Looopでんきの口コミ・評判は最悪?特徴とメリット・デメリット
この記事はPRを含みます
本記事にはアフィリエイトプログラムを利用しての商品のご紹介が含まれます。本記事を経由しサービスのお申し込みや商品のご購入をした場合、サービスや商品の提供元の企業様より報酬を受け取る場合がございます。

月々の電気代は固定費としてかかってくるため、いかにして抑えるかが節約するうえでカギを握っています。そこで注目されているのが「Looopでんき」ですが、その評判はどうなのでしょうか。

そこで今回は、Looopでんきの口コミを調査し評判について紹介します。また、特徴やメリット・デメリットもあわせて解説するため、ぜひ参考にしてみてください。

Looopでんきは一人暮らしでもお得になるかという点にも触れていくため、こちらもチェックしておいてください。
今なら最大8,000円
電気代割引キャンペーン中
LooopでんきCP

6月の電気使用量に応じて
最大8,000円の電気代割引!
2024年3月31日まで

  • 30分ごとに電力料金単価が変動
    →単価が安い深夜日中は電気代が安い!
  • 基本料金・燃料費調整額が0円!
  • 電力料金単価はアプリで簡単に確認できる
  • 北海道〜沖縄まで、離島を除く全国で契約可能!

本コンテンツで紹介している商品は、登録小売電気事業者に記載ある事業者が提供するものです。コンテンツ内で紹介する商品の一部または全部に広告が含まれています。しかし、各商品の評価や情報の正確さに一切影響することはありません。また、広告によってユーザーの皆様の選択を阻害することがないよう、客観的な視点や基準で商品を紹介・評価しております。詳しくはe-暮らしの評価基準をご確認ください。当コンテンツはe-暮らしが管理しており、おすすめ商品は独自の基準にて採点しております。詳細はe-暮らしのコンプライアンスポリシーおよびコンテンツポリシーをご確認ください。

Looopでんきとは?

LooopsでんきLP画像

Looopでんきの魅力
  1. 基本料金と燃料調整額が0円
  2. 料金が30分ごとに変動
  3. ピークシフトで電気代を節約できる
  4. 1kWhあたり3.5円の値引き(2024年4月使用分まで)
  5. 自然エネルギーで電気を安く使える

Looopでんきは他社の電気会社よりも電気代が安い電力会社です。基本料金と燃料調整費が無料なので電気代が分かりやすいのも特徴です。

需要と供給のバランスが反映され、30分ごとに料金単価が変動するので電気をお得に利用することができます。

 太陽光発電量が多い時間は、最安値で1kWhあたり0.01円と使う時間によって電気代を抑えることができるでしょう。
今だけ政府の緩和政策により1kWhあたり3.5円の値引きが適用され、3人家族以上は28,000円程度割引されます。また、自然エネルギーを利用しているので環境に優しい電気を使いたい人にもおすすめです。
燃料調整額とは?
燃料の価格変動が電気代に反映されて毎月値段が変わってくることが燃料調整額です。
Looopでんき基本情報
基本料金無料
電力量料金30分ごとに変動
供給エリア全国※離島を除く
契約期間・解約金なし
設置・初期費用なし
キャンペーン1kWhあたり3.5円値引き※2024年4月使用分まで
運営会社株式会社Looop

ピークシフトとは?

ピークシフト

ピークシフトは料金単価が高い時間帯をずらして電気を使うことで、節電せずに電気代を安くできるものです。

少し時間をずらすだけで、3人家族以上だと年間8,000円電気を安く利用できます。

ホームページやアプリで料金単価をゲーム感覚で確認することができるので、簡単にピークシフトに取り組むことができます。

ガスとセットでもっとお得◎

Looopでんき セット

電気とガスをセットで契約すると電気の料金単価が1円値引きされてお得に利用できるサービスです。

 セット割は東京地区等に定められている地域のみが対象です。

Looopガスは基本料金が1,000円従量料金が1㎥あたり128円と共に料金が一定なのでガスも安く利用できるのも魅力です。

Looopでんきの口コミ・評判の傾向

Looopでんきの口コミ・評判

良い口コミの傾向

  • 今までより電気代を抑えられた
  • 契約期間や解約金がない点は非常に安心できる
  • 料金プランがシンプルでわかりやすい
  • サポートが充実している

やはり、Looopでんきに切り替えて電気代が安くなった点は、多くの人の口コミから良い評価を獲得しています。固定費を抑えられることは節約にも繋がるため非常に魅力的です。

 1ヶ月で見るとそこまで大きく変化がない場合でも、長い目で見るとかなりの節約効果を得られているケースは少なくありません。

また、Looopでんきは契約期間・解約金がかからないため、仮に自分には合わないと感じた場合でも切り替えやすい点は安心感に繋がっている声が観られます。

融通が利きやすい点は、利用する側にとっては魅力と感じられます。試しに使ってみやすいことから、Looopでんきに興味を抱く人も少なくありません。

料金プランがシンプルでわかりやすい・サポートが充実している点も、契約者にとって有難い部分と言えるでしょう。

イマイチな口コミの傾向

  • 使用状況が合わず電気代が高くなった
  • 決済方法がクレジットカードのみ

良い口コミで電気代が安くなったという声に対し、使用状況が合わなければ逆に高くなってしまう可能性もゼロではありません。

 Looopでんきの料金プランなどの特徴から、普段から電気使用量が少ない人は要注意です。あまり家にいることが少ない人は高くなってしまうかもしれません。

そして、決済手段としてクレジットカードしか使えない点についても、イマイチな声として口コミが寄せられています。つまり、クレジットカードを所持していない人は利用できません。

キャッシュレス化が進んでいる現代においてあまり気にしない人も多いかもしれませんが、念のため把握しておきましょう。

Looopでんきのメリット

料金プランが安くてわかりやすい

Looopでんきの料金プランはシンプルなため、毎月の利用イメージがしやすい点はメリットとして挙げられます。基本料金がかからないため、支払いは従量料金だけです。

 電気料金は従量料金と基本料金を合算しますが、Looopでんきでは従量料金のみとなるため、その分を節約できます。

例えば、一人暮らしからファミリーまで一般的な家庭で利用できる「おうちプラン」では、使った分だけを支払うため無駄がなくとても仕組みがシンプルです。

なお、各電力会社で従量料金は異なりますが、21.3円/kWh(税込)~29.5円/kWh(税込)に設定されています。居住エリアの従量料金について、事前にチェックしておきましょう。

再エネどんどん割

Looopでんきのメリット

再エネどんどん割とは、続ければ続けるほど電気代が安くなるプランです。再生可能エネルギーを活用しており、例えば1年目と20年目を比較すると最大30%オフとなります。

 再エネどんどん割についても、基本料金が0円で仮に辞めるとしても解約金はかかりません。さらに親から子・現住所から引っ越し先などの引継ぎも可能です。

再エネどんどん割は北海道からサービスが開始されており、使い続けた場合の電気代は以下のイメージとなります。

年次従量料金(再エネどんどん割S)※税込従量料金(再エネどんどん割L)※税込
初年度32.0円/kWh34.0円/kWh
2年目31.5円/kWh33.5円/kWh
3年目31.0円/kWh33.0円/kWh
10年目27.5円/kWh29.5円/kWh
20年後(以降据え置き)22.0円/kWh24.0円/kWh

出典:Looopでんき公式

一般家庭向けから電気を多く使用することが想定される事務所や飲食店などにも対応しているため、電気代に悩んでいる人は要チェックです。

スマートタイムプラン

Looopでんきのメリット

オール電化住宅に住んでいる人向けのお得なプランで、時間帯と季節によって電気料金を安く抑えられます。

スマートタイムプランの主な特徴
  • 基本料金・解約金0円
  • 春と秋の昼間料金単価が安い
  • 夜間の料金単価が安い

ライフスタイルと照らし合わせて、主に電気を使用する時間帯が夜間である、あるいは春と秋の昼間であるといった場合、電気代を抑えられる期待が持てるでしょう。

以下表に、スマートタイムプランの東京電力エリアにおける料金をまとめているため、ぜひ参考にしてみてください。

タイム名季節時間帯従量料金(税込)
スマートタイム春・秋昼間10時~16時17.5円/kWh
ピークタイム夏・冬平日昼間8時~18時37.5円/kWh
リビングタイム春・秋朝夕

・6時~10時

・16時~22時

27.5円/kWh
夏・冬h理実朝夕

・6時~8時

・18時~22時

夏・冬休日昼間※土日祝6時~22時
ナイトタイム通年夜間22時~6時20.5円/kWh

出典:Looopでんき公式

電気の品質を維持

Looopでんきのメリット

新電力へ切り替えるにあたって、電気の品質が落ちるのではと気にする人は少なくありません。

 その点について、安全性や電気の質は一般電気事業者と比較しても違いがないため安心です。

電線や送電網を保守管理していることから、停電が増えることなく安心して利用できます。

最低契約期間・解約金がないため安心

Looopでんきは最低契約期間や解約金がないため、もし利用して自分には合っていないと感じた場合は、タイミングに関係なく契約をストップできます。

契約期間内の解約で費用が発生しないため、利用者は安心して申し込みができるのです。

ガスとのセット割でお得になる

Looopでんきのメリット

料金が安くなるという点に繋がるメリットですが、Looopでんきでは関東エリアの都市ガスユーザーの人にお得な「Looopでんき+ガス」を提供しています。

 電気とガスをセット契約することで安く提供してくれるプランです。料金は日々の使用量により異なるため、シミュレーションを利用し事前に調査しておきましょう。

なお、現在契約しているガス会社への連絡はLooopでんきがしてくれるうえ、申し込みに関してもフォームに必要事項を入力するだけと簡単です。

面倒な手続きは、Looopでんきが実施してくれるため安心して申し込みできます。

【期間限定特典!】今なら最大8,000円の電気代割引キャンペーン

LooopでんきCP

Looopでんきでは、2024年3月31日までに申し込みをした人向けに、最大8,000円の電気代割引が受けられるキャンペーンを開催中です。

キャンペーンの適用方法は、本ページの「Looopでんき 無料シミュレーション」ボタンから申し込むだけ!エントリー不要で、自動適用されます。

該当者全員もれなく適用されるお得なキャンペーンは今だけ!この機会にぜひ、Looopでんきへの乗り換えを検討してみてくださいね。
キャンペーン期間2024年2月5日(月)~3月31日(日)まで
キャンペーンの内容

6月の使用量に応じて割引

  • 150kWhの場合:500円の電気代割引
  • 150~300kWhの場合:3,000円の電気代割引
  • 300kWh以上の場合 :8,000円の電気代割引

Looopでんきのデメリット

Looopでんきのデメリット

支払い方法の選択肢が少ない

Looopでんきでは、支払い方法としてクレジットカードしか選択できません。口座振替や請求書払いなどが利用できないため、クレジットカードがない人にとってはデメリットです。

しかし、今はキャッシュレス化が進んでいる時代と言えるため、クレジットカードで支払うとポイントを獲得できます。

 つまり、還元率の良いカードを持つことで、貯めた分を活用して節約に繋げられるいい機会とも言えるのです。

ポジティブに考えると時代に沿った決済方法となるため、Looopでんきの利用をきっかけにクレジットカードを所持しても良いでしょう。

明細がWebのみ

Looopでんきのデメリット

Looopでんきの明細確認方法はWebのみとなります。検針票がないため、請求書についてはマイページから確認・印刷しなければいけません。

さまざまなサービスでWeb明細のサービスが提供されているため、人によってはデメリットに感じない内容とも言えます。

基本はオンラインでのやり取り

Looopでんきの申し込みや問い合わせなどは、基本的にオンラインでの実施です。その理由としては、電話での問い合わせも受け付けていますが、なかなか繋がらないとの声が多くあります。

オンライン完結が主流になっている現代においては決して珍しいことではありません。しかし、ネットの操作に慣れていない人にとっては不安要素となるためデメリットと言えるでしょう。

慣れてしまえば、電話よりもオンラインでの問い合わせの方が楽に感じるケースもあります。

Looopでんきは一人暮らしでもお得?

Looopでんきは一人暮らしでもお得?

電気の使用量によるため一概には言えませんが、一人暮らしの人にも使いやすい料金プランは提供されています。ただし、基本的にLooopでんきは電気使用量が多い家庭におすすめです。

 決して一人暮らしだと安くならない訳ではありませんが、使用量が多ければ多いほど大手電力会社と料金に違いがみられる傾向にあります。

まだまだ東京電力エリアや北海道からなど、日本全国に広がっていない料金プランがあるため、今後の動向によっては一人暮らしでもお得になりやすいサービスが提供されるかもしれません。

新電力の活性化もLooopでんきの発展に繋がる可能性が高いため、情報はマメにチェックしておきましょう。

Looopでんきに匹敵!おすすめ新電力会社6選

CDエナジー
ダイレクト
ONEでんき
ドコモでんき
東急でんき
HTBエナジー
新日本エネルギー
CDエナジーダイレクト
ONEでんき
ドコモでんき
東急でんき
HTBエナジー
新日本エネルギー
基本料金
(税込)
30A: 830.70円
40A: 1,107.60円
50A: 1,384.50円
0円
30A:858円
40A:1,144円
50A:1,430円
30A:803円
40A:1,089円
50A:1,430円
30A:815.10円
30A:772.2円
40A:1,029.6円
50A:1,287円
電力量料金
29.90円
(税込)/kWh〜
28.80円(税込)/kWh〜
19.88円/kWh〜
19.77円
(税込)/kWh
25.16円
(税込)/kWh〜
26.48円
(税込)/kWh
プラン
ベーシックでんき
スマートでんき
ファミリーでんき
シングルでんき
スタンダードプラン
グリーン
ベーシック
基本プラン
スマートナイトプラン
EV応援プラン
PRIME30
PRIME40
PRIME60
ママトク
ぜんぶでんき
新ネクストプラン
電灯B
新ネクストプラン
電灯C
新ネクスト低圧電力
対応エリア
関東全域/山梨県/静岡県
全国
沖縄・一部の
離島除く
全国
関東エリア(一部)
全国
全国
当記事に掲載している点数は、各新電力会社の公式情報や当サイトに寄せられた口コミの投稿や、独自アンケート調査の結果をもとに採点しています。ランキングを決定づける基準や得点は、「e-暮らし 新電力会社比較基準とランキング根拠について」をご覧ください。

CDエナジーダイレクト

CDエナジーダイレクト

CDエナジーダイレクトのおすすめポイント
  • 東京電力の一般プランより必ず安くなる!
  • 中部電力と大阪ガスのバックアップで安心・安定
  • 電気ガスセットで年間2,900円お得※公式サイトより
  • ポイント還元率1.0%で貯まる
  • 乗り換えに伴う工事は不要
  • 使用量・家族構成・ライフスタイルに適したプラン!

CDエナジーダイレクトの標準プランは、東京電力の基本的なプランより安くなるのが特徴です。電力量料金も、使用量が少ない1段階目料金から安くなっています。

 契約できるアンペア数も10〜60Aと幅があり、自分の生活スタイルに合ったプランを選ぶことが可能です。

Web限定プランである「シングルでんき」にガスとセットで乗り換えると年間2,900円分節約できます。さらに今なら1,900円分のポイント還元されるのでおすすめです。

Amazonプライムの特典付きプランなども揃っており、料金の1%は「カテエネポイント」という東京ガス独自のポイントとして還元されます。

貯めたポイントは、他社ポイントや電気料金の支払いに使えて便利です。

基本料金(税込)

802.98円(30A)
※ベーシックでんきB
電力量料金(税込)
  • 19.78円/kWh(〜120kWh)
  • 25.47円/kWh(121〜300kWh)
  • 26.38円/kWh(301kWh〜)

※ベーシックでんきB

東京電力と比較
※従量電灯B•30A 200kWhで契約した場合
東京電力:73,848円
CDエナジーダイレクト:70,763円
年間3,084円もお得!
対応エリア
  • 東京都
  • 山梨県
  • 茨城県
  • 群馬県
  • 栃木県
  • 神奈川県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 静岡県の富士川以東
運営会社株式会社CDエナジーダイレクト

参照:CDエナジーダイレクト

ONEでんき

ONEでんきのおすすめポイント
  • 電気代基本料金なんと0円!※1
  • 初期費用・解約金・基本料金もゼロ!
  • 工事立ち会いも不要!
  • 最短5分で手続き完了
  • 使用量が多いほどお得になる

ONEでんきはシンプルな料金体系で基本料金が0円の新電力会社です。毎月の支払いは、ご家庭で使った電気代のみとなっています。

 「フリープラン」のみのわかりやすい料金体系で、電気の使用量が多くなっても安く利用することができます。

一般的な電気代の基本料金は50Aで約1,430円で、これが電気の使用量に関係なく毎月かかる料金です。ONEでんきなら、基本料金0円でオトクに使うことができておすすめです。

他の電力会社からの乗り換えや、解約の際も一切料金はかかりません!

基本料金(税込)

0円
電力量料金(税込)
  • 26.40円/kWh(〜120kWh)
  • 26.40円/kWh(121〜300kWh)
  • 26.40円/kWh(301kWh〜)

※東京電力エリア/従量電灯B

東京電力と比較(年間)
※従量電灯B• 30A・200kWhで契約した場合
東京電力:73,848円

ONEでんき:63,360円

10,488円もお得!

対応エリア
  • 北海道電力
  • 東北電力
  • 東京電力
  • 中部電力
  • 北陸電力
  • 関西電力
  • 中国電力
  • 四国電力
  • 九州電力
運営会社株式会社グランデータ


※1関西、中国、四国エリアは最低料金が0円となります。
参照:ONEでんき

ドコモでんき

ドコモでんきのおすすめポイント
  • 電気代の3%がdポイントに還元
  • 1年間で約3,600ポイント貯まる※1
  • dポイント会員なら還元率10%
  • 初期費用・切り替え費用0円
  • 面倒な解約手続きや立ち会い工事なし
  • 携帯料金と電気代をまとめて支払いOK
  • CO2排出量が実質ゼロ

ドコモ電気は、携帯電話会社で有名なドコモが運営する新電力会社です。

 再生可能エネルギーを使用する「ドコモでんきGreen」と、電気代がdポイントに還元されオトクに使える「ドコモでんきBasic」の2つに分けられます。

ドコモでんきベーシックは電気代の3%をdポイントに還元してくれます。1年間で約3,600ポイントも貯めることができ、ドコモユーザーには嬉しいプラン内容になっています。

貯まったdポイントは、FamilyMart、マツモトキヨシ、LAWSONで使える他、iDキャッシュバックにも対応しています。

※1月の電気料金が10,000円の場合

基本料金(税込)858.00円(30A)
※ 東京電力エナジーパートナーエリア・従量電灯B
電力量料金(税込)

  • 19.88円/kWh(〜120kWh)
  • 26.48円/kWh(120kWh〜300kWh)
  • 30.57円/kWh(300kWh〜)

※東京電力エナジーパートナーエリア・従量電灯B

解約金なし
対応エリア
  • 北海道電力
  • 東北電力
  • 東京電力パワーグリッド
  • 北陸電力送配電
  • 中国電力ネットワーク
  • 九州電力送配電

管内

(*)一部地域・離島を除く

運営会社NTT docomo

関連記事

参照:ドコモ電気

東急でんき

東急でんき&ガス

東急でんきのおすすめポイント
  • 東急線の定期券利用で毎月最大110円割引
  • 東京電力と比べて年間で合計5,320円お得※公式サイトより
  • ガスとセット割可能!
  • TOKYU CARD払いで1%のポイント還元

東急線ユーザーにお得な新電力です。東急線の通勤・通学定期券を利用していれば、毎月最大110円(税込)割引になります。

東急線沿線に住んでいる方は、割引を受けられる可能性が高いですね。

電車以外でも東急ストアなどの東急グループの各サービスが、お得に使える特典がついています。

 TOKYU CARDでの支払いは、1%のポイント還元です。

ガスとのセット契約もあり、東京電力&東京ガスの従来プランと比較すると年間でおよそ5,320円お得になります。

基本料金(税込)803.00円
※従量電灯B・東京電力エリア
電力量料金(税込)
  • 19.77円/kWh(〜120kWh)
  • 26.36円/kWh(121〜300kWh)
  • 29.57円/kWh(301kWh〜)

※従量電灯B・東京電力エリア

東京電力と比較
※従量電灯B• 30A・200kWhで契約した場合
東京電力:73,848円
東急電気:72,900円
年間948円もお得!
対応エリア東京電力エリア
運営会社株式会社 東急パワーサプライ

関連記事

参照:株式会社 東急パワーサプライ

HTBエナジー(HISでんき)

HTBでんき(HISでんき)のおすすめポイント
  • 電気料金が5%OFFに!
  • 乗り換えにかかる費用は無料
  • 毎日2時間無料になる「ママトクプラン」

HTBでんき(HISでんき)は、旅行代理店としておなじみのHISの会社です。契約種別を従量電灯B 40Aを利用している方で、電気代が最大で5%OFFになります。

 「ママトクプラン」なら、朝・昼・夜の時間指定で毎日2時間電気代がタダになります。

切り替え費用や連絡、立ち合いも不要で簡単に乗り換えすることができるので、引越しや急ぎの方にもおすすめな電力会社です。

オール電化向けのプランや太陽光+蓄電池のプランなど先進的なプランも取り揃っています。
基本料金(税込)840.84円(30A)
※ 東京電力エリア 従量電灯B 
電力量料金(税込)
  • 19.48円/kWh(〜120kWh)
  • 25.95円/kWh(120kWh〜300kWh)
  • 29.96円/kWh(300kWh〜)

※東京電力エリア 従量電灯B 

解約金2,200円
※1年未満の解約場合
対応エリア
  • 北海道電力
  • 東北電力
  • 東京電力
  • 中部電力
  • 北陸電力
  • 関西電力
  • 中国電力
  • 四国電力
  • 九州電力
  • 沖縄電力

管内

※一部地域を除く

運営会社株式会社エイチ・アイ・エス

関連記事

参照:HTBエナジー(HISでんき)

新日本エネルギー

新日本エネルギー

新日本エネルギーのおすすめポイント
  • 初期費用0円!手続きも簡単
  • 立ち会い工事不要!今までの電線や設備のままでOK
  • 使用電気量が多い家庭はよりお得に利用可能
  • 月々の電気代が1,7000円ならおよそ5,500円/年お得に!※1
  • 店舗など月々の電気代が43,000円ならおよそ10,100円お得に!※2
  • アンペア数を「20A」から選べる
  • 支払い方法も3種類から選べる

新日本エネルギーは、初期費用0円で電気を使うほどお得になる新電力会社です。

 プランは、新ネクストプラン電灯B・新ネクストプラン電灯C・新ネクスト低圧電力の3つあります。月々の電気代が1,7000円なら年間でおよそ5,500円お得になります。※1

多くの新電力会社の契約できるアンペア数は「30A以上」がほとんどです。しかし、新日本エネルギーでは「20A」から契約可能なため、電気をほとんど使わない一人暮らしの方も電気代を節約できるかもしれません。

さらに支払い方法も、クレジットカード・口座振替・コンビニ払いの3つから選択可能です。

※1 契約容量 40A/使用電力量 580kWh
※2 契約電力 15kW/使用電力量1,500kWh

基本料金(税込)772.20円(30A)
※ 東京電力エナジーパートナーエリア・従量電灯B
電力量料金(税込)

一律26.48円/kWh

※東京電力エナジーパートナーエリア・従量電灯B

解約金(税込)3年以内に解約の場合9,900円
対応エリア
  • 北海道電力
  • 東北電力
  • 東京電力
  • 中部電力
  • 北陸電力
  • 関西電力
  • 中国電力
  • 四国電力
  • 九州電力

管内

(*)一部地域・離島を除く

運営会社株式会社 NEXT ONE

関連記事

よくある質問

Looopでんきの特徴は?
「基本料金0円」「解約手数料0円」「再生可能エネルギーをお届け」といった点が挙げられます。なかでも、やはり基本料金と解約手数料が0円という、無駄な費用はかからない点は大きな特徴です。
Looopでんきの良い口コミ・評判は?
「今までより電気代を抑えられた」「契約期間や解約金がない点は非常に安心できる」「料金プランがシンプルでわかりやすい」「サポートが充実している」といった声が多くあります。やはり、電気代を抑えられる点は利用者にとって大変好評です。また、料金プランがわかりやすく選びやすい、サポートが手厚く安心できるといった点も、長く使い続けるうえで重要になります。
Looopでんきのイマイチな口コミ・評判は?
「使用状況が合わず電気代が高くなった」「決済方法がクレジットカードのみ」といった点がイマイチな声として挙げられています。使用状況によって高くなってしまう可能性はゼロではないため、事前にシミュレーションをしておきましょう。また、支払い方法はクレジットカードのみとなる点にも注意が必要です。
Looopでんきのメリットは?
料金プランが安くてわかりやすく、かつライフスタイルに合わせやすい種類が提供されている点は魅力となります。安いにも関わらず電気の品質を維持していること、最低契約期間・解約金がない、ガスとのセット割でお得になることなどもメリットです。トラブル時に24時間365日対応となる「かけつけるーぷ」により、安心して使える点も魅力となります。
Looopでんきのデメリットは?
支払い方法の選択肢やお得な割引サービスが少ないこと、明細がWebのみといった点です。また、基本はオンラインでのやり取りが多いため、ネットが不慣れな人は億劫に感じるかもしれません。しかし、これからの時代に沿った方法とも言えるため、これを機会に挑戦してみてはいかがでしょうか。
Looopでんきは一人暮らしでもお得?
電気の使用量によるため一概には言えませんが、一人暮らし向けのプランも用意されています。基本的に、Looopでんきは電気使用量が多い家庭におすすめです。
Looopでんきでキャンペーンは実施している?
公式サイトでキャンペーンに関する情報はありません。代理店を通して申し込みをするとAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを開催されている場合があるため、チェックしておきましょう。

まとめ

この記事では、Looopでんきの口コミを調査して評判について紹介し、あわせて特徴やメリット・デメリットも解説しました。

電気代が安くなった、サポートが手厚く安心して利用できるなど、高評価な口コミが多いです。リアルな意見はサービス選びにおいて重要なため、ぜひ参考にしてみてください。

料金プランが安くてわかりやすい、最低契約期間・解約金がないなど、使いやすい点は利用者にとってメリットです。
執筆者
執筆者e-暮らし編集部

暮らしを豊かにする知識を届けるメディア『e-暮らし』は、株式会社ゼロアクセルが執筆・編集を行っています。ユーザーの皆様にとって有益な情報をお届けできるよう、中立的で信頼性のあるコンテンツ制作ができる体制をとり、日々コンテンツの質の向上に努めています。詳しくはコンテンツポリシーをご覧ください。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事