ahamo(アハモ)利用時の注意点とデメリットを詳しく解説!機種変更はできる?留守番電話は?

ahamo(アハモ)利用時の注意点とデメリット

2021年3月より開始されたドコモの新プラン「ahamo(アハモ)」。
5分通話込み+20GB利用可能、月額2,980円とお得な料金設計で大人気のプランですね!
そんなahamo(アハモ)ですが、利用後に使えなくなるサービスや注意点があることはご存知でしょうか?
この記事ではahamo(アハモ)契約後に「しまった!」とならないよう、注意点やデメリットについて詳しく解説していきます!

ahamo(アハモ)には注意点も存在しますが、やはりリーズナブルすぎる料金設計は大きな魅力です。
当記事でまとめた注意点を差し引いても、十分にメリットがあるサービスです!

ahamo(アハモ)とは?

ahamo(アハモ)はdocomoの新しい料金プランです。
人気の理由は2つ

  • たった一つのわかりやすいプラン
  • リーズナブルな料金設計

従来、携帯会社の料金プランは複雑を極め、また料金も決して安くはありませんでした。
しかし、ahamo(アハモ)を選ぶことによってそんな悩みは全て解決します。

  • 月額料金2,980円
  • データ量20GB
  • 5分通話かけ放題

「光回線割引」や「複数台割引」といった条件は一切ありません
2年契約や解約金などの複雑な内容もなく、万人にオススメできるプラン、それがahamo(アハモ)です!

ahamo(アハモ)はオンライン専用プラン!店頭サポートを受ける際の注意点を解説

ahamo(アハモ)は当初、オンライン専用プランとして誕生。
申込もWebのみ対応、機種変更や加入後の各種手続も全てオンラインでの対応としていました。
しかし、店頭サポートを希望するユーザーが一定数いることを踏まえ、店頭でのサポートも一部開始しています。

店頭サポートで注意する点は2つ

  • 1回のサポートあたり3,300円の手数料が発生する
  • ahamo(アハモ)申込や機種変更は、店員による操作サポート

「操作サポート」という点について、更に詳しく説明をします。
従来、プラン変更や機種変更はドコモショップのカウンターで店員が行う方法が一般的でした。
しかし、ahamo(アハモ)の店頭サポートは「店員による操作方法の説明」であり、手続受付ではありません
ユーザーが申込をする横で、店員がWeb手続の操作手順を伝えるというサポート方法となっています。
これまでのように「希望内容を店員に伝え、後は待っているだけ」という訳ではない点を注意しておきましょう!
全くサポートを受けられなかった当初に比べるとありがたいですね。

それでも、手数料が3,300円かかってしまうことは事実であり、申込も結局は自分の端末から行う必要があります。
ahamo(アハモ)の申込は非常に簡単。
ドコモショップでは手数料に加えて待ち時間も発生するため、一度自身で申込をしてみてはいかがでしょうか?
申込について不安がある場合、以下の記事で詳しく解説をしていますので是非ご覧ください!

ahamoを利用すると利用できなくなるサービス

次に、ahamo(アハモ)へ変更すると利用できなくなるサービスについて解説をします。
特にキャリアメール(ドコモメール)と留守番電話が利用できなくなる点は、人によっては影響が大きい部分かと思いますのでご注意くださいね。

キャリアメール(ドコモメール)が利用できない

ahamo(アハモ)へプラン変更をすると、「@docomo.ne.jp」のキャリアメールが利用できません
個人のやり取りはLINEでのやり取りが主流ですが、会員サイトやクレジットカードの連絡先としてキャリアメールを指定している方も多いはず。
ahamo(アハモ)に変更してからメールが受け取れなくなる事態を防ぐため、フリーメールアドレスなどの代替手段を事前に利用しましょう

ファミリー割引による家族間通話が無料にならない

家族でドコモを利用している方は注意が必要な内容です。
従来、ドコモでファミリー割引を適用している場合は家族間通話は完全無料になっていました。
ドコモのファミリー割引は例えかけ放題に加入していなくても、家族間であればどれだけ通話をしても無料になるサービスです。

しかし、ahamo(アハモ)に加入をした場合は以下のような扱いになります。

  • ahamo(アハモ)→ドコモ(アハモ以外プラン)への通話5分無料、5分以上は通話料金が発生
  • ahamo(アハモ)→ahamo(アハモ)への通話5分無料、5分以上は通話料金が発生
  • ドコモ(アハモ以外プラン)→ahamo(アハモ)への通話完全無料

そのため、ahamo(アハモ)以外のプランでドコモを利用している方と家族間通話をする場合はahamo(アハモ)ではない方から発信を行うようにしましょう

留守番電話などの通話オプションが利用できない

通話オプションとは、留守番電話以外にも「キャッチホン」や「転送でんわ」「迷惑電話ストップサービス」も含みます
特に仕事で留守番電話や転送でんわを利用している場合には注意が必要です。
留守番電話については、ドコモのサービスではなく端末機能として利用可能な機種もありますので、必要に応じて代替手段を利用しましょう。

イマドコサーチ・ワンナンバーサービスが利用できない

イマドコサーチは主にお子様や家族の高齢者を対象とした、離れた位置のスマホを探せるサービスです。
近頃は安全対策でキッズケータイを利用したりするケースも増えていますね。
また、Apple Watchなどの付随サービスであるワンナンバーサービスも利用不可能となるため注意が必要です。

イマドコサーチについては、ドコモほど高性能ではないものの代替手段が存在します。

  • iPhoneの場合「iPhoneを探す」機能で離れた場所にあるiPhoneを探すことが可能
  • Androidの場合ファミリーリンクにより離れた場所にあるAndorid端末を探すことが可能

ただし、キッズケータイのように「利用者が警報を鳴らすと自動的に通知が入る」といった機能は利用不可能です。

ahamo(アハモ)利用時の機種変更について

サービス開始当初、ahamo(アハモ)契約回線の機種変更はahamo(アハモ)で用意された旧機種3台のみ、と非常に不便でした。
しかし、2021年5月19日に一部端末(キッズケータイとdTab Compact)を除いて全ての機種へ変更可能になりました!

ただし、変更は店頭ではなくドコモオンラインショップの利用が必要です。
店頭サービスを受ける場合も「ドコモオンラインショップの操作方法」のサポートになるため、注意をしておきましょう。

ドコモオンラインショップは24時間手続可能、最短即日配送、来店不要と非常に便利なサービスです。
店頭での機種変更は待ち時間が発生したり、不要なサービスをオススメされたりというデメリットもありますよね。
ドコモオンラインショップを利用した機種変更は、簡単に行うことができます。
今まで店頭で機種変更をしていた方も、この機会に是非利用してみてくださいね。

ahamo(アハモ)利用中にスマホが壊れた場合は?

当初は故障受付も「オンライン故障修理」を利用する方法しかありませんでした。
しかし、現在は故障修理の受付に限り従来通り店頭手続が可能になっています!
万が一の場合にはドコモショップが利用可能なため、この点は他社と比較して安心できますね。

まとめ

内容さえ理解できていれば対処可能な点が多いですね!
繰り返しとなりますが、ahamo(アハモ)は「コスパの高さ・わかりやすさ」の観点から非常にオススメのサービスです。
ネットワークの品質などもふまえると、格安SIMを含めた全てのスマホ通信の中で最もバランスが良く優れたサービスだと言えるでしょう。

  • メールはフリーメールなどを利用する!
  • 留守電・転送電話の利用不可に注意!
  • 店頭サポートを受ける場合は3,300円が必要!
  • 機種変更はドコモオンラインショップから!

ahamo(アハモ)を利用したくなった人はこちら

ahamo(アハモ)

機種購入をしたくなった人はこちら
※ドコモの契約は事務手数料がかからないオンラインショップがオススメです

ドコモオンラインショップ

おすすめの関連記事
ahamo(アハモ)徹底解説ahamo(アハモ)の機種変更・おすすめの機種ahamo(アハモ)のWeb申込・申込方法を画面付きで解説ドコモ関連の注目記事まとめ

ドコモahamo(アハモ)

Posted by GW