ドコモの「ギガホプレミア」徹底解説。4Gスマホ向け大容量プラン。旧ギガホとの違いは?

ドコモのギガホプレミア徹底解説

2021年はドコモをはじめ各携帯会社のプランに色々変動のある年になりました。ドコモではahamoの発表を皮切りに5Gギガホプレミアなどの新プラン投入を行いました。

ギガホプレミアは4Gスマホ向けの大容量プランですが、今回はこの「ギガホプレミア」の料金や特徴、適用可能なキャンペーンやメリット・デメリット、旧ギガホなどのプランの違いについて徹底的に詳しく解説していきます。

現在のドコモスマホ向けプランリスト

現在、ドコモで契約できる(または開始予定の)スマホ向けプランは以下のプランです。

5G専用プラン

4G LTE専用プラン

  • ギガライト
  • ギガホプレミア ※この記事のプランです。

5G/4G LTE共通プラン

  • ahamo(アハモ)
    ※オンライン限定プラン!
  • はじめてスマホプラン
    ※FOMAや3G回線からの乗り換え時のみ申し込み可能
この記事の目次

いつから

ドコモのギガホプレミアは2021年4月1日にサービス提供を開始したプランです。

ギガホプレミアとは

ギガホプレミア
出展:ドコモ

「ギガホプレミア」とは、スマホ契約に必要な要素である、

  • 基本料金
    (電話にかかる料金)
  • ウェブ使用料
    (ウェブを使用するための料金)
  • データ通信料
    (通信にかかる料金)

セットでコミコミになった4Gスマホ専用の料金プランで、使えるデータ容量は月60GBまでの大容量プランですが、今回のギガホプレミアはその月に使ったデータ量が3GB以下で少ない場合には月額料金が安くなる要素もある2段階の料金制になっています。

先生

最近のauやソフトバンクの大容量プランではデータ利用が少ない場合に月額料金が安くなる2段階制の料金を取っていましたが、ドコモも今回のギガホプレミアや5Gギガホプレミアでこの方式を取って対抗してくるようになりました。

↓関連記事:携帯・スマホ料金プランの仕組み

主な特徴

ギガホプレミアの主な特徴ですが、以下のような特徴があります。

1か月60GBまで高速データ通信が可能

月額料金

ギガホプレミアは1か月60GBまで高速データ通信ができます(ただし、余ったデータの翌月繰り越しはできません。)

また、データ量の利用が3GB以下だった月は、その月の月額料金は税込1,650円割引されます。

先生

前のプランのギガホは月30GBまででキャンペーン適用で月60GBになっているプランだったのですが、後継のギガホプレミアは標準で60GBまで高速データ通信が利用可能です。

速度制限時の通信速度は最大1Mbps

ギガホプレミアで上限である月60GBのデータ容量を使い切った場合は速度制限が発生しますが、その通信速度は一般的な最大128kbpsではなく、最大1Mbpsで少し画質を落とした動画視聴も可能なレベルの通信速度を維持することができます。(ちなみに最大128kbps自体は非常に通信速度は遅いです。動画視聴とかは絶望的…)

4Gスマホ向けプランで速度制限時の最大1Mbpsはほかの携帯会社のプランの速度制限時の通信速度と比較すると非常に速い部類に入ります。

↓関連記事:速度制限でもあまり遅くならないスマホプラン紹介

月額4818円の正体は?

ずーっと4,818円/月
4,380円は税抜価格

ドコモ公式サイト「ギガホプレミア」のページに書かれている月額料金4,818円(税抜4,380円)

かなり安く見えますが、本来のギガホプレミアの定価は7,205円(税込)です。これは特定の条件に当てはまれば実現できる料金で、最小限の通話タイプを選択し、家のネット回線をドコモ光またはhome 5Gにして、家族3人以上で契約し、お支払方法をdカード払いにすることで、ようやく実現できる価格になります。

月額4,818円になる条件を簡単にまとめると以下の通りで、一部のユーザーにとっては実現できない条件もあり難易度は高いです。

  • 「2年契約」はあり(ただし、支払方法をdカードにすれば2年契約なしにできる
  • 通話プランオプションなしの従量課金型(国内通話なら30秒につき22円)で、別途通話料が発生する通話やSMS送信は一切しない(ただし、同じドコモ回線の家族への通話はOK)
  • ドコモ指定のブロードバンド回線(またはhome 5G)も契約し、「ドコモ光セット割」または「home 5G セット割」を適用する
  • ドコモに家族3人以上で契約し、「みんなドコモ割」を適用する

2年契約の縛りがある

ギガホプレミアは2年周期の契約期間縛りを付けた「定期契約あり(自動更新)」にすることで月額7,018円と187円の割引が入ります。

ギガホプレミア本来の月額料金(税込)

 3GBより多く
データ利用した月
3GB以下の
データ利用だった月
定期契約なし7,205円5,555円
定期契約あり7,018円5,368円

定期契約があるため、更新月(契約満了月の当月・翌月・翌々月の3ヶ月間)以外での解約の場合、契約解除料が1,100円発生します。

支払方法をdカード払いにすれば2年契約なしでもOK

2年契約なしの場合、月額料金が187円高くなりますが、支払方法をdカードにした場合には、「dカードお支払割」が適用され、2年契約なしの場合でも、2年定期契約ありの時の月額料金で利用することができます。

dカードお支払割の適用条件(以下の二つの条件を満たすこと)

  • 定期契約なしの「ギガホ プレミア」「5Gギガホ プレミア」「ギガライト」「5Gギガライト」「ギガホ」「5Gギガホ」「ケータイプラン」「はじめてスマホプラン」を契約
  • 利用料金の支払方法を「dカード/dカード GOLD(家族カード含む)に設定(定期クレジット)
先生

あくまで2年契約ありの場合と同じ料金になるだけなので、2年契約ありでdカード払いにしても、さらに月額料金が安くなることはない点は注意しましょう。

これからdカードを作る場合のおすすめ

ドコモの「ギガホプレミア」利用を検討している人で、現在dカードをもってなく、新しくdカードを作ろうと思っている人は「dカード GOLD」をおすすめします。

普通のdカードでも「dカードお支払割」が適用されますが、「dカード GOLD」にすると年会費が11,000円(税込)必要になるものの以下のような追加特典が付くので、年会費以上の還元を受けやすくなります。

  • 毎月のドコモのケータイ/ドコモ光の利用料金1,000円(税抜)ごとに税抜金額の10%ポイント還元が付く
    ※ご利用料金1,000円(税抜)につき100ポイント
    ※端末等代金分割支払金・各種手数料など一部の料金はポイント進呈の対象外となります。
    ※ahamoをご利用の方は、「ドコモ光」ご利用料金のみ10%ポイント還元いたします。

    ※dアカウントがカードや回線に紐づける必要があります。
    ※端末代金や事務手数料など一部は還元対象外のものがあります。
    ▼ポイント還元一例
    毎月のドコモのプラン利用料金が月9,000円(税抜)の場合、年間10,800円分のポイント還元になる。
  • 端末購入から3年間最大10万円補償付き
    ※紛失・盗難・修理不能(水濡れ・全損)などに対応
    ※期間内に紛失等が発生し、同一機種・同一カラーの端末をドコモショップでdカード GOLDで購入すると最大10万円を後日返金されます。
  • 国内・ハワイの主要空港ラウンジが利用無料
    ※ラウンジ入り口でdカード GOLDと当日のフライトチケットの半券の提示で利用可能。
  • 海外旅行保険の補償額が最大1億円
  • 国内旅行保険の補償額が最大5,000万円

など、ほかにも特典があります。

dカード GOLD利用したくなった人はこちら

dカード GOLD

年会費がかからない方のdカードを利用したくなった人はこちら

dカード

通話タイプは3タイプで一番安いタイプを選択

ギガホプレミアで利用できる通話のタイプ3種類あり、標準の通話プランは国内通話であれば30秒につき22円の通話料が発生するタイプで、残りの2つは通話オプションという形で選択します。

ギガホプレミアで利用できる3種類の通話タイプ

通話オプション月額料金
(税込)
内容
(標準)国内通話30秒につき22円の従量課金型
※ただし家族内通話は無料
5分通話無料オプション+770円1回5分以内の国内通話が無料
かけ放題オプション+1,870円国内通話が24時間いつでも無料

月額4,818円にするためには、通話オプションを付けない標準の従量課金型の通話タイプを選択し、別途料金の発生するSMS送信や家族内通話以外の通話を一切せず、追加の通話料がかからないようにする必要があります。

補足情報:少し前のドコモのプランを利用している人は

ギガホプレミアの通話タイプをひと昔前の通話プランに置き換えると以下のような構図になります。

通話プラン名の対照表

ひと昔前の
通話プラン名
※現在は新規受付終了
5Gギガライトの
通話オプション名
内容
シンプルプラン(標準)国内通話30秒につき22円の従量課金型
※ただし家族内通話は無料
カケホーダイライトプラン5分通話無料オプション1回5分以内の通話が無料
カケホーダイプランかけ放題オプション国内通話が24時間いつでも無料
データプラン通話なし。データ通信のみ利用のプラン
先生

ひと昔前の通話プランのデータプランにあたる通話オプションがギガホプレミアにはありません。

ドコモ光セット割またはhome 5G セット割を適用している

ギガホプレミアの月額4,818円の内訳には、スマホの他に、自宅のブロードバンド回線をドコモ光を利用することで適用できる「ドコモ光セット割」または、home 5Gを利用することで適用できる「home 5G セット割」が含まれています。

ギガホプレミアの場合は「ドコモ光セット割」または「home 5G セット割」で月額1,100円(税込)を永年で割引を受けられます。

「ドコモ光セット割」または「home 5G セット割」の割引金額(税込)

 毎月の割引金額
ドコモ光セット
または

home 5G セット割
(ギガホプレミアの場合)
1,100円割引 × 永年

※ドコモ光セットの場合、同一「ファミリー割引」グループ内で「ドコモ光ミニ」のみ利用の場合は月550円引きに減額

↓関連記事:ドコモ光セット割でスマホ料金をお得に。適用条件や割引額を解説
先生

2021年8月27日よりhome 5Gのサービスの開始に伴い、ドコモ光のセット割以外の選択肢として、新たにhome 5G セット割が加わりました。

↓home 5G セット割について詳しい内容は
ドコモ公式:home 5G セット割

家族3人以上で「みんなドコモ割」を適用している

ドコモの家族割引サービスの「ファミリー割引」をギガホプレミアで適用すると「みんなドコモ割」の割引を受けられるようになります。「みんなドコモ割」はギガホ・ギガライト系のプランで利用できる割引で、「ギガホプレミア」の場合、家族人数によって以下の割引金額が永年で毎月適用されるようになります。

「みんなドコモ割」適用時の1台あたりの割引金額

ファミリー割引の
家族回線数
毎月の割引金額
(税込)
1回線割引なし
2回線550円引き
3回線以上1,100円引き

ギガホプレミアで月額4,380円にするためには、ファミリー割引対象の家族が3人(3回線)以上いる必要があります。

先生

同居していない家族や親族でも三親等まで組み入れることができます。

ファミリー割引の対象
新プランとひと昔前のプランが混在している家族回線の扱いについて

少しややこしいケースとしてありそうなのが、新プランとひと昔前のプランが混在している家族回線がある場合です。ファミリー割引の対象となる回線が3回線あり、「ギガホプレミア」が1回線、ひと昔前のプランが2回線あるようなケースでは、ファミリー割引のカウントは3つで1,100円引きに該当しますが、「みんなドコモ割」の割引対象となるギガホプレミアは1回線のため、1,100円×1人分というような計算方法になります。
※ただし、2in1、キッズケータイプラス、キッズケータイプラン、そのほか音声通話ができないプランはカウント対象外
※ahamo自体は割引はされないが家族回線カウント対象

月額4818円の内訳をまとめると

ギガホプレミアで月額4,818円になる内訳を表にまとめると以下のいずれかの形になります。

「ギガホプレミア」で月額4,818円になる内訳表
※税込

項目月額料金
ギガホプレミア7,205円
2年契約(自動更新)
または
dカードお支払割
-187円
ドコモ光セット割
または
home 5G セット割
(ドコモ光またはhome 5Gの契約が必要) 
-1,100円
みんなドコモ割
(家族3回線以上)
-1,100円
合計4,818円
先生

家族回線が2回線の場合は+550円。家族回線が1回線の場合は+1,100円という計算になります。そのほかのオプションを付ける場合も、その分のオプション金額が加算されます。
また、1ヵ月数円レベルのユニバーサルサービス料や電話リレーサービス料をはじめ、端末を購入した場合の端末代金はこの中には含まれていません。

ギガホ割などの期間限定割引は付きません

旧ギガホには半年間限定で割引になるギガホ割がありましたが、今回のギガホプレミアには期間限定の割引が付いていません。(料金を安く見せる要素の1つとして使われていましたが、今回の新プランではこれが無いので、少しだけ料金は分かりやすくなっています)

ほかに適用できる割引・キャンペーン

ギガホプレミアと組み合わせる割引・キャンペーンとして、「みんなドコモ割」などがありましたが、これら以外にも組み合わせることができる割引やキャンペーンがあるので一例をご紹介します。

ずっとドコモ特典

「ずっとドコモ特典」も初代の「ギガライト」「ギガホ」の開始にあわせてはじまったキャンペーンで、dポイントクラブのステージに応じて毎年の誕生月にdポイントが付与される特典です。

今回の「ギガホプレミア」についても同様にこの特典が付きます。

dポイントクラブの
ステージ
進呈ポイント数
(期間・用途限定)
プラチナステージ3,000pt
4thステージ2,000pt
3rdステージ1,500pt
2ndステージ1,000pt
1stステージ500pt

※「ケータイプラン」もずっとドコモ特典の対象ですが、3rdステージ~プラチナステージでもらえるポイントは1,200ptと少なくなります。

dポイントクラブのステージ条件

ステージ条件1
※ドコモ回線継続利用期間
条件2
※6ヶ月間累計のdポイント獲得数
1st4年未満600pt未満
2nd4年以上600pt以上
3rd8年以上1,800pt以上
4th10年以上3,000pt以上
プラチナ15年以上10,000pt以上
先生

条件1と条件2で良い方の条件が適用されます。
(条件1が3rd、条件2が1stに該当する場合は3rdが適用)

ドコモ公式:ずっとドコモ特典

1年間利用料が無料になるサービス

こちらも旧「ギガホ」「ギガライト」時代からあるサービスですが、「ギガホプレミア」でも以下のサービスが1年間無料で利用することができます。

先生

どちらも動画系コンテンツがありますが、いずれもカウントフリーになるわけではないので利用しすぎると月60GBのデータ容量を使い切る可能性があるのでご注意を。

毎月の料金・割引例

ギガホプレミアを利用した場合の毎月の利用料金の推移や割引金額はどうなるのかイメージが付かない方もいらっしゃると思いますので、ギガホプレミア利用時の毎月の利用料金と各種割引の内訳3つの通話タイプ別に料金シミュレーションしてみました。

※機種を購入した場合の機種代と(わずか数円の)ユニバーサルサービス料や電話リレーサービス料は含んでいません。
※「dカードお支払割」を利用しないなど、条件を満たさない項目がある場合は割引額を変えて計算してください。

契約した初月の注意点

ギガホプレミア契約の最初の月は、契約事務手数料3,300円(税込)が別途加算(一部2,200円もあり)されます。ドコモオンラインショップで契約した場合は事務手数料が0円になりオススメです)

先生

ギガホプレミアに契約した最初の月の利用料金の日割り計算の有無については、新規契約・MNPの場合のみ日割り計算されます。機種変更やプラン変更については、月の途中でも日割り計算にならないので、注意しましょう。

通話タイプが通常(国内通話30秒につき22円)の場合

「ギガホプレミア」で通話オプションを付けない標準(国内通話30秒につき22円)の従量課金型の通話タイプを選択した場合の月額料金は以下のようになります。

通話オプションなし(国内通話は30秒につき22円)選択の場合
※税込・1人あたりの料金

ファミリー割の
対象回線数
1回線2回線3回線以上
基本料金
(割引なし)
7,205円【3GB~】
5,555円【3GB以下】
2年契約
または
dカードお支払割
-187円
みんなドコモ割
適用なし-550円-1,100円
合計【3GB~】
(回線セット割なし)
7,018円6,468円5,918円
合計【3GB以下】
(回線セット割なし)
5,368円4,818円4,268円
ドコモ光セット割
または
home 5G セット割
-1,100円
合計【3GB~】
(回線セット割あり

5,918円5,368円4,818円
合計【3GB以下】
(回線セット割あり
4,268円3,718円3,168円

※家族3人以上で月3GBより多いデータ利用で全割引を適用した場合は4,818円(税込)~
最初の月だけは契約事務手数料が別途必要 ※プラン変更のみの場合は除く

5分通話無料オプションを付けた場合

「ギガホプレミア」に通話オプションで1回5分以内の国内通話無料になる「5分通話無料オプション」を付けた場合の月額料金は以下のようになります。

通話オプション「5分通話無料オプション」選択の場合
※税込・1人あたりの料金

ファミリー割の
対象回線数
1回線2回線3回線以上
基本料金
(割引なし)
7,205円【3GB~】
5,555円【3GB以下】
2年契約
または
dカードお支払割
-187円
通話オプション
(5分通話無料オプション)
770円
みんなドコモ割適用なし-550円-1,100円
合計【3GB~】
(回線セット割なし)
7,788円7,238円6,688円
合計【3GB以下】
(回線セット割なし)
6,138円5,588円5,038円
ドコモ光セット割
または
home 5G セット割
-1,100円
合計【3GB~】
(回線セット割あり

6,688円6,138円5,588円
合計【3GB以下】
(回線セット割あり

5,038円4,488円3,938円

※家族3人以上で月3GBより多いデータ利用で全割引を適用した場合は5,588円(税込)~
最初の月だけは契約事務手数料も必要 ※プラン変更のみの場合は除く

かけ放題オプションを付けた場合

「ギガホプレミア」に通話オプションで国内通話24時間いつでもかけ放題になる「かけ放題オプション」を付けた場合の月額料金は以下のようになります。

通話オプション「かけ放題オプション」(国内通話24時間無料)選択の場合
※税込・1人あたりの料金

ファミリー割の
対象回線数
1回線2回線3回線以上
基本料金
(割引なし)
7,205円【3GB~】
5,555円【3GB以下】
2年契約
または
dカードお支払割
-187円
通話オプション
(かけ放題オプション)
1,870円
みんなドコモ割適用なし-550円-1,100円
合計【3GB~】
(回線セット割なし)
8,888円8,338円7,788円
合計【3GB以下】
(回線セット割なし)
7,238円6,688円6,138円
ドコモ光セット割
または
home 5G セット割
-1,100円
合計【3GB~】
(回線セット割あり

7,788円7,238円6,688円
合計【3GB以下】
(回線セット割あり
6,138円5,588円5,038円

※家族3人以上で月3GBより多いデータ利用で全割引を適用した場合は6,688円(税込)~
最初の月だけは契約事務手数料も必要 ※プラン変更のみの場合は除く

旧ギガホとの違い

現在の「ギガホプレミア」のサービスが開始する前日までは旧プランの「ギガホ」の新規申込受付をしていましたが、新プランのギガホプレミアと旧プランのギガホ(別名:ギガホ2)の違いについて簡単にまとめてみました。

 ギガホプレミアギガホ(ギガホ2)
※2021年3月末で
新規申込受付終了
基本料金(税込)
※2年契約なし・dカードお支払割なしの場合
・3GBまで:5,555円
・60GBまで:7,205円
7,865円
1ヶ月あたりの
高速データ通信が
できる容量
60GBまで30GBまで
※キャンペーン適用で60GBまで
ギガホ割の有無
(半年間1,100円引き)
なしあり

ギガホプレミアとギガホのプランの違いは実はあまり多くはありません。

3GB以上データ利用をする人の場合、最初の半年間だけは、旧プランのギガホの方が1,100円引きになるギガホ割が適用されるため、月額料金で550円安くなるものの半年以降については新プランのギガホプレミアの方が月額料金で660円安くなり、1年以上の長期的な目線で見るとギガホプレミアの方が安い料金設定になっています。

現在、ギガホを利用している人がギガホプレミアを利用したくなった場合の注意点としては2021年4月1日以降、ギガホプレミアに自動的にプラン変更されるわけではなく、ギガホからギガホプレミアへのプラン変更の手続きが必要です。その際、ギガホ割などの期間限定割引でギガホ以外のプランに変更した場合に、割引期間中でも割引適用が終了してしまうものがある点には注意しましょう。

ahamoやギガライトとの違い

かつては月7GB以上使うか、使わないかでプレンを決めれば良いという非常に簡単な判断基準でしたが、ahamo(アハモ)の登場によって最適なプラン選びが複雑になってしまいました。

「ギガホプレミア」の利用を考える場合、検討するドコモのプランとしては「ahamo」「ギガライト」になります。これらのプランの違いをかんたんにまとめると以下の様になっています。

 ギガホプレミアahamoギガライト
基本料金
※2年契約なしの場合
・3GBまで:5,555円
・60GBまで:7,205円
2,970円・1GBまで:3,465円
・3GBまで:4,565円
・5GBまで:5,665円
・7GBまで:6,765円
1ヶ月あたりの
高速データ通信が
できる容量
60GBまで20GBまで7GBまで
速度制限時の
通信速度
最大1Mbps最大1Mbps最大128kbps
店頭での
申込・サポート等の
各種対応
対応未対応
(オンラインのみ)
※ドコモインフォメーションセンターも未対応です。
※有料でオンライン手続きのサポートはしてもらえる
対応
5Gスマホでの契約契約できない契約できる契約できない
標準の国内通話タイプ30秒につき22円1回5分以内かけ放題30秒につき22円
187円割引の有無・2年契約
または
・dカードお支払割
なし・2年契約
または
・dカードお支払割
ドコモ光とのセット割
の有無
(ドコモ光セット割)
あり
※月1,100円引き/回線
なしあり
※1GB~3GB:月550円引き/回線
※3GB~7GB:月1,100円引き/回線
※1GB以下は割引なし
home 5Gとのセット割
の有無
(home 5G セット割)
あり
※月1,100円引き/回線
なしあり
※1GB~3GB:月550円引き/回線
※3GB~7GB:月1,100円引き/回線
※1GB以下は割引なし
家族割の有無
(みんなドコモ割)
あり
※2回線:550円引き/回線
※3回線以上:1,100円引き/回線
なしあり
※2回線:550円引き/回線
※3回線以上:1,100円引き/回線
キャリアメール
の有無
あるなしある
その他ずっとドコモ特典利用可能海外82の国々・地域でもデータ通信可能ずっとドコモ特典利用可能

最適プランは?

2021年3月からサービス提供を開始したahamoは各種手続きやサポートなどはすべてオンライン限定のプランで近くのドコモショップでは申し込みを始め、各種サポートを受けることができなくなる(ただし有料でオンライン手続きのサポートはしてもらえる)ものの、月20GBまでかつ月額料金が安く、1回5分以内の国内通話かけ放題といったコストパフォーマンスが非常に高いプランです。

ただし、ahamoはオンラインに限定されていて、利用者自身でスマホへのSIMカードの初期設定など自己対応が必要な工程が発生し、やや玄人向けのプランなので、携帯ショップのサポートが必要か必要にならないかでも最適なプランが変わってきます。

近くのドコモショップのサポートが必要な人の場合

近くのドコモショップやドコモインフォメーションセンターでのサポートが必要な人の場合は、ahamoが利用できません。この場合は従来通り月7GB以上データを使うか使わないかで最適なプランが判断できます。

  • 毎月の利用データ量が7GB未満なら「ギガライト」を選択すればOK!
  • 毎月の利用データ量が7GB以上なら「ギガホプレミア」を選択すればOK!

オンラインのみで自己完結可能な場合

近くのドコモショップやドコモインフォメーションセンターでのサポートを必要としない人の場合は、ahamoのプランが利用できるため、最適なプランの判断基準が少し複雑になります。

  • 毎月の利用データ量が20GB以上なら「ギガホプレミア」を選択すればOK!
  • 毎月の利用データ量が3GB~20GB未満なら「ahamo」を選択すればOK!
    ※支払方法がdカード GOLDであれば月25GBまでahamo利用可能に
  • 毎月の利用データ量が3GB未満の場合でも基本的には「ahamo」の選択がおススメ!
    ※家族割のみんな家族割が利用できる場合は「ギガライト」の方が「ahamo」より安くすることは可能。(2回線で1GBまでのデータ利用の場合や、3回線以上で3GBまでのデータ利用の場合はahamoより月額料金が安くなる(ただしギガライトはかけ放題が付いていないので通話をする人は正直ahamoの方が最終的には安くなる可能性が高い)

5Gギガホプレミアとの違い

ギガホプレミアは4Gスマホ向けのプランですが、5Gスマホ向けには同日から開始の5Gギガホプレミアがあります。5Gギガホプレミアとの違いについて気になる人もいると思いますので違いを表にすると以下のような違いがあります。

「ギガホプレミア」と「5Gギガホプレミア」の違い
※税込価格

 4G版「ギガホプレミア」5Gギガホプレミア
回線種類Xi(4G LTE)5G
申込可能なスマホ機種4G対応スマホ
(5G対応スマホは申込不可)
5G対応スマホ
(5G未対応スマホは申込不可)
基本料金
※2年契約なしの場合
・3GBまで:5,555円
・60GBまで:7,205円
・3GBまで:5,665円
・無制限:7,315円
1ヶ月あたりの
高速データ通信が
できる容量
60GB無制限
速度制限時の
通信速度
最大1Mbps
2年の期間縛りの有無ある
※dカードお支払割適用の場合は縛りがなくなる
なし
2年定期契約をした場合で
更新月以外の解約等による
契約解除料
 1,100円なし
※定期契約自体がない
月額料金を
187円引きする手段
・2年の定期契約をする
または
・dカードお支払割を適用する
・dカードお支払割を適用する
先生

料金は5G版と比べ110円安いものの、5G版ではデータ量無制限に対して、4G版は60GBまでと上限が設けられています。2年の定期契約の存在が5G版では無くなり、月額料金が187円少なくする手段としての2年定期契約が5G版では利用できなくなり、dカードお支払割の1つになっている点の違いとなっていて、サービス名は似ているもののいくつか内容に違いがあります。

ひと昔前のプラン「ウルトラデータパック」との比較

おまけで、「ギガホプレミア」などのプランのひと昔前のプランで現在は新規受付が終了している「ウルトラデータパック」の料金シミュレーションもまとめてみました。

※ドコモの長期利用で適用される割引「ずっとドコモ割プラス」の計算は入れていません。(最大の割引になるプラチナステージの場合には以下の表からさらに880円が割り引かれます)

通話プラン「シンプルプラン(スマホ/タブ)」(国内通話30秒につき22円)選択の場合
※税込・1人あたりの料金。現在は新規受付が終了しているプランです。
※home 5G セット割は利用できないプランです。

プラン名ウルトラデータLパック
(20GB)
ウルトラデータLLパック
(30GB)
基本料金
(割引なし)
2,728円
2年契約(自動更新)-1,650円
ウェブ使用料
(spモード)
330円
パケットパック6,600円8,800円
合計
(ドコモ光セット割なし)
8,008円10,208円
ドコモ光セット割-1,540円-1,760円
合計
(ドコモ光セット割あり
6,468円8,448円
参考:ギガホプレミア(みんなドコモ割適用なし)の場合
  • ドコモ光セット割なしの場合:7,018円
  • ドコモ光セット割ありの場合:5,918円

※月3GBより多いデータ利用の場合。

通話プラン「カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ)」(1回5分以内の国内通話無料)選択の場合
※税込・1人あたりの料金。現在は新規受付終了しているプランです。
※home 5G セット割は利用できないプランです。

プラン名ウルトラデータLパック
(20GB)
ウルトラデータLLパック
(30GB)
基本料金
(割引なし)
3,520円
2年契約(自動更新)-1,650円
ウェブ使用料
(spモード)
330円
パケットパック6,600円8,800円
合計
(ドコモ光セット割なし)
8,800円11,000円
ドコモ光セット割-1,540円-1,760円
合計
(ドコモ光セット割あり
7,260円9,240円
参考:ギガホプレミア(みんなドコモ割適用なし)の場合
  • ドコモ光セット割なしの場合:7,788円
  • ドコモ光セット割ありの場合:6,688円

※月3GBより多いデータ利用の場合。

通話プラン「カケホーダイプラン(スマホ/タブ)」(国内通話24時間無料)選択の場合
※税込・1人あたりの料金。現在は新規受付が終了しているプランです。
※home 5G セット割は利用できないプランです。

プラン名ウルトラデータLパック
(20GB)
ウルトラデータLLパック
(30GB)
基本料金
(割引なし)
4,620円
2年契約(自動更新)-1,650円
ウェブ使用料
(spモード)
330円
パケットパック6,600円8,800円
合計
(ドコモ光セット割なし)
9,900円12,100円
ドコモ光セット割-1,540円-1,760円
合計
(ドコモ光セット割あり
8,360円10,340円
参考:ギガホプレミア(みんなドコモ割適用なし)の場合
  • ドコモ光セット割なしの場合:8,888円
  • ドコモ光セット割ありの場合:7,788円

※月3GBより多いデータ利用の場合。

従来の「ウルトラデータパック」パケット繰り越しができますが、容量超過したときの速度制限が128kbpsと非常に遅い速度になる違いがあります。

月額料金を比較すると新プランの方が月額利用料金は安くはなっています。さらに家族回線数が多く、データを多く使う人にとっては非常に価格メリットがあります

ただし、「ギガホプレミア」にはかなり重要な割引サービスが利用できないデメリットが存在します。

デメリット

ドコモの公式ページ内に「ご注意事項」というページがあり、この内容の中に重要なことも書かれているので、押さえておくべきポイントをご紹介します。

利用できない割引サービス

「ギガホプレミア」は総務省の指導により通信代+端末代をセットにした割引ができなくなっています。その影響で「ウルトラデータパック」などの時代では利用できた以下の割引サービスが利用できません(ただし、対象の割引サービスは新規申込受付も既に終了)。

など

特に月々サポートやdocomo withの割引が使えなくなることで、ひと昔前のプランと比べ、通信料は抑えられる代わりに、端末代金が高くなる傾向があり、トータルで見ると安くなる人も、逆に高くなってしまう人もいるという点には注意が必要です。

ギガホプレミアにプラン変更すると割引が終了してしまう

現在、上記の割引サービスを利用している状態で、ひと昔前のプランから「ギガホプレミア」にプラン変更してしまうとプラン変更以降の割引が終了してしまう点には特に注意が必要です。

先生

以下の割引を利用している状態で機種変更&プラン変更をする場合には、変更するタイミングは考えましょう。

月々サポートの場合

割賦代金の支払いの完済前にプラン変更してしまうと、以降の割引が無くなり、現在利用している端末代金の支払い金額が高くなってしまいます。

docomo withの場合

元々の終了条件である、docomo with以外の対象機種への機種変更をしない場合でも、プラン変更してしまうことで1,650円の割引適用が終了してしまいます。

先生

ただし、月30GBのウルトラデータLLパックを利用している人の場合は、月額料金差がかなりあるので、これらの割引サービスがなくなっても安くなる可能性は高いです。

「スマホおかえしプログラム」は利用可能

上記の割引は利用できなくなりましたが、「ギガホプレミア」で利用できる代わりの端末代の割引サービスとして、購入したスマホ代の最大3分の1の支払いが免除できる「スマホおかえしプログラム」が2019年6月より利用できるようになっています。

先生

ただし、昔の端末代割引の水準と比べると実質的な割引額は少ない傾向で、購入した端末を返却して支払い免除となるので、実質的には2年間程度のレンタルプランみたいなプログラムです。

スマホおかえしプログラムの詳しい解説を見たい人はこちらの記事でご紹介しています。

ギガホプレミアはデータ容量を分け合えない

現在新規受付が終了しているひと昔前のプランには「ウルトラシェアパック」という1つのデータ容量を家族複数人で分け合って利用するプランがありましたが、

ギガホプレミアやギガライトなどでは家族複数人で1つのデータ容量を分け合って利用するプランが用意されていません

ウルトラシェアパックから新プランにプラン変更する場合には、それぞれがギガホプレミアが良いかギガライトがよいか、5Gギガホプレミアもしくはahamoがよいか、もしくは5Gギガライトがよいかを判断して、それぞれプラン変更する必要がある点には注意が必要です。

先生

タブレットなどの通話機能を持たない端末とデータシェアするオプション(データプラス)はありますが、通話機能を持っている複数回線でのデータシェアのサービスは現在申し込めるプランにはありません。

まとめ

ドコモの「ギガホプレミア」は、4Gスマホを利用する人でデータを多く利用するヘビーユーザー向きのプランで、公式サイトにある月額4,818円(税込)というのはさまざまな条件をクリアした場合のみ可能な内容です。

旧ギガホと比べると半年間月額料金が高くなりますが、半年以降は逆に月額料金が安くなり、長期的に利用する場合はギガホプレミアの方が得になります。

ひと昔前のドコモのプランと比べ、通信料については月額料金が安くなる傾向はありますが、端末代金については、通信料と端末代金とのセット割ができないこともあり、端末代金については高額になる傾向があります。

また、ギガホプレミアでは利用できない割引やキャンペーンもあり、ひと昔前のプランからギガホプレミアにプラン変更してしまうことで割引が打ち切られてしまい、料金が高額になってしまう可能性もあるため、プラン変更をするタイミングには注意しておきましょう。

いかがでしたでしょうか?
また、次回をお楽しみに!

↓ギガホプレミアについて詳しい内容は
ドコモ公式:ギガホプレミア

いかがでしたでしょうか?
また、次回をお楽しみに!

ドコモを利用したくなった人はこちら
※ドコモの契約は事務手数料がかからないオンラインショップがオススメです

ドコモオンラインショップ

おすすめの関連記事
ドコモ関連の注目記事まとめMNPの手順と得する携帯ショップの選び方ドコモで機種変更するベストタイミング