eSIMに対応しているキャリアはどこ?大手4社の導入状況をチェックしよう!

eSIMに対応しているキャリア・大手4社の導入状況は?

従来のICカード型の物理SIMとは異なり、スマホ本体にSIMが内蔵されている「eSIM」。

乗り換えの際にSIMカードを交換する手間が不要になる上、手続きもオンラインで解決するなど、より便利になる可能性が期待されており、スマホ会社も導入に向けて各社動きを見ていきます。

スマホユーザーの方の中には、最近注目されているeSIMを使ってみたいと思った方も多いでしょう。

そこで今回はeSIMに対応しているキャリアを紹介していきます。

大手キャリアや格安SIMのeSIM導入状況をまとめて把握していきましょう。

eSIMに対応しているキャリアは?

2021年6月3日時点でのキャリアのeSIM対応状況は下記のようになっています。

キャリアeSIM導入状況
楽天モバイル◎:全プランで導入済み
ソフトバンク○:LINEMO」のみ導入済み(2021年3月17日~)
au○:「povo」のみ導入済み(2021年3月23日~)
ドコモ△:「ahamo」で導入予定

キャリアにおいてはeSIMの対応状況にバラつきがあります。

楽天モバイルについては既にeSIMを導入しているのに対し、既存のキャリア3社では2021年春にリリースした新料金プランでのみeSIMの導入を実施または予定しています。

では、キャリア各社のeSIM導入状況について詳しく見ていきましょう。

楽天モバイル

楽天モバイル

楽天モバイルは、キャリアサービスの提供開始時からeSIMの提供を開始していたスマホ会社でもあります。

eSIMによる手続きの流れもキチンと設計されているため、スムーズな流れで利用することができます。

楽天モバイル内でeSIM対応機種を購入して使うこともできますし、他社のeSIM対応機種から乗り換えて利用するといったことも可能です。

また、eSIMによる開通手続き内で行う本人確認に「eKYC」を導入したことで、手続きに要する時間を大幅に短縮し、申し込みから利用開始までをよりスムーズにしています。

eKYCとは?

オンラインでの本人確認(例:身分証明書の画像のアップロード、スマホカメラで自分の顔を撮影して認証など)

キャリア4社の中で最もeSIMへの対応が進んでいるスマホ会社でもあります。

楽天モバイルで販売しているeSIM対応機種には下記の製品があります。

  • iPhone
    • iPhone12シリーズ
    • iPhone SE(第2世代)
  • Android
    • Rakuten BIG/BIG s
    • Rakuten Hand
    • Rakuten Mini
    • OPPO A73
    • AQUOS sense4 lite

ソフトバンク

LINEMO(ラインモ)

ソフトバンクは、2021年3月17日にリリースされた新料金プラン「LINEMO」でのみeSIMに対応しています。

20GBで月額2,728円という従来のキャリアには無かった料金設定を実現したことで大きな話題を集めました。

既存キャリアの中ではeSIMへの対応を最も早く開始したサービスでもありますが、「メリハリ無制限」や「ミニフィットプラス+」といった既存プランでのeSIMへの対応はまだ予定されていません。

LINEMOでは、スマホの販売を行っていないため、eSIMを利用するためには他社(またはソフトバンク)で購入したスマホのSIMロックを解除した上で、LINEMOに申し込まなければなりません。

au

povo(ポヴォ)

auでも2021年3月23日にリリースされた新料金プラン「povo」にて、eSIMへの対応を開始しました。

ソフトバンクと同じ20GBで2,728円という月額料金に加えて、通話やデータチャージといったオプションを細かく追加できるカスタマイズ性に特徴があります。

povoでは、eSIMへの対応のみではなく、eKYCへの対応もしているため、スムーズな開通手続きが行えるでしょう。

LINEMOと同じくpovoでもスマホの販売は行っていないため、eSIMを利用するためには他社で購入したeSIM対応機種からpovoへの加入手続きを行ってください。 また、auからpovoに乗り換える人はeSIMを利用できないので注意しましょう。

ドコモ

ahamo(アハモ)

ドコモでは2021年3月26日に20GB2,970円の新料金プラン「ahamo」の提供を開始しましたが、現時点(2021年6月)でeSIMには対応していません

既存プランでもeSIM未対応なので、キャリアの中では唯一eSIMに対応していないことになります。

一応ahamoにおいては「eSIMへの対応を検討している」というスタンスを取っているため、導入する予定ではあるものの、具体的な時期については未定です。

2021年夏にキャリア各社でeSIM導入を検討?

総務省が2021年2月26日に行った有識者会議「スイッチング円滑化タスクフォース」の第5回会合において、2021年夏ごろを目処にキャリア各社でeSIMを導入するという方針が示されています。

eSIMのメリットを最大限活かしつつも、セキュリティの確保のため「eKYC」を導入するといった条件もあるのですが、具体的なスケジュールが打ち出されたことで、キャリア各社の動向に注目です。

楽天モバイルは既にeSIMの導入を完了させていますが、一部のみ導入または未導入の既存キャリア3社が夏までにどこまでの進展を見せるのか期待が集まっています。

eSIMに対応している格安SIMは?

eSIMはキャリアだけでなく、格安SIMでも導入しているスマホ会社がいくつかあります

2021年6月時点でeSIMに対応している格安SIMとしては下記の3社が挙げられます。

  • IIJmio
  • ワイモバイル
  • BIC SIM

各社の導入状況などについて詳しく見ていきましょう。

IIJmio

IIJmio

IIJmioは格安SIMの中でも早くからeSIMに対応してきたスマホ会社でもあります。

初期費用1円キャンペーンを実施するなど、新規ユーザーの獲得を狙っている上に「0GB:165円」「1GB:495円」といったこれまでにはない思い切った料金プランも打ち出しています。

最近では、スマホ会社間の価格競争が激しさを増していますが、ここにきてIIJmioが価格の面で一歩優位に立ったと言えるでしょう。

ワイモバイル

シンプルプラン

ワイモバイルでは、2021年3月17日にLINEMOがリリースされたのに合わせて、eSIMへの対応を開始しました。

eSIMの対象となっている料金プランは現行の「シンプルS/M/Lです。

また、新規受付が終了している以前のプラン(スマホベーシックプランスマホプラン)を使っていた人でも、eSIMへの切り替えが可能になっています。

ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドでもあり、LINEMOと並んでeSIMに対応することで脇を固めているといった印象です。

既存プランに比べてワイモバイルやLINEMOは若い世代のユーザーが多く、eSIMも抵抗なく利用できるといった背景も推測できるでしょう。

BIC SIM

BIC SIM

BIC SIMは日本で初めてeSIMサービスを開始した格安SIMです。

2GBで月額440円という低額プランを強みに打ち出しており、知名度は低いですがコスパの高さに特徴があります。

端末販売も実施しており、BIC SIMからeSIM対応機種を購入して使うこともできます

eSIMを利用するための条件は?

eSIMを利用するためには以下の条件を満たしている必要があります。

  • eSIm対応機種を持っている
  • 乗り換えの場合はSIMロックを解除する
  • スマホ以外のネット環境を用意する

まず最初に利用する端末がeSIMに対応していなければなりません。

Rakutenオリジナルシリーズのスマホは「eSIMのみ」の対応ですが、一般的にはiPhoneのように物理SIMとeSIMの両方に対応した「デュアルSIM」タイプになっています。

次に、eSIMに対応するスマホ会社に加入する際に、端末のSIMロックを解除しておきましょう

各キャリアの手続き方法を確認して、SIMロック解除を行ってからeSIMへの乗り換え手続きをしてください

最後に、eSIMの開通手続きはオンライン上で行うため、ポケットWi-Fiや光回線といったスマホ以外のネット環境が必要なので用意しておきましょう。

まとめ

eSIMに対応しているキャリアについて紹介していきました。

2021年6月時点のeSIM導入状況は以下の通りです。

  • キャリア系
    • 楽天モバイル:導入済み
    • ソフトバンク:LINEMOのみ導入
    • au:povoのみ導入
    • ドコモ:未導入(ahamoで導入予定)
  • 格安SIM系(サブブランド・MVNO)
    • IIJmio:導入済み
    • ワイモバイル:導入済み
    • BIC SIM:導入済み

楽天モバイルについては早くからeSIMの導入を進めてきたキャリアでもありますが、既存のキャリア3社については、導入があまり進んでいないと言えるでしょう。

それでも、スマホ業界全体としてeSIMを推進していく流れにあるので、今後のeSIM導入に関する動向にも注目が集まります。

キャリア各社や格安SIMでのeSIM対応について最新情報を細かくチェックしてみてください。

おすすめの関連記事
eSIMとは何か?特徴・メリット・デメリットSIMカードの種類やSIMロック解除の方法