのスマホに応じて通信費の節約も可能です。

BIGLOBE光を利用したくなった人はこちら

ビッグローブ光

ビッグローブ光

@nifty光

@nifty光 IPv6対応
出典:@nifty光(https://setsuzoku.nifty.com/niftyhikari/index.htm)

@nifty光は、最大30,000円のキャッシュバックが用意されており、IPv4 over IPv6対応の無線ルーターが最大25ヶ月無料でレンタルできます。

開通工事費も実質無料で余計なコストをかけずに利用できますし、auスマホとのセット割も利用できるのでお得です。

@nifty光を利用したくなった人はこちら

@nifty光

まとめ

IPv6対応のプロバイダの選び方や注意点、おすすめの光回線・プロバイダを紹介しました。

光回線らしい優れた通信速度を体感するためには、IPv6への対応は必須と言えるでしょう。

特に、利用者が増加する夜間帯や休日にネットを多く利用する人にとっては、IPv6を利用することでストレスなく快適なネット環境を作り上げることができます。

今回ご紹介した選び方や注意点を参考にしながら、自分に合ったIPv6対応のサービスを選んでみてください。

おすすめの関連記事
光コラボレーションのおすすめは数社だけ光コラボとは?メリット・デメリット、選ぶポイント光コラボの乗り換え・転用は簡単!注意点と手続き方法進化するWiFiの規格を解説。Wi-Fi6の特徴もご紹介

光回線サービス

Posted by Mur